ジェニファー・ローレンス×スピルバーグで戦場カメラマンの映画制作決定

シネマズ 洋画ニュース

『世界にひとつのプレイブック』『ハンガー・ゲーム』『アメリカン・ハッスル』などで主役を演じるジェニファー・ローレンスがスティーブン・スピルバーグ監督と初タッグを組んで女性戦場カメラマンの伝記映画を手掛けることになったと一部の報道で明らかになった。

制作はワーナー・ブラザースが担当、ジェニファー・ローレンスは主役の女性戦場カメラマン、リンジー・アダリオを演じる。

『It’s What I Do: A Photographer’s Life Of Love And War』というタイトルの本作は、中東やアフリカなどでも活躍する女性の戦場カメラマンでありジャーナリストのリンジー・アダリオの同名ノンフィクションが原作。

タリバン政権に苦しむアフガン人たちや、ダルフールの虐殺、コンゴでの女性への強姦など、世界各地で起きている非人道的な事実を伝えてきたリンジー・アダリオは、2011年にはリビアのカダフィ軍に拘束されたこともある。戦地などの写真をニューヨーク・タイムズ紙やナショナル ジオグラフィック誌で発表しており、新聞等の印刷報道、文学、作曲に与えられる米国で最も権威ある『ピューリッツァー賞』も受賞している。

ジェニファー・ローレンスとスティーブン・スピルバーグ監督の初タッグに期待が高まる。続報に期待だ。

関連リンク

『ブリッジ・オブ・スパイ』、主人公が妻についた優しい“嘘”
映画『ジュラシック・ワールド』特別映像が公開。スピルバーグが魅力を語る『スター・ウォーズ』が日本公開されるまでの1年間
62歳の「今」が旬。リーアム・ニーソンがアツい!

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    言語を選択

    私と映画Vol.7 メニコン 田中英成社長
    金曜映画ナビ
    八雲ふみねの What a Fantastics!~映画にまつわるアレコレ~
    能條愛未の「乃木坂週刊映画」
    スペシャル 写真家『早田雄二』が撮影した銀幕の女神たち
    antenna

    人気記事ランキング

    シネマズ公式ライター

    • つちや ゆみえ
    • 朝井麻由美
    • なぎさ
    • 猫ライター(コロン)
    • 石原弘之
    • firstserver

    シネマズ公式チャンネル

    教えて goo

    情報提供元:教えて goo