矢崎仁司監督『無伴奏』サハリン国際映画祭で審査員特別賞を受賞

無伴奏 サハリン国際

小池真理子の半自叙伝的同名小説を矢崎仁司監督が、成海璃子主演で完全映画化した『無伴奏』が、第6回サハリン国際映画祭 IFF”ON THE EDGE” 「世界の果て」で、審査員特別賞を受賞したことがわかった。

『無伴奏』サハリン国際映画祭で審査員特別賞を受賞

無伴奏 矢崎仁司監督 映画 成海璃子

『無伴奏』は直木賞受賞作家・小池真理子の半自叙伝的同名小説を『三月のライオン』『ストロベリーショートケイクス』の矢崎仁司監督が完全映画化した作品。学生運動が盛んだった時代に多感な青春時代を過ごす1人の女子高校生を中心に、男女の悲喜こもごもな恋愛模様と時代の潮流を映し出した。

無伴奏 矢崎仁司監督 映画 成海璃子 池松壮亮 斎藤工

主人公の響子を成海璃子が演じ、響子が想いを傾ける渉役を池松壮亮、渉の親友・祐之介を斎藤工、さらに祐之介の恋人・エマを遠藤新菜と、注目の若手が集結し当時の若者達の恋愛模様を描いた。

無伴奏 サハリン国際

このたび本作がロシア・ユジノサハリンスク市で開催された第6回サハリン国際映画祭 IFF”ON THE EDGE” 「世界の果て」で、準グランプリにあたる審査員特別賞を受賞したことがわかった。コンペティション部門には、真利子哲也監督の『ディストラクション・ベイビーズ』を含む、14か国から15作が正式出品されていた。

『無伴奏』は現地時間9月16日16:00から上映され、上映に合わせ矢崎仁司監督も渡露。矢崎仁司監督はこのたびの受賞に関して「映画の世界でエッジのある作品を作り続けて、このOn  The Edge 映画祭で、この賞を頂いたのは、凄く嬉しいです」とコメントをよせている。

なお『無伴奏』は、DVD&Blu-rayが10月5日にリリースされることが決定している。また、9月19日から横浜・シネマノヴェチェント、9月24日からは神奈川・アミューあつぎ映画.comシネマ、栃木・宇都宮ヒカリ座で上映も決まっている。

[商品情報]
作品名:無伴奏
(価格)
ブルーレイ:4,800円+税
DVD:3,800円+税
発売日: 2016年10月5日
発売・販売元: キングレコード株式会社

(C)2015「無伴奏」製作委員会

関連記事

映画『無伴奏』主演・成海璃子、シネマズ独占インタビュー
モデル、そして女優。ヌードにも挑んだその素顔|遠藤新菜 独占インタビュー
”うなぎ屋の看板娘”から”透明な女優へ”―松本若菜 独占インタビュー
矢崎監督:私が脱がすぞと思っていました―『無伴奏』ロケ地・山梨で舞台挨拶
おおらかなキスをしてみたい―映画『XXX』矢崎仁司監督独占インタビュー

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    言語を選択

    私と映画Vol.7 メニコン 田中英成社長
    金曜映画ナビ
    八雲ふみねの What a Fantastics!~映画にまつわるアレコレ~
    能條愛未の「乃木坂週刊映画」
    スペシャル 写真家『早田雄二』が撮影した銀幕の女神たち
    antenna

    人気記事ランキング

    シネマズ公式ライター

    • hosohana
    • ながち
    • 黒宮丈治
    • 木村うい
    • とみだ嬢

    シネマズ公式チャンネル

    教えて goo

    情報提供元:教えて goo