銭湯で体ぽかぽか×川柳で心ぽかぽか?『の・ようなもの のようなもの』キャンペーン

2016年1月16日(土)より全国公開の35年ぶりの続編『の・ようなもの のようなもの』では、落語家の兄弟子・志ん魚(伊藤克信)と志ん田(松山ケンイチ)の銭湯シーンにちなんで、11月10日から2016年1月16日までの期間、全国浴場組合とコラボレーションした<大きな湯船で体ぽかぽか、人情話で心もほっこり>銭湯川柳キャンペーンを実施する。
の・ようなもの銭湯

銭湯と川柳で心も体もあったまる

全国5,267店舗の銭湯でポスターが掲出され、この冬、「あたたまる」をテーマにした川柳を、映画公式サイトのキャンペーンページへ投稿すると、抽選で豪華景品が当たる。
の・ようなもの

【STORY】
マジメすぎる落語家“のようなもの”出船亭志しん田(松山ケンイチ)。師匠の自宅に住み込み修行中だが、全然パッとしない。同居している師匠の娘、夕美に秘かな想いを寄せているが、いつもイジられっぱなし。ある日、志ん田は師匠から、昔この一門にいた兄弟子・志ん魚(伊藤克信)を一門会に復帰させるため探し出すように命じられる。
しかし、ようやく見つけ出した志ん魚は、もう二度と落語はやらないと誓い、のんびりと暮らしていた。彼の心を動かすべく、師匠の命令で真逆の2人の共同生活が始まる。志ん田は、のん気に暮らしながらも、自分らしく、楽しく生きる志ん魚の姿に、自分の中に足りない何かを見つける。
一方の志ん魚も、不器用ながらもまっすぐな志ん田の姿に昔の自分を重ね、忘れかけていた落語への愛を思い出すようになっていた。果たして志ん田は落語も恋も最高の“オチ”を見せることができるのか?

『の・ようなもの のようなもの』は2016年1月16日(土)全国ロードショー!
公式サイト http://no-younamono.jp

(C)2016「の・ようなもの のようなもの」製作委員会

関連記事

『の・ようなもの のようなもの』 ワールドプレミア舞台挨拶
松山ケンイチが落語を披露!映画『の・ようなもの のようなもの』予告解禁
シネマ歌舞伎「月イチ川柳コンテスト」入選作品発表♪
日本映画史を体現する名優・仲代達矢の 最新主演時代劇『果し合い』が1週間限定上映!

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    言語を選択

    私と映画Vol.7 メニコン 田中英成社長
    金曜映画ナビ
    八雲ふみねの What a Fantastics!~映画にまつわるアレコレ~
    能條愛未の「乃木坂週刊映画」
    スペシャル 写真家『早田雄二』が撮影した銀幕の女神たち
    antenna

    人気記事ランキング

    シネマズ公式ライター

    • 川口裕樹
    • ながち
    • 猫ライター(コロン)
    • 茅ヶ崎の竜さん
    • firstserver
    • 岡部照将

    シネマズ公式チャンネル

    教えて goo

    情報提供元:教えて goo