塚本監督:人間はむしろちっぽけな存在―『野火』終戦記念日トークショーレポ

現在公開中の塚本晋也監督最新作・映画『野火』の終戦記念日トークショーが、昨日2015年8月15日に東京・渋谷のユーロスペースにて行われた。

極限状態に陥った人間の心の葛藤を描いた作品『野火』

野火

本作は、『鉄男』『悪夢探偵』などで知られる塚本晋也監督が、大岡昇平氏が1951年に発表した同名小説を映画化、第2次世界大戦中のフィリピンを舞台に、極限状態に陥った人間の心の葛藤を描いた作品。

第2次世界大戦末期のフィリピン・レイテ島に取り残された日本軍の戦いと、肺病のため部隊を追われた1人の兵士の姿を追う。塚本晋也監督自らが、監督と主演、脚本、編集、撮影、製作の6役を務めた意欲作。

野火 塚本晋也監督 森優作

終戦記念日に行われたトークショーでは、塚本晋也監督と、本作で永松役を演じた森優作さんが登壇し、本作にかける思いや撮影秘話などを語った。

野火 塚本晋也監督

冒頭「映画を見終わったばかりの人たちの前に、うっとうしい僕が出てきたら悪いな…」とコメントした塚本晋也監督は「この映画は何十年も前から撮ろうと思っていたんですが、ずっと終戦記念の日に上映できるように思っていたものです。思っていた期間がすごく長かったので、本当にその日が来てしまったのが少し信じられないような考えでございます」と感慨深げに語った。

続けて、森優作さんへはどんなアドバイスをしたのかと聞かれ「森くんにはアドバイスは無かった」とコメント。「ただ、痩せてくださいというのと、日焼けしてくださいというのと、髭を伸ばしてくださいといったんですが、これをやるのが大変なんですね。ダイエットって非常に大変なんで、精神も鋭敏になっていって、兵隊さんの状態にだいぶ近くなっていくんです」と、撮影前に役者陣やスタッフに同様の指示を出したことを語られました。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    言語を選択

    私と映画Vol.7 メニコン 田中英成社長
    金曜映画ナビ
    八雲ふみねの What a Fantastics!~映画にまつわるアレコレ~
    能條愛未の「乃木坂週刊映画」
    スペシャル 写真家『早田雄二』が撮影した銀幕の女神たち
    antenna

    人気記事ランキング

    シネマズ公式ライター

    • グアリーニ・ レティツィア
    • しましま
    • タクスズキ
    • 井上大輔
    • Yamazaki
    • じぇみじぇみ子

    シネマズ公式チャンネル

    教えて goo

    情報提供元:教えて goo