秦基博が永瀬匡を抱きしめたくなった理由とは?『天空の蜂』主題歌「Q&A」発売記念イベント

映画『天空の蜂』の主題歌『Q&A』発売日の2015年9月9日(水)、ユナイテッドシネマ豊洲併設のカフェ&バーBREATHEにて、同楽曲の発売記念イベントが開催されました。

登壇したのは、主題歌アーティストの秦基博さんと、劇中で航空自衛官を演じた永瀬匡さん。
会場には、多数の応募の中、抽選で選ばれた幸運な40人のファンが集まりました。

天空の蜂 秦基博 永瀬匡

会うのは完成披露試写会以来というふたり。

その時には秦さんから永瀬さんの楽屋に挨拶に行ったそうで、「本当は僕から行かなきゃいけなかったのに」と恐縮した様子の永瀬さんは「テンパって、好きです。って言っちゃいました。僕、カラオケに行くと絶対に秦さんの曲を歌うんです」と、実はファンだと告白します。

しかも選曲がなかなかマニアックだったようで、「最近の曲はあんまり知らないんですけど…」と更に恐縮して言う永瀬さんに「“鱗”知ってくれてるだけで十分ですよ!」と秦さん。

「でも、それを言っちゃうとファンの方からのハードルが上がっちゃうんじゃないですか。歌ウマか!?って。今日どこかで隙をみて歌うつもりですよね?」とMCが煽ると、永瀬さんは「本人の前でできる訳ないじゃないですか! 登場しちゃってるんですよ、ご本人!」と焦った姿を見せ、客席からは笑いが起こっていました。

ムチャ振りで永瀬さんが歌声を披露

天空の蜂 秦基博 永瀬匡

完成披露舞台挨拶の時に、江口洋介さんをはじめとするキャストも興味を示していたという主題歌作成の裏側について尋ねられると秦さんは「楽曲製作過程の途中のプロセスで曲を書くことは多いんですけど、完成したものを観て書くのは初めてでした。作品を観終わった後の余韻とか何を思ったかというものがダイレクトに自分の中にあるのでやりやすかったです」と回答し。

また、「スリリングさとかスケールの大きさ、登場人物たちの力強さがイメージとして飛び込んできたので、それが「Q&A」のサウンド感につながってきましたね」と話していました。

一方、「Q&A」の感想を求められた永瀬さんは「個人的な感想なんですが、舞台挨拶とかで登場するとき、いきなりサビが流れてそこからステージに出て行くのがすごく気持ちよくて」と、出演者ならではのコメントを。
するとMCが「どんなサビが歌ってもらってもいいですか?」と永瀬さんが歌う流れをムチャ振りします。
戸惑いながら、「愛して 愛して」とサビの歌いだしを歌った永瀬さんへ会場から拍手が起こりますが、「今、試写会よりも緊張してますよ」という永瀬さん。

そんな永瀬さんを見ていた秦さんは「抱きしめそうになりました。“もういいよ、もういいよ”って」と、優しさをのぞかせます。

MVに秦さんの双子が登場?

天空の蜂 秦基博 永瀬匡

「秦さんの楽曲というと「ひまわりの約束」とか「水彩の月」とかバラードのイメージが多いと思うんですけど、今回はテイストが違って「おぉ!?」っていう感じですよね。しかも映画のイメージからするともっと重いワードでタイトルをつけることもできたと思うんですが、『Q&A』というのはポップな印象でした」とMC。

秦さんは「社会的なメッセージを持っている『天空の蜂』という映画に対して自分はどんな歌を歌えるんだろうと考えたときに、根源的な人間の持つ矛盾や業を描きたかったけど、シリアスに寄りすぎると聴く人が音楽として楽しめないんじゃないかな、と疑問に思ったんです。なので自分はポップスとして、その楽曲を最終的にどう表現できるかっていうことを意識しました。そういうところが『Q&A』っていうタイトルの響きとか選んだ言葉のバランスみたいなものにつながったのかな。作品自体、これだけのテーマを扱っていながらエンターテイメントとして興奮出来る映画なので、そういうところを楽曲とリンクさせて考えていたのかなって思います」とタイトル、そして作詞の際に考えていたことを話していました。

    ライタープロフィール

    大谷和美

    大谷和美

    高校2年の時に観た「バトルロワイアルⅡ」に衝撃を受け、映画の道を志すも、縁あって雑誌編集者に。特撮誌、若手俳優グラビア誌等の編集・ライター、WEB編集者を経て、現在はフリーランスで活動中。人間の感情や社会の闇を描いた邦画が好きで、気づけばR指定のDVDばかり借りていることも。一方、元々好きだったライダー・戦隊などの特撮作品やコメディ映画も好んで観ます。他、元上司のバカタール加藤が主催するニコ生番組「崖の上の生放送」に準レギュラーで出演中。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    言語を選択

    私と映画Vol.7 メニコン 田中英成社長
    金曜映画ナビ
    八雲ふみねの What a Fantastics!~映画にまつわるアレコレ~
    能條愛未の「乃木坂週刊映画」
    スペシャル 写真家『早田雄二』が撮影した銀幕の女神たち
    antenna

    人気記事ランキング

    シネマズ公式ライター

    • 宮本和彦
    • 桜井
    • 柳下修平
    • 廣田喜昭
    • 染谷 昌利
    • つちや ゆみえ

    シネマズ公式チャンネル

    教えて goo

    情報提供元:教えて goo