みーおん(向井地美音)が赤面!『存在する理由 DOCUMENTARY of AKB48』舞台挨拶レポ

1

2016年6月30日にプレミア上映会が行われたAKB48のドキュメンタリー映画作品第5弾『存在する理由 DOCUMENTARY of AKB48』。

今回は舞台挨拶に登壇した向井地美音(みーおん)にフォーカスを当ててレポートしたいと思います。

2

まず、作品を観てどうだったかと感想を聞かれた向井地美音は

「卒業生の方もそうですし、私たち後輩メンバー15期生も取り上げていただいたりしていて、本当に幅広く取り上げていただいているんですけど、その中でも先輩方の背中とかを見てこれからの世代交代というか、これから私たちがどう頑張っていかなくちゃいけないかをすごく考えさせられる作品でもありましたし、個人的には私のオーディションのときの映像が入っていたことに本当にビックリしました!」

と、恥ずかしげな表情を見せていました。本作には向井地美音がAKB48に加入する以前の模様までも収められているのですから、ファンにはたまらない作品となりそうですね!

3

そんなオーディションシーンを見た他のメンバーから
「赤ちゃんみたい!超かわいかったよ!」

と、ステージ上でからかわれて顔を赤くする場面も。

4

女優になるのが夢だったそうで、
「3年くらい前の話なんですけど、すごく昔のように感じました」

と、18歳とまだまだ若い向井地美音は当時を振り返っていました。

5

向井地美音は6月1日に発売となった44枚目シングル「翼はいらない」で初めてセンターに大抜擢。また、6月18日に実施された第8回AKB48選抜総選挙で第13位に急浮上するなど、今注目メンバーです。本作のなかではオーディション映像も含め、他にどのようなシーンが見られるのでしょうか。非常に楽しみです!

『存在する理由 DOCUMENTARY of AKB48』は7月9日(土)に全国ロードショーです。

6

ギャラリー

(c)2016「DOCUMENTARY of AKB48」製作委員会

(取材・文:アスカ

    ライタープロフィール

    アスカ

    アスカ

    アクション映画をおかずにご飯が食べられるほど映画が好物で、過去の作品では『逃亡者』や『フェイス/オフ』が好き。念願だった映画館のある街に住み始めてからは、観たい作品は奥さんを放ってでも観に行っている。2011年には某配給会社のPR大使を務めたことも。ブログ「め〜んずスタジオ」で趣味の情報を発信しながらのんびり生活中。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    言語を選択

    私と映画Vol.7 メニコン 田中英成社長
    金曜映画ナビ
    八雲ふみねの What a Fantastics!~映画にまつわるアレコレ~
    能條愛未の「乃木坂週刊映画」
    スペシャル 写真家『早田雄二』が撮影した銀幕の女神たち
    antenna

    人気記事ランキング

    シネマズ公式ライター

    • 大場ミミコ
    • 桜井
    • apopo
    • 夏目幸明
    • ながち
    • 染谷 昌利

    シネマズ公式チャンネル

    教えて goo

    情報提供元:教えて goo