『パディントン』英国アカデミーチルドレンアワード 長編映画部門を受賞!

2016年1月15日より全国公開される映画『パディントン』が、第20回英国アカデミーチルドレンアワードの長編映画部門を受賞した。

パディントン

本作は、全世界で売り上げ3500万部を誇る英作家マイケル・ボンドのロングセラー児童小説の実写版。南米ペルーのジャングルから英ロンドンのパディントン駅にやってきた、小さな紳士(クマ)が、ブラウン一家に出会い、パディントンと名づけられて、共に暮しながら巻き起こる冒険を描いた。

今回、見事受賞した英国アカデミーチルドレンアワードの長編映画部門は、過去に『ウォーリー』や『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』などが受賞している。第20回となる今回受賞したのが本作。他にノミネートされていた『ベイマックス』『インサイド・ヘッド』『ひつじのショーン』を抑えての快挙だ。

監督・脚本を務めたのは、『マットとデヴィッド ボクたち空港なう。』(2010)で、英国アカデミー賞にノミネートされたポール・キング。授賞式のスピーチでは、「PIXAR作品を抑えて受賞するというのは驚いているけど、とても嬉しいです。とても長い道のりでしたがその価値がありました。」と喜びを語る。製作総指揮のひとりであるロージー・アリソンは「この映画製作には、10年間という長い年月がかかった。しかし、この映画の成功は、ここにいる素晴らしい、監督で脚本家のポールと一緒に作れたことだと思う。」とコメントした。

制作を務めたのは「ハリー・ポッター」シリーズや『ゼロ・グラビティ』を手掛けた、デビッド・ヘイマン。パディントンの声を『007 スカイフォール』のベン・ウィショーが担当し、ニコール・キッドマン、ヒュー・ボネビル、サリー・ホーキンス、ジュリー・ウォルターズ、ジム・ブロードベントらが声の共演を果たしている。日本語吹き替え版では、パディントンを松坂桃李、その他、木村佳乃、古田新太、斉藤由貴、三戸なつめらの豪華声優陣にも注目したい。

笑いと感動の涙が詰まったハートウォーミングムービー、映画『パディントン』は2016年1月15日(金)全国ロードショー。

パディントン

公式サイト http://paddington-movie.jp

(C)2014 STUDIOCANAL S.A. TF1 FILMS PRODUCTION S.A.S Paddington Bear™,Paddington™ AND PB™ are trademarks of Paddington and Company Limited

関連記事

映画『パディントン』松坂桃李に続き豪華俳優陣が日本語吹き替え声優に参戦!
AI「ハピネス」が映画『パディントン』イメージソングに決定!
松坂桃李がパディントンにメロメロ!映画『パディントン』アフレコ会見リポート
3DCGと人形アニメの融合で奥深く描かれる アニメ映画『リトル・プリンス 星の王子さまと私』

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    言語を選択

    私と映画Vol.7 メニコン 田中英成社長
    金曜映画ナビ
    八雲ふみねの What a Fantastics!~映画にまつわるアレコレ~
    能條愛未の「乃木坂週刊映画」
    スペシャル 写真家『早田雄二』が撮影した銀幕の女神たち
    antenna

    人気記事ランキング

    シネマズ公式ライター

    • apopo
    • kamito努
    • 斉藤守彦
    • 柳下修平
    • タクスズキ
    • 岡部照将

    シネマズ公式チャンネル

    教えて goo

    情報提供元:教えて goo