4DXヒット作は、ほぼ全て!4DX映画の鍵を握る男・チェ氏インタビュー

CJ4DPLEX チェ・ヨンスン インタビュー 4DX 演出家

今、映画界で注目を集める新たな映画体験“4DX”。『マッドマックス 怒りのデス・ロード』や『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』など、4DX版で体験した観客たちの声は、映画界でも常々話題となっている。

そんな4DXヒット作の4DX演出が、ほとんど1人の男によって行われていることを知っているだろうか?

それが「マスター・オブ・4DX」と称される、4DXクリエイティブ・ディレクターのチェ・ヨンスン(Young Choi)氏だ。今回、シネマズに、貴重なチェ氏のロング・インタビューが到着した。

2年で約300本!“マスター・オブ・4DX”と呼ばれる男、チェ・ヨンスン氏

現在公開中の『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』4DX版をはじめとして、4DXがもたらす新たな体験は映画界の話題の的だ。韓国のCJ 4D PLEX社が開発した4DXは、映像に合わせて動く座席や、水しぶきや香りといった更なる要素で、映画を遊園地のアトラクションのように体感できることが特徴。邦画では、2015年の秋に公開となったJホラー映画『劇場霊』でも4DX版が公開となり、新たなる恐怖体験が体験が話題となった。

4dx 座席 豊洲 体験 写真
バスは10分で乗り物酔いする筆者が4DX®映画を実際に体験してきた話」より

そんな話題の的の4DX作品のほぼすべての4DX演出を手がけているのが「マスター・オブ・4DX」と呼ばれる、韓国・CJ 4DPLEX 4DX i-Studioの総括クリエイティブ・ディレクターのチェ・ヨンスン氏。チェ氏はこれまでの約2年間で長編商業映画だけで約150本、それら以外も含めると約300本もの作品をディレクションしてきたとのこと。まもなく公開となる日本初の4DX専用映画『ボクソール★ライドショー 恐怖の廃校脱出!』でも4DX演出を担当した彼が、これまでの苦労点や、今後の4DXなどについて語ってくれた。

CJ4DPLEX チェ・ヨンスン インタビュー 4DX 演出家

――どのような経緯で、現在の4DX演出の道を選ばれたのですか?

最初、広告製作からスタートし、ヴィジュアル・エフェクトのプロデューサーとして活動しました。その後、映画製作からの疲れもあり、1年間仕事を休んでいる中、韓国で「ゼロ・グラビティ」の4DX映画が大ヒットし、その時、生まれて初めて4DX映画を経験しました。映画の中に入って体感できる、新たなエンターテイメントのカタチ、と感心していたところ、たまたま偶然に4DXで働いていた友人から提案があリましたので、迷わずyesと答えて、クリエイティブ・ディレクターとして働いております。

――これまでのどんな作品を4DX化してきましたか?

現職について2年目になりますが、毎年75本、今年まで150本の長編商業映画を担当しました。商業映画だけではなく、CMや予告編、オルタナティブ・コンテンツなども手掛けており、全部で累計300本くらいです。
※オルタナティブ・コンテンツ…日本ではODSとも呼ばれ、映画館で上映される映画以外の上映作品のこと。主にスポーツ中継や、コンサートのライブ・ビューイング、演劇やオペラなどのコンテンツなどがある。

――過去に手掛けた4DXで、一番満足している映画は?

ディレクターとして手掛けた全ての作品に愛着を持っていますが、やはり4DXと相性が良いジャンルといえば、アクションです。そこで『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』では、作品のキャラクターを追っていくような新しい企画を試みました。“アイアンマン・スペシャルバージョン”では、まるで自分がアイアンマンになったような体験が、“ハルク・スペシャルバージョン”では、ハルクのほえる瞬間のリアルな振動をバイブレーションで表現など、ユニークなバージョン展開で、とても印象深い作品でした。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    言語を選択

    私と映画Vol.7 メニコン 田中英成社長
    金曜映画ナビ
    八雲ふみねの What a Fantastics!~映画にまつわるアレコレ~
    能條愛未の「乃木坂週刊映画」
    スペシャル 写真家『早田雄二』が撮影した銀幕の女神たち
    antenna

    人気記事ランキング

    シネマズ公式ライター

    • なぎさ
    • つちや ゆみえ
    • kaiya
    • 宮本和彦
    • タクスズキ
    • 久保田和馬

    シネマズ公式チャンネル

    教えて goo

    情報提供元:教えて goo