野田「それだけで救いになる…」映画『トイレのピエタ』仙台舞台挨拶

現在公開中のRADWIMPS・野田洋次郎主演『トイレのピエタ』。先日2015年6月13日に、東北で唯一公開中のMOVIX仙台で舞台挨拶が行われ、主演の野田洋次郎と松永大司監督が登壇した。

8都道府県をめぐる『トイレのピエタ』舞台挨拶

公開初日の東京を皮切りに全国8都道府県で行われた、映画『トイレのピエタ』の舞台挨拶。その締めくくりとして、MOVIX仙台での舞台挨拶となった。

登壇した主演の野田洋次郎と松永大司監督は、2年前のふたりの出会いを振り返りながら、集まった観客の前で映画にかける想いを熱く語った。

トイレのピエタ MOVIX仙台 舞台挨拶

松永大司監督は「10年以上前にこのアイデアに出会って具体的に走り出したのが2011年の4月です。僕にとって2011年の出来事(震災)はとても大きくて、直接的には『トイレのピエタ』と震災は関係ないんですが、あの出来事があってこの映画を作りたいと強く願いました。そしてあの出来事があって、杉咲花演じるヒロイン真衣の役が生まれました。それがこういう形でこういう場所(仙台)で皆さんに見て頂けるのはとても感慨深いです。」と、東北大震災が本作を作る上で大きな影響をあたえたことを明かした。

トイレのピエタ MOVIX仙台 舞台挨拶

また、主演の野田洋次郎は「この映画は優しい映画ではなくて、もしかしたら届かない人がいるかもしれません。100人が見て100人に届く映画ではありません。だけど俺はそういう映画があってもいいと思っています。優しいことばっかりじゃないこの世界で、こんなにのたうち回って生きている人は俺だけじゃないんだって、まだ何処かにいるんだって思えると、それだけで救いになるし、この映画があなたにとってそういう映画になってくれればいいなって思っています。もしこの映画を気に入ってもらえたら皆さんの大事な人にも届けて欲しいです」と、本作にこめた思いを熱く語った。

トイレのピエタ

主演・野田洋次郎、そして松永大司監督の熱き想いがこめられた映画『トイレのピエタ』。まだご覧になっていない方はぜひ劇場でご覧ください。

関連リンク

「人魚になりたかった」、「この身体すべてを燃やし尽くしたい」トイレのピエタ完成初日舞台挨拶書き起こし!
松永監督“杉咲花の一番いい瞬間を撮れた”『トイレのピエタ』公開前夜祭トークショー
読み物としてもアートとしても最高!パンフレット版『トイレのピエタ』の歩き方
RADWIMPS 野田洋次郎がすべて英語で!『トイレのピエタ』日本外国特派員協会での記者会見レポート
「感想をシェアして完結する映画」…笑って泣ける感動作『トイレのピエタ』を観た感想を松永監督に伝えてみた

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    言語を選択

    私と映画Vol.7 メニコン 田中英成社長
    金曜映画ナビ
    八雲ふみねの What a Fantastics!~映画にまつわるアレコレ~
    能條愛未の「乃木坂週刊映画」
    スペシャル 写真家『早田雄二』が撮影した銀幕の女神たち
    antenna

    人気記事ランキング

    シネマズ公式ライター

    • 藤井隆史
    • 川口裕樹
    • 滝口アキラ
    • あかめ
    • とみだ嬢
    • apopo

    シネマズ公式チャンネル

    教えて goo

    情報提供元:教えて goo