「ひとりぼっちでは怖かった…」映画『ソロモンの偽証 後篇・裁判』初日舞台挨拶

宮部みゆきさんの最高傑作のミステリーを成島出監督のメガホンで映画化した話題作・映画『ソロモンの偽証』。2015年3月7日に公開された『前篇・事件』から待つこと約1ヶ月、昨日2015年4月11日に物語の完結編となる『後篇・裁判』が公開となりました。

ソロモンの偽証 後篇・裁判 初日舞台挨拶

公開初日を迎え、上映映画館のひとつである新宿ピカデリーでは、主演の藤野涼子さんをはじめとした、出演キャストのみなさんと、成島出監督による舞台挨拶が行われました。

冒頭登壇者それぞれから挨拶がおこなわれ、主人公・藤野涼子役を演じた藤野涼子さんは

ソロモンの偽証 後篇・裁判 初日舞台挨拶 藤野涼子

「前篇でモヤモヤしたところを、後篇を観ていただきスッキリしたことと思います。今日はすごく緊張しているのですが、たくさん話をしたいと思います」と挨拶。

ソロモンの偽証 後篇・裁判 初日舞台挨拶 板垣瑞生

続いて、神原和彦役・板垣瑞生さんは「僕らの全てが詰まった映画なので、これだけの大勢のみなさんに観ていただけて嬉しい」とコメント。

ソロモンの偽証 後篇・裁判 初日舞台挨拶 石井杏奈

三宅樹理役・石井杏奈さんは「今日から後篇が公開となって、私達にとって集大成であると同時にスタートでもあると思っています。これからこの作品がたくさんの方の中で一生残り続ける作品になることを願っています」と熱い思いを述べられました。

ソロモンの偽証 後篇・裁判 初日舞台挨拶 清水尋也

大出俊次役・清水尋也さんは後篇を見終えた観客に向けて「今までのモヤモヤが解消されて、これから清々しい日々を送ってもらえればと思います」とコメントされ、「舞台挨拶が今日で最後ということで寂しい気もします」と、最後となる舞台挨拶への思いを語られました。

ソロモンの偽証 後篇・裁判 初日舞台挨拶 富田望生

浅井松子役・富田望生さんは「初日を無事に迎えられて、とてもさびしい気持ちと、とても緊張をしています」とコメント。

ソロモンの偽証 後篇・裁判 初日舞台挨拶 前田航基

野田健一役・前田航基さんは「前篇公開から後篇の公開までの約1ヶ月間、僕の中では人生で一番長い1ヶ月だと言っても過言ではないほど長かったです」と、最後の舞台挨拶となるこの日までの気持ちを、晴れやかな表情で語られました。

ソロモンの偽証 後篇・裁判 初日舞台挨拶 望月歩

事件の始まりとなる命を落とした中学生・柏木卓也役を演じた望月歩さんは「後篇を観て、命の大切さを考えていただけたら嬉しく思います」と、物語の大きなテーマのひとつである命の尊さについて観客のみなさんへ思いを伝えました。

ソロモンの偽証 後篇・裁判 初日舞台挨拶 佐々木蔵之介

藤野涼子の父親・藤野剛役を演じた佐々木蔵之介さんは、「この子たちが全身全霊で役と向き合った映画が、初日の今日これだけたくさんの方に観ていただいて、親心として嬉しい」と、役者の先輩として、また親役として、中学生キャストに寄り添ってきた気持ちを語られました。

ソロモンの偽証 後篇・裁判 初日舞台挨拶 夏川結衣

藤野涼子の母親・藤野邦子役を演じた夏川結衣さんは「今日観られた方は、まだ観ていらっしゃらない人と一緒に二度三度と観て、物語について話し合ってほしい」と、作品にかける思いをコメント。

ソロモンの偽証 後篇・裁判 初日舞台挨拶 成島出監督

メガホンをとった成島出監督は「みなさんにお詫びとお礼を心から言いたい。僕は本当は前後篇というパターンは賛成派ではないんです。しかし、原作を元にプロットを作った時に10時間になりました。それでどうしても前後篇にせざるを得なく、とても苦しかった。こうしてたくさんの方が後篇を観に来てくださり、本当に感無量で胸がいっぱいです」と、悩み苦しんだ思いと、そして詰めかけた観客への感謝の意を述べられました。

中学生キャストへサプライズでの卒業証書授与

登壇者全員の挨拶が終了したところで、場内には『仰げば尊し』が流れ、中学生キャストにサプライズでの卒業証書授与式が行われました。卒業証書を中学生キャスト1人1人に手渡しながら、成島出監督からそれぞれに餞の言葉が寄せられました。

