佐藤健ら人気俳優が集結!朝井リョウ「何者」三浦大輔監督で映画化

何者 三浦大輔監督 キャスト ネタバレ

「桐島、部活やめるってよ」などで知られる朝井リョウによるベストセラー「何者」が、『愛の渦』の三浦大輔監督によって映画化されることが明らかとなった。

佐藤健ら豪華出演者で映画化!浅井リョウ著「何者」

就活の情報交換のため一つの部屋に集まった、5人の22歳。
かつて演劇サークルで脚本を書いていた、人を分析するのが得意な拓人(佐藤健)。
天真爛漫で何も考えていないようで、着実に内定に近づいていく光太郎(菅田将暉)。
光太郎の元カノで、拓人が思いを寄せ続ける、実直な性格の瑞月(有村架純)。
人一倍「意識高い系」でありながら、結果が出ず不安を募らせていく理香(二階堂ふみ)。
社会の決めたルールには乗らないと宣言しながらも、焦りを隠せない隆良(岡田将生)。
海外ボランティアの経験、サークル活動、手作り名刺、SNS、業界の人脈…。様々なツールを駆使して戦っていく就活生たち。企業に入れば「何者」かになれるのか、自分は「何者」になりたいのか――。そんな疑問を抱えて就活を進める中、5人はそれぞれの思いや悩みをツイートするが、一緒に過ごすうちに、就活のやり方やスタンスに嫌悪感を覚えることもあり、徐々に人間関係が変化していく。そして拓人はサークルOBのサワ先輩(山田孝之)に相談するも、思うようにいかない現実に苛立ちを隠せなくなる。やがて「内定者」が現れたとき、抑えられていた妬み、本音が露になっていく。そして、ようやく彼らは自分を見つめ直す。果たして自分は「何者」なのか。

映画『何者』は、「桐島、部活やめるってよ」などで知られる、平成生まれの作家として初めて直木賞を受賞した、朝井リョウによる同名ベストセラーを映画化、就職活動を通して自分が「何者」かを模索する5人の大学生を描いた作品。監督・脚本を担うのは、演劇ユニット・ポツドールの主宰者として数々の話題作を上演しつつ、『ボーイズ・オン・ザ・ラン』『愛の渦』といった話題作でも高い評価をえてきた鬼才・三浦大輔監督。企画・プロデュースは『電車男』『告白』『悪人』『モテキ』『バケモノの子』などのプロデュースで知られる川村元気。

何者 三浦大輔監督 キャスト ネタバレ

このたび映画化発表とともに豪華キャスト陣も発表となった。主人公・拓人を佐藤健が演じ、さらにその他のメインの5人では、拓人が思いをよせる瑞月役を有村架純、意識高い系女子・理香役を二階堂ふみ、瑞月の元カレ・光太郎役を菅田将暉、理香と同棲しているクリエイター系男子の隆良役を岡田将生と、それぞれが話題作・人気作の主演を持つ若手実力派が顔を揃える。さらに、拓人が慕うサークルのOB役を山田孝之と、実力・人気ともに申し分ない豪華なメンバーが集結した。

このたびの発表にあわせて、シネマズにキャスト陣ならびに原作者・朝井リョウ氏のコメントが到着した。

佐藤健/二宮拓人役

クランクイン前に何日間かキャスト全員が集まってリハーサルをやらせていただきました。にも関わらず撮影当日もまた鬼のようにリハを繰り返す、舞台稽古のような現場です。三浦監督のもと、キャスト一同三浦組の劇団員になったつもりで残りの撮影も全力を尽くしたいと思っております。この一筋縄ではいかない原作を、この一筋縄ではいかないキャスト、スタッフのみなさんと映画化できることを嬉しく思います。さて、どんな映画が出来上がるのでしょうか。ご期待ください。

有村架純/田名部瑞月役

この度、映画『何者』に出演させていただくことになり、役作りのための経験として就職活動の体験をさせていただきました。エントリーシートの記入や、面接官との質疑応答など、味わったことのない空気の中、周りの友達はこのような経験を経て社会に出るのだと改めて感じると共に、自分自身がどうあるべきかを考えさせられました。就活生5人、同じ舞台でお芝居をすることが楽しみですし、たくさん刺激を受け、たくさん吸収したいと思います。とてもおもしろい作品になりそうだとワクワクしています。皆さんと精一杯頑張ります。

二階堂ふみ/小早川理香役

同じ世代間で感じる社会との距離や自分との向き合い、様々な感情が渦巻く『何者』。面白い作品にできたらと思います。三浦組、とても楽しみです!

菅田将暉/神谷光太郎役

想像を絶する群像劇。想像を絶するギターボーカル。想像を絶する就職活動。絶しまくりのスタートでしたが、神谷光太郎の『まっすぐさ』を武器に、今、凄くワクワクしています。現場では毎日、佐藤健くんがニヤニヤしています。これは何かありますね(笑)何だか面白くなりそうな予感があります。予感で終わらせないように、ビシッとかましてやります!

岡田将生/宮本隆良役

宮本隆良。なかなかの曲者です。この曲者を三浦監督とどう創っていくか。 撮影は始まっていますが、確実にいいキャラクターになる自信があります。この作品のいいスパイスになれるよう頑張っていきたいと思います。

山田孝之/サワ先輩役

以前から三浦監督とはお仕事をしたいと思っていたので、今回お声掛け頂いてとても嬉しく思っています。噂には聞いていましたが、現場ではなかなかOKが出ず、何度も何度も最善を目指しテイクを重ねていますが、芝居を細部まで突き詰めさせてもらえるチャンスだと思い、必死について行っています。と、言いたいところですが実際はスターキャストが集まっていてヒット作の匂いがしたので便乗したと言うのが事実です。

朝井リョウ/原作者

『何者』は、読者の反応がこれまでの著作と大きく違いました。共感した、考えさせられた、では収まらない何かを、読者が私にぶつけてきてくれた感覚がありました。単行本刊行から四年を経て集結してくださったスタッフ・キャストの方々は、あのとき受け取ったエネルギーを更に強大にしてぶつけ返すには十分すぎるほどです。心の形をした爆弾のような映画が出来上がる予感がしています。

映画『何者』は2016年10月15日(土)より全国東宝系にてロードショー。

(C)2016映画「何者」製作委員会 (C)2012 朝井リョウ/新潮社

関連リンク

佐藤健×宮崎あおい『世界から猫が消えたなら』特報解禁!
映画『僕だけがいない街』予告解禁!主題歌は注目新人・栞菜智世のデビュー曲
山﨑賢人が二階堂ふみにポンッムギュッ!?映画『オオカミ少女と黒王子』
小松菜奈&菅田将暉のW主演に!『溺れるナイフ』共演に重岡大毅、上白石萌音

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    言語を選択

    私と映画Vol.7 メニコン 田中英成社長
    金曜映画ナビ
    八雲ふみねの What a Fantastics!~映画にまつわるアレコレ~
    能條愛未の「乃木坂週刊映画」
    スペシャル 写真家『早田雄二』が撮影した銀幕の女神たち
    antenna

    人気記事ランキング

    シネマズ公式ライター

    • firstserver
    • 大川竜弥
    • あかめ
    • とみだ嬢
    • 柳下修平

    シネマズ公式チャンネル

    教えて goo

    情報提供元:教えて goo