ジャニーズWEST・重岡大毅が嫌〜なヤツに―阿部サダヲの息子役で出演

阿部サダヲ主演、映画『殿、利息でござる!』に、ジャニーズWEST・重岡大毅が出演していることが明らかとなった。重岡大毅は、主人公・穀田屋十三郎の息子・音右衛門を演じる。

実話を元に豪華キャストで描く話題作!

殿、利息でござる!

映画『殿、利息でござる!』は、2010年に映画化された『武士の家計簿』などの著作で知られ“平成の司馬遼太郎”との呼び声も高い磯田道史氏の近著「無私の日本人」の一編「穀田屋十三郎」を映画化。『ゴールデンスランバー』『白ゆき姫殺人事件』『予告犯』、さらに2016年1月には『残穢【ざんえ】-住んではいけない部屋‐』の公開を控える、今最も注目を集める中村義洋監督が初の時代劇映画に挑む。

実在した穀田屋十三郎ら庶民9人が、藩にまとまった金を貸し、毎年の利子を全住民に配る“宿場救済計画”を立て、奔走する姿を描く実話が元になっている作品だ。

殿、利息でござる!

造り酒屋を営むかたわら、宿場町の行く末を心から憂える主人公・穀田屋十三郎を阿部サダヲが、町一番の知恵者である茶師・菅原屋篤平治を瑛太が、そして十三郎の弟で、吉岡宿一の大店・造り酒屋の浅野屋の主・浅野屋甚内を妻夫木聡、さらに竹内結子、寺脇康文、きたろう、千葉雄大、橋本一郎、中本賢、西村雅彦、松田龍平、草笛光子、山﨑努と、錚々たる顔ぶれも話題となっている。

殿、子息は重岡大毅でござる!

そして今回、ジャニーズWEST・重岡大毅が、主人公・十三郎の息子・穀田屋音右衛門(こくだや・おとえもん)を演じていることが明らかとなった。幼い頃に母を亡くし、父(阿部サダヲ)と妹・加世(AKB48・岩田華怜)との3人暮らしの中、家業の造り酒屋を支えてきたしっかり者で、家のことよりも宿場町を救いたいと私財を投げ打つ父に、激しく反発する息子を演じる。

重岡大毅にとって時代劇映画への出演は『関西ジャニーズJr.の京都太秦行進曲!』『忍ジャニ参上!未来への戦い』に続いて本作が3作目となる。

情報解禁にあわせて、重岡大毅ならびに、中村義洋監督、池田史嗣プロデューサーからの声も届いた。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    言語を選択

    私と映画Vol.7 メニコン 田中英成社長
    金曜映画ナビ
    八雲ふみねの What a Fantastics!~映画にまつわるアレコレ~
    能條愛未の「乃木坂週刊映画」
    スペシャル 写真家『早田雄二』が撮影した銀幕の女神たち
    antenna

    人気記事ランキング

    シネマズ公式ライター

    • ながち
    • 井上大輔
    • 藤井隆史
    • 星井 七億
    • 奥野 大児

    シネマズ公式チャンネル

    教えて goo

    情報提供元:教えて goo