「猫的な女優になりたい♪」宮沢りえさん、ドラマ『グーグーだって猫である』で猫女優に開眼?!

シネマズです!いよいよ今週末18日(土)22時よりWOWOWにて放送開始のドラマ『グーグーだって猫である』完成披露試写会が行われ、主演 宮沢りえさん、共演の長塚圭史さん&犬童一心監督が揃ってご登壇♪

宮沢りえ「猫的な女優になりたい」と希望:映画.com

グーグーだって猫である
2008年 小泉今日子主演で映画化された『グーグーだって猫である』を、同作でもメガホンをとった犬童一心監督が再びドラマで映像化。
吉祥寺の街をロケ地に行われた撮影には、犬童監督も「この街が大好きで、好きな役者さんと好きにやらせてもらえる…自分にとって人生最高の時間。逆に、どうもすいません!」と、大満足だった様子。
宮沢さんも「お店に“入りたい!”という誘惑から逃れるのが大変で…わたしが住みたい街No.1は今、吉祥寺ですね♪」と、すっかり吉祥寺のとりこに。

グーグーだって猫である子猫たちとの撮影では「暴れていた子猫を何気なく撫でてあげたら、スッとおとなしくなってくれて…そこから猫と仲良くなれました♪ドアを開けると猫10匹!なんて、とても“猫密度”の濃い作品。これから“猫映画”で私は重宝されるんじゃないかな?」と笑顔の宮沢さん。
「犬を撮るより猫のほうが気楽に撮れる」と語る犬童監督に、宮沢さんは「監督は、無理にやらせるんじゃなくて“猫がそういう気持ちになるまで待ちましょう”って仰って。だから猫達も本当にのびのび自由に動いていました♪私も、そんな“猫的な”女優になりたいですね(笑)」と、猫女優をアピール?!
犬童監督も「宮沢さんは、本番中でも自由に、そのままどっか行っちゃいそうな感じがあって(笑)」と、宮沢さんの猫女優に太鼓判を押していらっしゃいました♪

11月15日(土)公開『紙の月』では“最も美しい横領犯”を演じる宮沢さんの、また違う魅力がたっぷり詰まったドラマ『グーグーだって猫である』。10月~11月、ぜひ『グーグーだって猫である』&『紙の月』両作品を合わせてお楽しみ頂ければと思います♪

連続ドラマW『グーグーだって猫である』は、10月18日(土)からWOWOWにて毎週土曜日 午後10時放送!

映画『紙の月』は11月15日(土)全国ロードショー!

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    言語を選択

    私と映画Vol.7 メニコン 田中英成社長
    金曜映画ナビ
    八雲ふみねの What a Fantastics!~映画にまつわるアレコレ~
    能條愛未の「乃木坂週刊映画」
    スペシャル 写真家『早田雄二』が撮影した銀幕の女神たち
    antenna

    人気記事ランキング

    シネマズ公式ライター

    • とみだ嬢
    • ながち
    • 茅ヶ崎の竜さん
    • 桜井
    • じぇみじぇみ子
    • hosohana

    シネマズ公式チャンネル

    教えて goo

    情報提供元:教えて goo