『天空の蜂』江口洋介&堤幸彦監督レッドカーペット登場!

2015年9月12日(土)より公開のクライシス・サスペンス超大作『天空の蜂』の公開を記念して、8月30日にイオンシネマ福島にて「天空の蜂」東北プレミアが開催された。
_DSC0334★

雨の中、500人を超える大歓声!

雨の中、一目見ようと集まった数百名以上の 観客の皆さんを前に、江口洋介さん、堤幸彦監督がレッドカーペットへ登場。会場には、500人を超える現地のお客様が殺到し、お二人がカーペットを歩き始めるとともに、大きな声援が湧き起こった。
_DSC0317★
「皆さんこれからご覧になるんですよね?」と江口洋介。「これは僕も今まで経験したことのないスーパーアクション映画になっています。それでいながら、社会的な要素もあり、目にも声にも刺さる作品となっていますので、大きいスクリーンで楽しんでください!」と 力強い一言を伝えた。
堤幸彦監督からは、「素晴らしい作品がで きたと自負しております。スタッフとキャストの総力をもって作り上げました。東野圭吾さん 原作であり、考えさせられるテーマも含んでおりますが、ビックBというハラハラするヘリコプターも出てきますので、ぜひ劇場で堪能してください」と熱いメッセージが語られた。

映画『天空の蜂』は9月12日(土)より全国公開!

【ストーリー】
1995年8月8日。最新鋭の超巨大ヘリ《ビッグB》が、突然動き出し、子供を一人乗せたまま、福井県にある原子力発電所「新陽」の真上に静止した!遠隔操縦によるハイジャックという驚愕の手口を使った犯人は〈天空の蜂〉と名乗り、“全国すべての原発の破棄”を要求。従わなければ、大量の爆発物を搭載したヘリを原子炉に墜落させると宣言する。 機内の子供の父親であり《ビッグB》を開発したヘリ設計士・湯原(江口洋介)と、原子力発電所の設計士・三島(本木雅弘)は、上空に取り残された子供の救出と、日本消滅の危機を止めるべく奔走するが、政府は原発破棄を回避しようとする。燃料が尽きてヘリが墜落するまで、残された時間はたった8時間――姿の見えない敵との緊迫の攻防戦が始まった。

公式サイト http://tenkunohachi.jp/

(C)2015「天空の蜂」製作委員会

関連記事

『天空の蜂』超巨大ヘリ・ビッグBが目を覚ます!緊迫感あふれる特別映像到着!!
仮面ライダーファンなら『天空の蜂』を刮目せよ!
『天空の蜂』×天下一品どんぶりちょうだいキャンペーン!
堤監督が江口にトム・クルーズを連発!『天空の蜂』完成披露舞台挨拶

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    言語を選択

    私と映画Vol.7 メニコン 田中英成社長
    金曜映画ナビ
    八雲ふみねの What a Fantastics!~映画にまつわるアレコレ~
    能條愛未の「乃木坂週刊映画」
    スペシャル 写真家『早田雄二』が撮影した銀幕の女神たち
    antenna

    人気記事ランキング

    シネマズ公式ライター

    • 大川竜弥
    • 中村真実
    • 92aki
    • 茅ヶ崎の竜さん
    • 片平圭亮
    • kamito努

    シネマズ公式チャンネル

    教えて goo

    情報提供元:教えて goo