女子中のトイレから誕生?!大森靖子プロデュースで期間限定アイドル結成

劇場版の公開も控える『女子の事件は大抵、トイレで起こるのだ。』から期間限定14才アイドルユニット『ずんね from JC-WC』が誕生することが明らかとなった。

女子中学校のトイレから生まれた14才アイドルユニット

女子の事件は大抵、トイレで起こるのだ。

『女子の事件は大抵、トイレで起こるのだ。』は、とある女子中学校のトイレのみを舞台に、女子中学生が、”女子ごころ”を洗いざらいにして、流すことのできない感動をくりひろげる新型配信連続ドラマ。ドラマ版に未公開シーンを盛り込んだ内容で、前編と後編の2部構成による劇場版が今月15年8月末に公開予定となっている。

本作で、主演を務めたミスiD2014グランプリ出身の新人女優・蒼波純と、ラッパー役で出演した歌手の吉田凜音が、期間限定14才アイドルユニット『ずんね from JC-WC』を結成することが、今週末の2日間、東京・お台場にて開催されている世界最大級のアイドルフェスティバル『東京アイドルフェスティバル2015(TIF)』にて発表された。

ずんね 蒼波純 吉田凜音 大森靖子
(写真左から吉田凜音、蒼波純)

“ずんね”は、蒼波純の愛称である“ずんたん”と吉田凜音の“りんね”をかけあわせて付けられたもの。

本作のオールプロデュースは、シンガーソングライターの大森靖子。今回制作される楽曲『14才のおしえて』は、大森靖子作詞・作曲に加えて、編曲にMaison book girlのプロデューサー・サクライケンタを迎える。現在制作中の楽曲は、後日有料配信も予定されている。

各コメントは以下の通り。

ずんね from JC-WC

ずんね 蒼波純 吉田凜音 大森靖子

「こんにちは。吉田凜音ちゃんとずんねというユニットでデビューする事になりました。凜音ちゃんとはドラマでも共演だったし、これから一緒にすごせるのはうれしいです。
大森靖子ちゃんに曲を作っていただき、サクライケンタさんにアレンジしてもらいました。ふたりともとても楽しんでいるみたいです。曲にはセリフがあって少女マンガの世界の片想いみたいでドキドキします。たくさんの方に聞いていただけたらうれしいです。」(蒼波純)

「作詞・作曲が大森靖子さん、編曲・サクライケンタさん、すごい…!ほんとにすごいメンバー!ずっと聴いてた側なので、このおふたりに作ってもらえて、すごいうれしいです!」(吉田凜音)

大森靖子

14さいの女の子の、2つの至高のアンバランスが、こんなにも正しく危険に、LOGOブロックのように抱き合ってひとつになる。今しかないかけがえのないパーフェクトが生まれる。ずんたんとりんねで、ずんねです。

サクライケンタ

初めに今回の話を頂いたのは、大森靖子さんから直接でした。
ある日良いニュースがあるよ、とLINEで連絡があり、その日のうちに僕の居る所まで会いに来て「ずんね」のアレンジを宜しく頼む!と笑
「蒼波純×吉田凜音×大森靖子」に僕が加わる事になり面白くなりそうな予感しかしませんでした。
アレンジに関しては僕の色バシバシでOKを出してもらい、最終的にかなり密度の濃い凄まじい曲になっております!!楽曲アレンジにも加え様々なアイデア出しにも参加させて頂き、とても光栄です。「ずんね」お楽しみに!!

(C)2015女子トイレ清掃組合

関連リンク

個性的なリターンが話題『いいにおいのする映画』目標金額100万円を達成
極上生のエンタメ―TAKUYA、アメザリら『商店街バンド』単独ライブレポ
東方神起や少女時代ら出演ライブの裏側に迫るドキュメンタリー。日本限定映像も
『TOKYO360°』がスタート!カラーポワントが360度でパフォーマンス

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    言語を選択

    私と映画Vol.7 メニコン 田中英成社長
    金曜映画ナビ
    八雲ふみねの What a Fantastics!~映画にまつわるアレコレ~
    能條愛未の「乃木坂週刊映画」
    スペシャル 写真家『早田雄二』が撮影した銀幕の女神たち
    antenna

    人気記事ランキング

    シネマズ公式ライター

    • 朝井麻由美
    • よしかわあやの
    • 小峰克彦
    • 染谷 昌利
    • kamito努
    • 滝口アキラ

    シネマズ公式チャンネル

    教えて goo

    情報提供元:教えて goo