ローラ、シリーズ最終作『バイオハザード』に大抜擢!!

あの大人気シリーズの最終作となる映画『バイオハザードⅥ:ザ・ファイナル・チャプター(仮題)』に、ローラが起用されることが決定した。

日本の人気ゲームを原案として 2002年にスタートした映画『バイオハザード』シリーズは、2012年に公開された前作 の『バイオハザードⅤ:リトリビューション』までの5作品で全世界累計9億ドル以上、日本でも160億円以上の興行収入を記録している世界的大ヒットシリーズ。

演じる役柄は重要人物となる戦士コバルト

今回ローラが演じる役柄は、アメリカのラクーンシティで発生した人々をアンデッド(ゾンビ)化してしまうT-ウィルスの流出事件を生き延び、その開発元である巨大企業アンブレラ社とアンデッド達の大群を相手に、主人公のアリスと共に最後の戦いを挑む女戦士コバルト役。主人公のアリスと共に物語の行く末に大きく関わる重要人物である。
ローラ自身もインスタグラムやTwitterで、「ハリウッド映画にでることはわたしの夢で英語も演技もずっと練習をしていたから合格してほんとうに嬉しい」と喜びのコメントを出している。

美しく強い意思を持つ、女戦士!

起用した理由として映画製作プロデューサーは「彼女は、驚くべき美貌と人を惹きつける強烈な個性、強い意志をもった女性。今回のコバルトは彼女が適役でした。」と明かしている。

ローラは今後、南アフリカのヨハネスブルクとケープタウンで実施される撮影におよそ1か月間参加する予定となっている。

大ヒットシリーズ最終章『バイオハザード』は2017年1月全世界公開予定。

ローラ公式サイト: http://rolaofficial.com

関連記事

映画好きの食指をそそる!? 先取り、秋シネマ
フランス女性監督ミア・ハンセン=ラヴの最新作公開、記念イベントも
親子で大興奮のSFコメディ!『ピクセル』で笑って暑さを吹き飛ばそう!
実写版パトレイバーがモントリオール世界映画祭上映、押井監督挨拶も

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    言語を選択

    私と映画Vol.7 メニコン 田中英成社長
    金曜映画ナビ
    八雲ふみねの What a Fantastics!~映画にまつわるアレコレ~
    能條愛未の「乃木坂週刊映画」
    スペシャル 写真家『早田雄二』が撮影した銀幕の女神たち
    antenna

    人気記事ランキング

    シネマズ公式ライター

    • 立岡未来
    • 大場ミミコ
    • 宮本和彦
    • 柳下修平
    • 久保田和馬
    • つちや ゆみえ

    シネマズ公式チャンネル

    教えて goo

    情報提供元:教えて goo