富士急ハイランドでエヴァンゲリオン プロジェクションマッピングが始動!

2015年4月25日(土)から、富士急ハイランド(山梨県富士吉田市)にて、新アトラクション『エヴァンゲリオン プロジェクションマッピング』がスタートする。

迫力満点のエヴァンゲリオン映像アトラクション

エヴァンゲリオン プロジェクションマッピング

富士急ハイランドには現在、アニメ『新世紀エヴァンゲリオン』の劇場作『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』の世界観が楽しめる『EVANGELION:WORLD』がある。今回、そこに新たに加わる『エヴァンゲリオン プロジェクションマッピング』は、高さ約9メートル、幅約16メートルという巨大なエヴァンゲリオン初号機の実物大立体胸像とそのバックの壁面に、床や天井に設置した6台のプロジェクターから映像を投影する映像アトラクションだ。

ストーリーは、ゲストが視察団となって富士急ハイランド基地を訪れるところから始まる。

葛城ミサトと碇シンジの掛け合いによる視察の最中、突然鳴り響く警報音。未確認飛行物体の出現に、緊急発進する初号機だったが…次々と初号機に襲いかかる異形の使徒たちは一体何なのか。咆哮とともに暴走を始めた初号機はどうなるのか…

エヴァンゲリオン プロジェクションマッピング

『エヴァンゲリオン プロジェクションマッピング』実物大初号機を舞台に、胸像の凹凸にピタリと重なる鮮明な映像、閃光がほとばしるレーザーやエアーといった様々な演出で、迫力満点の映像が繰り広げられ、まさにエヴァンゲリオンの世界に自分が入り込んだ気分を味わえそうだ。

ローラーコースター『エヴァ飛車』も期間限定で復活

エヴァンゲリオン プロジェクションマッピング

また今回、最大落下角度121度を誇る大型ローラーコースター『高飛車』をエヴァンゲリオン仕様にした『エヴァ飛車』も登場。これは、2012年に人気を集めた『エヴァ飛車』を期間限定で復活させるもので、初号機デザインの車両を中心に、アナウンスやBGM、駅舎、待ち列のモニターまで『高飛車』全体がエヴァ一色に染まり、エヴァンゲリオンの世界を体感できる絶叫マシーンとなっている。

イベント初日となる2015年4月25日(土)には『EVANGELION:WORLD』内にてプロジェクションマッピングオープニングイベントを実施予定だ。

アニメの放送開始20周年を迎え、Blu-rayBOXが8月に発売されるなど、いまだ人気衰えず、盛り上がりを見せるエヴァンゲリオン。光と音による圧倒的な演出による、ここでしか見ることのできないオリジナルのストーリーを、ファンはぜひ富士急へ楽しみに行こう。

関連リンク

東京駅伝説が再び『TOKYO STATION VISION』が期間限定復活
庵野秀明&樋口真嗣の強力タッグによる映画『ゴジラ』最新作の制作が決定!
碇シンジと渚カヲルの2人の世界。エヴァンゲリオンとTHE KISSのコラボジュエリー最新作発売決定

ピックアップ

関連記事

新着記事

言語を選択

私と映画Vol.7 メニコン 田中英成社長
金曜映画ナビ
八雲ふみねの What a Fantastics!~映画にまつわるアレコレ~
能條愛未の「乃木坂週刊映画」
スペシャル 写真家『早田雄二』が撮影した銀幕の女神たち
antenna

人気記事ランキング

シネマズ公式ライター

  • 大場ミミコ
  • オオツカヒサオ
  • しましま
  • 奥野 大児
  • 木村うい
  • ながち

シネマズ公式チャンネル

教えて goo

情報提供元:教えて goo