ヴァイオリンの音色が奏でる「宇宙戦艦ヤマト」♪『星巡る方舟』メインテーマ曲にヴァイオリニスト葉加瀬太郎氏 参加決定!

シネマズです!12月6日(土)公開が待ち遠しい、完全新作劇場映画『宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟』メインテーマ曲に世界的ヴァイオリニスト葉加瀬太郎さんの参加が決定!宮川彬良さんとの奇跡のコラボレーションにより、ヤマト40周年を彩る美しき調べが完成いたしました♪

「星巡る方舟」メインテーマ曲に 葉加瀬太郎氏参加決定!:公式サイト・ニュース

葉加瀬太郎さらに!葉加瀬さん自身「子供の頃夢中になっていた♪」と語るヤマトをリスペクトして、自ら音楽総監督を務める音楽レーベル“HATS”のレーベルメイトたちと共に、ヤマトの名曲たちのイメージカバーを収録した「宇宙戦艦ヤマト2199 40th Anniversary ベストトラックイメージアルバム」発売も決定!

葉加瀬さんをはじめ、柏木広樹 さん(Vc )・古澤巌さん(Vn)・西村由紀江さん(Pf)・ウェイウェイ・ウーさん(二胡)・高嶋ちさ子さん(Vn)・鳥山雄司さん(Gt)…等など豪華な演奏アーティストに加え、ゲストとして羽毛田丈史さん(Pf /guest)・鈴木慶江さん(Vo /guest)も参加!

『星巡る方舟』公開直前の12月3日(水)発売となりますので、皆さまお楽しみに♪

葉加瀬太郎さんコメント

初めてこのお話をいただいた時は信じられなかったです。
『歌のイメージが強いこの曲をヴァイオリンで弾くなんて、なんてことを考えるんだろう!』と驚かされましたし、同時に『子供のころに夢中になっていたヤマトのあのメロディーを弾けるんだ』とわくわくしました。
本当に名誉なことだと思うし、この歳になってくると、今までの人生と一つひとつの仕事がリンクしていくし、また、そうなっていかなければと思っているので、本当に嬉しいです。

昔のイメージがありながらも、今でなければできない音をどうしても作りたかったんです。
パッと聞いたらすごく懐かしいけれど、よくよく聞くとすごく刺激的な感じで。だから、ビートも入っているし現代的なリズム感も入っているのですが、宮川彬良さんの重厚さや、ヤマトの世界観も全部ひっくるめて、全てを踏襲するようなものにしました。

ゴージャスなオーケストレーションの中で、一本のヴァイオリンでメロディーを奏でなければならないため、そのオケに太刀打ちできるよう“一音入魂”で挑みました。
また、歌声のイメージが強い曲なので、音階をどう歌詞に結び付けるかというのも本当に大変でした。こんなに大変だった曲もそうないですね(笑)

ヤマト×ガミラス×ガトランティス、それぞれの譲れぬ思いが静謐の星に交錯する!完全新作劇場映画『宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟』は12月6日(土)公開!

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    言語を選択

    私と映画Vol.7 メニコン 田中英成社長
    金曜映画ナビ
    八雲ふみねの What a Fantastics!~映画にまつわるアレコレ~
    能條愛未の「乃木坂週刊映画」
    スペシャル 写真家『早田雄二』が撮影した銀幕の女神たち
    antenna

    人気記事ランキング

    シネマズ公式ライター

    • 夏目幸明
    • 小峰克彦
    • ゆうせい
    • apopo
    • グアリーニ・ レティツィア

    シネマズ公式チャンネル

    教えて goo

    情報提供元:教えて goo