パン屋の男が官能の世界に妄想をはせる…『ボヴァリー婦人とパン屋』公開決定

フランス北西部のノルマンディーを舞台として、文学大好きなパン屋のマルタンと、奔放で魅力的なボヴァリー婦人の姿を描いたフランス映画『Gemma Bovery』の邦題が『ボヴァリー婦人とパン屋』に決まった。

ボヴァリー婦人とパン屋

監督は『ココ・アヴァン・シャネル』のアンヌ・フォンテーヌ。マルタン役にファブリス・ルキーニ、ジェマ役には同名のジェマ・アータートン。

イギリス人絵本作家、ポージー・シモンズがギュスターヴ・フローベールの小説『ボヴァリー夫人』をテーマに描いたグラフィックノベルが原作。フランスでは4週連続して興行成績1位を記録したヒット作だ。

ボヴァリー婦人とパン屋
(C) 2014 – Albertine Productions – Cine-(a) – Gaumont – Cinefrance 1888 – France 2 Cinema – British Film Institute

小説『ボヴァリー婦人』が愛読書のパン屋・マルダンが暮らす村にある日、イギリス人のチャーリーとジェマ・ボヴァリー夫妻が引っ越してくる。自分の作ったパンを頬張るジェマに魅了されたマルタンはある日、ジェマが年下の男性と不倫しているのを目撃してしまう。このままジェマが小説のボヴァリー婦人と同じ運命に…?とマルタンの妄想が膨らんでいく――

官能的なシーンに食欲をそそるパン、ノルマンディーの美しい景色と、様々な欲求が揺り動かされる一作となりそうだ。公開は7月上旬からシネスイッチ銀座ほか全国で順次公開予定。

関連リンク

サイモン・ペッグ×ロザムンド・パイク『しあわせはどこにある』日本版ヴィジュアル公開
涙腺崩壊!カンヌ映画祭受賞の話題作『Mommy/マミー』が全国公開決定
『ダンソン』はフランス語で◯◯!『ソロモンの偽証』サポーター就任で明かす

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    言語を選択

    私と映画Vol.7 メニコン 田中英成社長
    金曜映画ナビ
    八雲ふみねの What a Fantastics!~映画にまつわるアレコレ~
    能條愛未の「乃木坂週刊映画」
    スペシャル 写真家『早田雄二』が撮影した銀幕の女神たち
    antenna

    人気記事ランキング

    シネマズ公式ライター

    • kaiya
    • よしかわあやの
    • 岡部照将
    • 大川竜弥
    • ヒナタカ
    • 砂流恵介

    シネマズ公式チャンネル

    教えて goo

    情報提供元:教えて goo