松雪泰子主演!映画『古都』が文部科学省特別選定作品に決定

松雪泰子主演映画『古都』が文部科学省特別選定作品(青年向き、成人向き)、文部科学省選定(少年向き)に決定したことが明らかとなった。

映画『古都』文部科学省特別選定作品に決定

京都室町に先祖代々続く佐田呉服店。店を継いだ日から20年間、佐田千重子(松雪泰子)は同じ場所で変わらない生活を送っていた。古くから付き合いのある職人が次々廃業する変わりゆく時代の中で店をどうしていくのか、室町に生まれた宿命を娘の舞(橋本愛)に背負わせていいものか葛藤の中で生きていた。大学生の舞は、就職活動の時期に差し掛かり就職活動をするの友人との会話にも入りきれず、店を継ぐべきなのか迷っていた。一方京都のはずれ、北山杉の里で林業を営む中田苗子(松雪泰子/二役)。千重子と同じ顔をした苗子は生き別れた双子の妹。苗子もまた深刻な経営悪化に陥っていた。苗子の娘の結衣(成海璃子)はその美術の才能を活かし北山杉を使い何か新しいことが出来ないかとフランスに留学。しかし留学先で他の学生との力の差を感じ、無力感に苛まれていた。それを感じとった苗子は娘に会う為にパリ行きを決意する。呉服屋の娘の舞もパリで開催される日本文化を披露するイベントに参加する為にパリへ向かう事となった。母から娘へ受け継がれる伝統。今、京都の伝統に生きる2組の母娘の人生が初めて交差する――

古都 メイン
(C)川端康成記念會/古都プロジェクト

映画『古都』は、1962年に新潮社より刊行された川端康成の同名小説を、現代版として原作では描かれなかった大人になった主人公たちの物語として映像化する作品。

京都伝統の呉服屋の姉と北山杉の里で働く双子の妹を主演の松雪泰子が1人2役で演じ、それぞれの娘役を橋本愛と成海璃子演じるほか、蒼れいな、蒼あんな、葉山奨之、栗塚旭、伊原剛志、奥田瑛二らが脇を固める。メガホンをとるのははハリウッドで8年映画作りを学び、帰国後もアレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥなど名匠の現場に参加後、CMやドラマで活躍し、本作が商業映画長編デビューとなるYuki Saito監督。

このたび本作が、文部科学省特別選定作品(青年向き、成人向き)、文部科学省選定(少年向き)に決定した。

本作では、日本の古都・京都の美しさをオール京都の全面協力を得て撮影。劇中内で松雪泰子が着用する和装は宮内庁御用達の藤井寛の着物や山口美術織物の帯を使用、橋本愛着用の着物は川端康成本人が取材に訪れ、先代田畑喜八との交流を知る5代目田畑喜八が「古都」のためにデザインを手がけた。

また裏千家今日庵が茶道のシーンで全面協力により、御家元より国宝級の道具を拝借し監修。華道のシーンでは池坊専好次期家元、禅のシーンでは妙心寺退蔵院 松山大耕副住職が自ら出演するなど、これまでにない究極の「ほんまもん」へのこだわりが随所に登場する。

文部科学省特別選定は、過去には日本アカデミー賞最優秀賞作品『愛を乞う人』(平山秀幸監督)や、東京国際映画祭4冠の『雪に願うこと』(根岸吉太郎監督)『クライマーズ・ハイ』(原田眞人監督)などが選出されている。

映画『古都』は2016年11月26日(土)より京都先行、12月3日(土)より全国公開。

(C)川端康成記念會/古都プロジェクト

関連記事

妻夫木聡主演『愚行録』特報解禁!仕掛けられた3度の衝撃…
福士蒼汰&小松菜奈のデート場面が到着!2人からのコメントも
山﨑賢人、斎藤工、武井咲らが実写パートに出演決定!映画「妖怪ウォッチ」第3弾
岡田准一主演『海賊とよばれた男』劇中ビジュアルが解禁!
佐藤勝利&橋本環奈W主演『ハルチカ』情報一挙解禁!主演2人のコメントも

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    言語を選択

    私と映画Vol.7 メニコン 田中英成社長
    金曜映画ナビ
    八雲ふみねの What a Fantastics!~映画にまつわるアレコレ~
    能條愛未の「乃木坂週刊映画」
    スペシャル 写真家『早田雄二』が撮影した銀幕の女神たち
    antenna

    人気記事ランキング

    シネマズ公式ライター

    • オオツカヒサオ
    • Yamazaki
    • とみだ嬢
    • 大川竜弥
    • firstserver
    • 柳下修平

    シネマズ公式チャンネル

    教えて goo

    情報提供元:教えて goo