堤幸彦:正しいやり方ではないが…映画『天空の蜂』完成報告会見・書き起し

2015年9月12日(土)より公開となる映画『天空の蜂』の完成報告会見が昨日6月22日に都内で行われ、主要キャストと堤幸彦監督が登壇しました。

映画『天空の蜂』は、東野圭吾が1995年に発表した小説が原作。最新鋭にして日本最大の巨大ヘリコプターを乗っ取り、原子力発電所の真上にホバリングさせるという史上最悪の”原発テロ”と、この究極の危機に立ち向かう人々を描いた物語。

今回は会見の内容をそのままに書き起こしをお届けいたします。

映画『天空の蜂』完成報告会見・書き起こし

天空の蜂 完成報告会見

MC:それでは、監督、キャストの皆さま、ご挨拶をお願いいたします。

巨大ヘリ・ビッグBの設計士、ヘリ墜落を阻止すべく奔走する主人公・湯原一彰役、江口洋介さん(以下、江口さん):とても危機感のある映画に仕上がりました。冒頭13分をご覧いただきましたが、これから面白くなるところです。最高の作品が出来上がりましたので、ぜひご覧いただければと思います。

湯原の同期で、狙われた原発「新陽」の設計士・三島幸一役、本木雅弘さん(以下、本木さん):驚きに満ちている作品です。予言の書である原作が600ページにも及ぶ内容であるにもかかわらず、2時間にまとめ上げた脚本家・楠野さんの凄さ。そして、難しい題材でありながら、しっかりとエンターテイメントに仕上げている堤監督、CGチームの努力の素晴らしさ、全てが合わさっています!
また、仲間さんの独身時代、最後の相手を演じさせていただきました。(笑)ぜひ多くの方々に観ていただかなくてはならない作品だと思っております。

ビッグBと原発「新陽」を設計した錦重工業の総務課員、三島の恋人・赤嶺淳子役、仲間由紀恵さん(以下、仲間さん):実は3日程の撮影だったので、この場に立たせていただいていいのか、心配ではありましたが、もっと短い方(綾野剛さん)がいらっしゃいました(笑)本当に一人でも多くの方にご覧いただきたいと思っています。

巨大ヘリ・ビッグBを奪った謎の男・雑賀勲役、綾野剛さん(以下、綾野さん):この日を迎えられて光栄です。この作品に参加できて、誇りに思っています。少しでも皆様に届けられるよう精一杯努めたいと思います。

堤幸彦監督(以下、監督):本当にキャスト・スタッフが全力でみたことのない作品を作ろうと一丸となって取り組みました。原作を拝見した時、未来への先見の明に驚きましたが、本作も息の詰まるような仕上がりになっております!

MC:ありがとうございます。それでは、これより質疑応答に移りますが、その前に原作者である東野圭吾先生より、映画をご覧になってのコメントが届いておりますので、読ませて頂きます。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    言語を選択

    私と映画Vol.7 メニコン 田中英成社長
    金曜映画ナビ
    八雲ふみねの What a Fantastics!~映画にまつわるアレコレ~
    能條愛未の「乃木坂週刊映画」
    スペシャル 写真家『早田雄二』が撮影した銀幕の女神たち
    antenna

    人気記事ランキング

    シネマズ公式ライター

    • 石原弘之
    • 田下愛
    • 東京散歩ぽ
    • グアリーニ・ レティツィア
    • 猫ライター(コロン)
    • とみだ嬢

    シネマズ公式チャンネル

    教えて goo

    情報提供元:教えて goo