あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

「35歳の少女」のサイドストーリー「25年前のあなたへ」がHuluで配信開始



現在日本テレビ系で放送されている土曜ドラマ「35歳の少女」のサイドストーリー、「25年前のあなたへ」が2020年11月21日よりHuluで配信開始となった。

「25年前のあなたへ」は、柴咲コウが演じる「35歳の少女」こと望美ら主要キャラクターが25年前の自分と対面。全4話で構成され、「35歳の少女」の地上波放送終了後に今後1話ずつ配信される。脚本は「35歳の少女」と同じく遊川和彦が担当した。

第1話では、坂口健太郎演じる望美の初恋の相手・広瀬結人によるストーリーを展開。坂口健太郎は「子どもの結人と⼀緒に芝居をすることは絶対にないので、夢のようなエピソードだけれど、がっつりお芝居できてよかった」と述べた。

第2話では、田中哲司が1人2役を務め、人はいいけど何だか頼りない望美の父・今村進次のストーリーが展開される。

第3話では、橋本愛と阿部久令亜が演じる望美の妹で、愛に飢え、夢を模索しながら⾃分の存在意義を見つけられない時岡愛美の姿を描く。

第4話では、鈴木保奈美演じる笑顔を失ってしまった母・時岡多恵と望美の姿を描く。

主要キャストの一面が順番に描かれるため、「35歳の少女」の世界観を広げる役割も担うことになるだろう。