ソロモンの偽証 後篇・裁判 初日舞台挨拶 卒業証書 藤野涼子

(以下、成島出監督からのコメント)

ソロモンの偽証 後篇・裁判 初日舞台挨拶 卒業証書 藤野涼子

(藤野涼子さんへ)「本当に最初オーディションの時、全く芝居が出来なくて隅っこでいつも泣いてたこの子が、今日みなさんに観ていただいた通り、本当に頑張ってもらいました。これから、役名と同じこの名前をしょっていくことは本当に大変だと思いますが、焦らずに大きく羽ばたいて欲しいと思います。本当に殻から出て、大空へ羽ばたいてくれました。ありがとう」

ソロモンの偽証 後篇・裁判 初日舞台挨拶 卒業証書 板垣瑞生

(板垣瑞生さんへ)「涼子と同じで、初めこの2人がお芝居は最低でした。でも、この真っ直ぐな心で、大変な役を最後まで演じ切ってくれました。それは本当に大変で苦しい芝居だったと思います。最後までやりきってくれてありがとう」

ソロモンの偽証 後篇・裁判 初日舞台挨拶 卒業証書 清水智也

(清水尋也さんへ)「清水は本当はとても優しい子なんです。人を殴ったことがないから、役作りのために人を殴らせにキックボクシングジムへ行ったほど。本当にいい子だから、いつもイライラさせるために僕はキツイことばかり言って、多分一番褒めなかったと思う。いつもムカついた状況にしなくちゃいけなかったから、そうしてきました。そんな中本当に頑張ってくれて、ありがとう」

ソロモンの偽証 後篇・裁判 初日舞台挨拶 卒業証書 前田航基

(前田航基さんへ)「本当に明るくて、いつもギャグを飛ばしながら、現場を引っ張ってくれた。みんなが落ち込むときも、みんなを笑わしてくれて場を盛り上げてくれた。演じた役は映画では、原作に描かれていた重要な部分を削ったため、羽根をもがれたようなものだった。それでも、最後まで投げずに本当によく頑張ってくれました。ありがとう」

ソロモンの偽証 後篇・裁判 初日舞台挨拶 卒業証書 望月歩

(望月歩さんへ)「後篇で演じた、屋上での撮影では、彼は記憶がなくなったんです。そのくらい役に集中していた。演じた柏木卓也がなぜ深い闇に落ちたのか、原作でも映画でも最後まで描かれず分からないという難しい役でした。それを見事に演じきってくれた。撮影期間中に身長が10cmくらい伸びて、画がつながらないのは困りましたが(笑)これからも身長だけでなく、俳優として人間として大きく伸びてもらえればと思います。ありがとう」

ソロモンの偽証 後篇・裁判 初日舞台挨拶 卒業証書 富田望生

(富田望生さんへ)「本人と演じた松子のキャラクターが本当に一致していた。福島の原発事故で、故郷のいわき市から出てこなくてはならなく、東京でひとりぼっちで心細かったと思います。けれど、この映画に出て素敵な仲間がたくさんできて、一生の友だちが出来て、よかったなと思います。これからも頑張ってください。ありがとう」

ソロモンの偽証 後篇・裁判 初日舞台挨拶 卒業証書 石井杏奈

(石井杏奈さんへ)「実際の本人のキャラクターとのギャップを見事に演じた。所属するE-gilrsのツアーも休んで、この映画にかけてくれて、見事に樹理をやりきってくれました。本当に感謝しています。お母さん役の永作博美さんは、同じ年頃の頃から活動し、今日本を代表する女優になっている。石井もそうなれるように願っています。ありがとう」

ソロモンの偽証 後篇・裁判 初日舞台挨拶 卒業証書 石井杏奈

それぞれが涙を浮かべながらの卒業証書授与に会場からは割れんばかりの拍手に包まれました。

そして、さらなる涙のサプライズが…

卒業証書授与のあと、今度は藤野涼子の両親役である、佐々木蔵之介さん、夏川結衣さんのお2人から、藤野涼子さんへ花束贈呈が行われました。さらなるサプライズに藤野涼子さんは思わず涙を流す場面も見られました。

