福士蒼汰&小松菜奈のデート場面が到着!2人からのコメントも

ぼくは明日、昨日のきみとデートする

福士蒼汰と小松菜奈が初共演となる映画『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』が、先日クランクアップし、京都各所でのデートシーンカットが公開された。

『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』場面写真初解禁

京都の美大に通う20歳の学生・南山高寿(福士蒼汰)は、大学まで向かう電車の中で出会った女性・福寿愛美(小松菜奈)に一目見た瞬間、恋に落ちた。勇気を振り絞って声をかけ「また会える?」と約束を取り付けようとした高寿だったが、それを聞いた彼女は、なぜか、突然涙してしまう―。彼女のこの時の涙の理由を知る由もない高寿だったが、2人は意気投合し、その後、すぐに交際をスタート。高寿と愛美の関係は誰もがうらやむ程に順調で、すべてがうまくいくものだと信じていた。しかし、高寿はある日、愛美から想像もできなかった大きな秘密を明かされる――

ぼくは明日、昨日のきみとデートする

映画『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』は、90万部を突破する七月隆文の同名小説を映画化する作品。20歳の男女による淡い恋物語、そして明かされる切ない真実が溶け合う純愛ラブストーリー。主人公を福士蒼汰、ヒロインを小松菜奈と、切ない運命を背負うカップルを2人が初共演で演じる。監督・脚本は『僕等がいた 前後篇』『ホットロード』『アオハライド』等、多くの恋愛青春映画をヒットに導いた三木孝浩監督×吉田智子コンビがタッグを組み、物語の舞台である京都の風光明媚な景色の中で、20歳のかけがえのない一瞬一瞬をみずみずしく映し出す。

このたび、本作の撮影が京都の鴨川でクランクアップし、場面写真の解禁とともに、福士蒼汰、小松菜奈のクランクアップ時のコメントがシネマズに到着した。

クランクアップコメント

Q.クランクアップをうけて

福士:
すごく現場の雰囲気や空気感が良く、明日も撮影したいなと思える現場でした。それは、キャストは勿論、スタッフ皆さんのチームワークや仲の良さがあったからだと思います。毎日、(小松さんと)2人でのシーンばかりでしたが、本当に、愛美が小松さんで良かったなと思っています。監督が三木さんで良かったと思いますし、この現場のスタッフ一人ひとりが、このメンバーだったから、僕は楽しく撮影できたのだと思います。

小松:
約1ヶ月、京都で撮影させていただいて、愛美の役がとても難しかったので、たくさん悩みました。でも、現場に行くと、皆が明るくて、私も頑張らなきゃなと思うことが、たくさんあって、本当に素敵な現場に恵まれたなって思いました。今は終わっちゃうのが、すごく寂しいです。(涙)たくさん迷惑をかけましたが、1ヶ月半とても楽しかったです。

Q.撮影が無事にクランクアップしたばかりの、今のお気持ちは?

小松:
最初は役で苦しんでいたので、撮影が終わるのかなと不安だったのですが、今はあっという間に終わっちゃったなと思っています。もう一回デートシーンやりたいぐらいです(笑)実際に原作に出ている場所にも行けて、(原作を読んだすぐ後だったので)、「あ、愛美として、今ここに居るんだ」と、少し不思議な気持ちになりました。高寿と一緒の時間が、一日一日あっという間で、だけどすごく濃くて、色々と楽しい思い出が出来ました。

福士:
僕も濃かったなと思います。約1ヶ月でしたが、毎日、ほぼ2人だけでの撮影だったので、「おはよう」から「お疲れ様」が続いて。別に特別長い期間ではなかったのですが、密度が濃くてやり甲斐があった、演じていて気持ち良かったと思える作品になりました。

Q.実際に劇中の高寿と愛美も、出会ってから約一ヶ月のお話ですが、お二人も初共演で、京都で約1ヶ月撮影という、少し似た環境になれたのは効果がありましたか?

福士:
高寿と愛美も、この期間だけだったと、今考えると切ないなと思いますし、その中で生まれる愛って良いなと思いました。短いですけど、その三十日の一日一日をどう過ごす
かによって人生が変わっていくんだと、すごく感じました。

Q.デートのシーンで印象に残っている場所はありますか?

福士:
たくさんあります。本当に一つ一つが楽しかったです。特にクランクアップの鴨川で、2人で飛び石を跳ねているシーンは、とても楽しかったです。

小松:
私も鴨川のシーン、楽しかったです。

福士:
そういうリアルに自分たちが楽しんでいることが、画面に伝われば良いと思っていたので、僕たちも全力で楽しみました。変に作って楽しいお芝居をするのではなく、何かリアルに楽しめたらと思いながらやっていたので、そういうデートシーンになって良かったと思います。

Q.初共演ということでしたが、撮影を通して、印象が変わったことや、意外な一面はありましたか?

小松:最初の印象は、物静かで、あまりしゃべらない方なのかなと思ってたんですが、実際しゃべってみると話しやすいし、末っ子同士で結構話が合うことも多かったです。話していて楽というか、自然体で、すごくしっかりしていて、すごく落ち着いていると思いました。

福士:
ありがとうございます(笑)僕も小松さんの印象は、最初と全然違います。会う前の印象はとてもクールで、あまりしゃべらない人なのかと思っていたのですが、会って話していくうちに、どんどん本当の小松菜奈が見えてきて…(笑)よく話すし、何か人懐っこいというか。すごく末っ子な方だなと感じました。僕も末っ子なので、すごく分かる部分があって、かなり意外なギャップでした。

ぼくは明日、昨日のきみとデートする

映画『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』は、2016年12月全国東宝系にて公開。

(C)2016「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」製作委員会

関連リンク

福士蒼汰と小松菜奈が初共演!映画『僕は明日、昨日のきみとデートする』
小松菜奈&菅田将暉のW主演に!『溺れるナイフ』共演に重岡大毅、上白石萌音
岡田准一主演『海賊とよばれた男』劇中ビジュアルが解禁!
尾野真千子が小栗旬の妻役に―映画『ミュージアム』追加キャスト情報解禁!

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    言語を選択

    私と映画Vol.7 メニコン 田中英成社長
    金曜映画ナビ
    八雲ふみねの What a Fantastics!~映画にまつわるアレコレ~
    能條愛未の「乃木坂週刊映画」
    スペシャル 写真家『早田雄二』が撮影した銀幕の女神たち
    antenna

    人気記事ランキング

    シネマズ公式ライター

    • 星井 七億
    • 内田俊太郎
    • 染谷 昌利
    • 久保田和馬
    • hosohana

    シネマズ公式チャンネル

    教えて goo

    情報提供元:教えて goo