「生かされてあればこそ」佐藤、父との思い出を『愛を積むひと』完成披露舞台挨拶

2015年6月20日より公開となる映画『愛を積むひと』の完成披露試写会が、東京・有楽町の丸の内ピカデリーⅠでおこなれ、主要キャストならびに朝原雄三監督が舞台挨拶に登壇されました。

愛を積むひと 完成披露試写会 舞台挨拶

映画『愛を積むひと』は、2004年に出版され翻訳本としては異例のロングセラーを続けているエドワード・ムーニーJr.著の『石を積むひと』の舞台を日本に移し、『釣りバカ日誌』シリーズや『武士の献立』などの朝原雄三監督の手によって新たに生まれ変わった作品。

愛を積むひと 完成披露試写会 舞台挨拶

舞台挨拶冒頭、仕事一筋に生きてきた、実直で不器用な夫・小林篤史を演じた佐藤浩市さんは

愛を積むひと 完成披露試写会 舞台挨拶 佐藤浩市

「どれだけ自分が女房に依存していたのか、痛切に感じる作品です。この映画の中に出てくる、私と樋口可南子さんの夫婦は決して理想の夫婦でもなく、かくあるべきという夫婦の姿でもなく、本当にどこでもいる夫婦の形だと思います。ただ、これを見終わった時に、もう一度夫婦で観たくなるし、夫婦で見た人は1人で見て夫婦を感じたくなる、そんな作品だと思います」とコメント。

愛を積むひと 完成披露試写会 舞台挨拶 樋口可南子

心臓の病を抱えながらも、陽気でしっかりものの妻・小林良子を演じた樋口可南子さんは「長く一緒に居られる夫婦っていいなと思ったし、夫婦の終わりを映画を通して考えなくちゃいけないなと思いました。この映画がきっかけとなって、自分が死ぬ時に何を大切にしたいだろうというのは、今思うのもいいなと思っています。きっと最後にそれぞれの方たちの大事な顔が浮かんでくるような映画だと思います」と感慨深く集まった観客へ挨拶されました。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    言語を選択

    私と映画Vol.7 メニコン 田中英成社長
    金曜映画ナビ
    八雲ふみねの What a Fantastics!~映画にまつわるアレコレ~
    能條愛未の「乃木坂週刊映画」
    スペシャル 写真家『早田雄二』が撮影した銀幕の女神たち
    antenna

    人気記事ランキング

    シネマズ公式ライター

    • アスカ
    • 川口裕樹
    • ながち
    • 村松健太郎
    • kaiya

    シネマズ公式チャンネル

    教えて goo

    情報提供元:教えて goo