まさに立体と平面の融合!映画のはじまりは松竹120周年記念で始まるロゴに注目!

2015年で創業120年になる松竹。映画は本来、本編を楽しむものでありますが、2015年1月以降に公開される松竹の映画は「オープニング」から注目していきたい要素が盛り込まれました。

松竹のオープニングロゴと聞いてピンとくるロゴといえばこちらでしょうか↓

オープニングロゴ

富士山をモチーフとしたこちらのロゴ。実は、2015年1月から使用されるオープニングロゴは、Web制作会社のチームラボが製作したロゴへと変わります。

慣れ親しんだロゴが見られなくなるのは寂しい気持ちもしますが、新たに作られたロゴの仕上がりも非常に面白いものとなっていました。

一言で表すならばまさに立体と平面の融合。百聞は一見に如かず。発表されているロゴを2種類を紹介します。

最初は立体的な富士山を描いていたのに、時間の経過とともに平面の富士山として浮かび上がるのがお分かりいただけたでしょうか?

1つ目の記念ロゴは松竹の「伝統」「信頼」「高クオリティ」を表現。
2つ目の記念ロゴは「創造性と先進性」を表現しているそうです。

今まで使用してきた富士山のモチーフを継承しつつより創造的に、より先進的に発展した形が今回の記念ロゴです。

1つの絵が徐々に変化し、気づいたら平面に。本編だけでなく、オープンから注目することで、より一層楽しい映画の時間を過ごせるのではないでしょうか。

またこの記事を読んで知った豆知識。一緒に映画館を訪れる人にさりげなく語ってみても良いかもしれませんね。もしかしたら知識人として株があがるかも…!?

映画館に行った際は本編はもちろん、松竹の新オープニングロゴにも注目してみてください。

素敵な時間が皆さまに訪れますように。
おしまい。

(文・あかめ)

    ライタープロフィール

    あかめ

    あかめ

    フリーランスのWebデザイナー兼ブロガー。ブログの9割以上はiPhoneでブログを書く「モブログ」にて更新。いつでもどこでも書けるモブログを普及するため、モブログ講師として活動や本の執筆などを行っています。好きなことはアニメ・食べ歩き・旅行・写真撮り。「楽しいことを見つけたらまずはやってみる」をモットーに、映画×◯◯などオリジナルの視点で情報をお届けします。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    言語を選択

    私と映画Vol.7 メニコン 田中英成社長
    金曜映画ナビ
    八雲ふみねの What a Fantastics!~映画にまつわるアレコレ~
    能條愛未の「乃木坂週刊映画」
    スペシャル 写真家『早田雄二』が撮影した銀幕の女神たち
    antenna

    人気記事ランキング

    シネマズ公式ライター

    • なぎさ
    • 廣田喜昭
    • 茅ヶ崎の竜さん
    • hosohana
    • しましま

    シネマズ公式チャンネル

    教えて goo

    情報提供元:教えて goo