【予告映像】人種など関係ない、この10秒間だけは――自由だ

栄光のランナー/1936ベルリン サブ1

ヒトラ―を怒らせた最強の陸上選手“ジェシー・オーエンス”の実話に基づき描く映画『栄光のランナー/1936ベルリン』から本予告映像が解禁となった。

映画『栄光のランナー/1936ベルリン』本予告映像

栄光のランナー/1936ベルリン

貧しい家庭に生まれながらもジェシー・オーエンス(ステファン・ジェイムス)は、中学時代から陸上選手として類稀な才能を発揮していた。家族の期待を一身に背負ってオハイオ州立 大学に進学した彼は、コーチのラリー・スナイダー(ジェイソン・サダイキス)に出会う。オリンピックで金メダルを獲得するべく日々練習に励むオーエンスだったが、当時のアメリカ国内で は、ナチスに反対してオリンピックのボイコットを訴える世論が強まっていた。さらに、ナチスの人種差別政策は黒人であるオーエンスにとっては認めがたいものであった――

栄光のランナー/1936 ベルリン1

映画『栄光のランナー/1936ベルリン』は、1936年にナチス独裁政権下で開催されたベルリンオリンピックでヒトラーを怒らせた人物としても知られ、史上初の1大会で4つの金メダルを獲得する快挙を成し遂げるなど、今もなお伝説として語り継がれる陸上選手・ジェシー・オーエンスの実話を描いた伝記作品。偉大な記録を打ち立て、世界中に衝撃を与えるまでの激動の2年間を描く。

ジェシー・オーエンスを演じるのは『グローリー/明日への行進』で公民権運動の活動家ジョン・ルイス役を演じたステファン・ジェイムス。オーエンスのコーチ、ラリー・スナイダー役は『モンスター上司』のジェイソン・サダイキスが演じる。メガホンを取るのは『プレデター2』のスティーヴン・ホプキンス監督。

このたび本作の本予告映像が解禁となった。

栄光のランナー/1936ベルリン サブ1

「こんな天才は見たことがない」と言わしめるほど圧倒的な才能を持つ伝説のアスリート、ジェシー・オーエンスと、後に“ヒトラーのオリンピック”と呼ばれることになる1936年ベルリンオリンピックの開催をめぐる様々な陰謀が垣間見える本予告映像。スポーツを政治利用しようとするヒトラーに、全力で挑むオーエンスは、ただ走ることに幸せを見出し「人種など関係ない、この10秒間だけは――自由だ」というセリフが強く胸を打つ映像となっている。

映画『栄光のランナー/1936ベルリン』は2016年8月11日(木・祝)よりTOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショー。

栄光のランナー/1936ベルリン ポスター

(C)2016 Trinity Race GmbH / Jesse Race Productions Quebec Inc. All Rights Reserved.

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    言語を選択

    私と映画Vol.7 メニコン 田中英成社長
    金曜映画ナビ
    八雲ふみねの What a Fantastics!~映画にまつわるアレコレ~
    能條愛未の「乃木坂週刊映画」
    スペシャル 写真家『早田雄二』が撮影した銀幕の女神たち
    antenna

    人気記事ランキング

    シネマズ公式ライター

    • 砂流恵介
    • なぎさ
    • 藤井隆史
    • 桜井
    • ヒナタカ
    • 染谷 昌利

    シネマズ公式チャンネル

    教えて goo

    情報提供元:教えて goo