ソロモンの偽証 後篇・裁判 初日舞台挨拶 卒業証書 藤野涼子

ソロモンの偽証 後篇・裁判 初日舞台挨拶 卒業証書 藤野涼子

佐々木蔵之介さんは「こうやってお父さんと娘として会えるのは最後なので、すごく寂しい。けれどすごく誇りに思っています。映画の撮影がはじまった時に、映画の中で泣いている以上に現場ではすごく悔し涙を流し泣いてたけど、涼子がこの組をひっぱっていってくれた。どんな時も君が笑顔で最後に「おつかれさま」と言ってくれて、本当にみんなの支えになった。今日で親子は終わりだけど、涼子がその名前を芸名として選んでくれて、これから先も涼子と呼べるし、違う現場でも涼子と呼びながら仕事が出来ることを楽しみにしています」と、側で見守っていた存在としての特別な思いを語られました。

夏川結衣さんは「私も涼子とこれからも呼べることを嬉しく思います。現場で本当につらかったこと、一生懸命やっていた姿を横でみていたから、本当に誇りに思います。よくがんばりましたね」と、感無量な表情を浮かべ、藤野涼子さんに寄り添われました。

ソロモンの偽証 後篇・裁判 初日舞台挨拶 卒業証書 藤野涼子

花束を受け取った藤野涼子さんは「この舞台挨拶で、みなさんと別れること、お父さんとお母さんと離れてしまうことは、とても寂しく思いますが、これからも頑張っていこうと思います」と、途中言葉を詰まらせながら、しっかりとした決意を述べられました。

成島出監督「ひとりぼっちでは怖かった」

ソロモンの偽証 後篇・裁判 初日舞台挨拶 成島出

フォトセッションの後、最後の挨拶で成島出監督は「この前ある新聞を見たら『安全第一の日本映画界で、高速道路を逆行するような企画である』と書いてくれていたのを拝見しました。それは我々にとって最高の褒め言葉だと思っています。前後編という挑戦、ファーストローリングから無名の新人たちという、今の日本映画界の中でこの無茶をやりました。この物語と同じように、ひとりぼっちでは怖かったですが、大勢の全スタッフ、全キャストの仲間がいて、本当に全員が全力を尽くしてくれて、今日のこのゴールまで来ることができました。映画を観て、この子たちのがんばりを気に入ってくれたらなら、これからも応援してください。本当に今日はありがとうございました」と、満員の観客席へ向けて感謝の気持ちを述べられました。

ソロモンの偽証 後篇・裁判 初日舞台挨拶 藤野涼子

そして主演の藤野涼子さんは「さきほど『ソロモンの偽証』を卒業してしまったこと、公開とともに寂しいなという気持ちもあるのですが、これだけたくさんの方が後篇をみたいと思って来てくれて、本当に嬉しく思っています。私がいろんなことにおいて成長できたのは、周りにいてくれたスタッフさんや監督など、いろんな方のおかげだと思います。今日はありがとうございました」と、舞台挨拶を締めくくりました。

ソロモンの偽証 後篇・裁判 初日舞台挨拶 藤野涼子

1万人という前代未聞のオーディション、実現不可能と言われた宮部みゆきさんの長編作の映画化など、様々な挑戦で挑んだ本作。『前篇・事件』公開後から、多くの人が感じたモヤモヤが、いよいよ晴れる『後篇・裁判』の公開となりました。成島出監督が、作品で伝えたかった「生きろ!」というメッセージ、そしてエンディングで迎える見事なまでの爽快感。『前篇・事件』を見逃しの方は、まだ上映中の映画館も多数ありますので、そちらを観ていただき、そして『後篇・裁判』を全身で体感されてください。

ソロモンの偽証 後篇・裁判 初日舞台挨拶

映画『ソロモンの偽証』オフィシャルサイト

(文・写真/常時系)

関連リンク

生きろ!と伝えたい―映画『ソロモンの偽証』シネマズ独占インタビュー
「無理だ…」成島監督2人への思いを語る『ソロモンの偽証 後篇・裁判』先行上映会
後篇・裁判を一足お先に。『ソロモンの偽証』前後篇イッキ魅プレミア上映会レポ
「全員がチャレンジだった…」映画『ソロモンの偽証』ティーチイン試写会レポ
5千人の熱気を前に舞台挨拶『ソロモンの偽証・前篇』完成披露試写会レポ

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    言語を選択

    私と映画Vol.7 メニコン 田中英成社長
    金曜映画ナビ
    八雲ふみねの What a Fantastics!~映画にまつわるアレコレ~
    能條愛未の「乃木坂週刊映画」
    スペシャル 写真家『早田雄二』が撮影した銀幕の女神たち
    antenna

    人気記事ランキング

    シネマズ公式ライター

    • 片平圭亮
    • 黒宮丈治
    • 中村真実
    • 夏目幸明
    • 村松健太郎

    シネマズ公式チャンネル

    教えて goo

    情報提供元:教えて goo