常盤貴子が池松壮亮のストーカーに…映画『だれかの木琴』で初共演へ

直木賞作家・井上荒野の「だれかの木琴」が、常盤貴子と池松壮亮の初共演によって映画化されることが明らかとなった。

東陽一監督・脚本で映画化『だれかの木琴』

娘と夫と共に東京郊外の家に引っ越してきた平凡な主婦・小夜子(常盤貴子)。ある日小夜子は、新しく見つけた美容院で、髪を少し切る。帰宅してすぐ、小夜子を担当した美容師・海斗(池松壮亮)から一本の“営業メール”がとどく。「またのご来店をお待ちしております」――それに何気なく返信したときから、小夜子は自分でも理解できない感情にとりつかれる。やがて一方的に若い美容師に執着しはじめ、次第に常軌を逸した行動で“ストーカー”となっていく小夜子。夫の光太郎(勝村政信)はそんな妻の異変に気付くが、言葉にはできない。小夜子の行動は、娘や、海斗、その恋人の唯(佐津川愛美)までも巻き込んでいく――

だれかの木琴

映画『だれかの木琴』は、直木賞作家・井上荒野の同名小説を『もう頬づえはつかない』『橋のない川』『絵 の中のぼくの村』『わたしのグランパ』などで知られる東陽一監督によって映画化する作品。生活の豊かさや安定とは裏腹に、人同士のつながりが希薄となった現代で、すべての女性が感じる精神的な飢餓感、疎外感をテーマに据え、それに対峙せざるを得ない男たちの姿を 描く、人と人との“共鳴・共振”の物語となっている。

一通のメールがきっかけでストーカーと化していく主婦・小夜子を常盤貴子、小夜子の執着の対象となる美容師・海斗を池松壮亮と、実力派2人の初共演で描く。その他には、小夜子の夫・光太郎役に勝村政信、海斗の恋人・唯役に佐津川愛美らが共演者に名を連ねる。日常で誰もが抑え込んでいるエロスをすくい取り、解放させていく、東陽一監督の手腕に注目が集まる。なお本作は東陽一監督作品の製作を長年手掛けてきたシグロの30周年記念作品となっている。

今回の映画化発表をうけて東陽一監督、原作者・井上荒野、さらに常盤貴子、池松壮亮からのコメントがシネマズに到着した。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    言語を選択

    私と映画Vol.7 メニコン 田中英成社長
    金曜映画ナビ
    八雲ふみねの What a Fantastics!~映画にまつわるアレコレ~
    能條愛未の「乃木坂週刊映画」
    スペシャル 写真家『早田雄二』が撮影した銀幕の女神たち
    antenna

    人気記事ランキング

    シネマズ公式ライター

    • apopo
    • ヒナタカ
    • 朝井麻由美
    • 川口裕樹
    • 久保田和馬
    • 92aki

    シネマズ公式チャンネル

    教えて goo

    情報提供元:教えて goo