小栗旬主演!トラウマ必至のサイコスリラー『ミュージアム』映画化決定

巴亮介作のサイコスリラー漫画「ミュージアム」を、小栗旬主演で大友啓史監督が映画化することが発表された。

主演・小栗旬!巴亮介作のサイコスリラー漫画を映画化『ミュージアム』

次々に発生する猟奇殺人事件。それは雨の日だけ発生していた。そして、まるで見つけられる事を前提にしたかのように演出された殺し方。“ドッグフードの刑”“母の痛みを知りましょうの刑”など、残された謎のメモ。これはただの殺人事件ではないと気付いた警視庁捜査一課の沢村久志刑事(小栗旬)は、連続殺人の関連性に気づく。すると次のターゲットに沢村の妻と子供がリストアップされていた!次第にあぶり出されて行く犯人像、犯人は必ずカエルのマスクを被り事件を実行していた。殺すターゲットを絞り、情報を集め、殺し方を演出する。沢村の情報も徹底的に調べ上げられ、準備が着々と進められて行く。そして、残された手がかりから犯人を追い詰める沢村だったが、それは全てカエル男によって仕組まれた罠であった。絶望的な状況に追い込まれた沢村に、妻子を救う希望はあるのか――

ミュージアム 小栗旬 大友啓史
(C)巴亮介/講談社 (C)2016映画「ミュージアム」製作委員会

映画『ミュージアム』は、2013年に「ヤングマガジン」で連載された巴亮介作の同名サイコスリラー漫画を実写映画化する作品。主人公である残虐な猟奇殺人を繰り返す“カエル男”を追う刑事・沢村久志を小栗旬が演じる。本作で小栗旬は、犯人を追うはずが、絶望的状況に追い詰められるという超難役に挑む。メガホンをとるのは『るろうに剣心』シリーズの大友啓史監督。

今回の発表にあわせて、小栗旬ならびに大友啓史監督、原作者の巴亮介氏からのコメントがシネマズに到着している。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    言語を選択

    私と映画Vol.7 メニコン 田中英成社長
    金曜映画ナビ
    八雲ふみねの What a Fantastics!~映画にまつわるアレコレ~
    能條愛未の「乃木坂週刊映画」
    スペシャル 写真家『早田雄二』が撮影した銀幕の女神たち
    antenna

    人気記事ランキング

    シネマズ公式ライター

    • 朝井麻由美
    • なぎさ
    • ながち
    • 大谷和美
    • 柳下修平

    シネマズ公式チャンネル

    教えて goo

    情報提供元:教えて goo