多部未華子、7歳若い結果に照れまくり!『あやしい彼女』初日舞台挨拶

1

2016年4月1日に公開初日を迎えた映画『あやしい彼女』の舞台挨拶が行われ、ゲストに多部未華子、倍賞美津子、小林聡美、要潤、北村匠海、志賀廣太郎、水田伸生監督が登壇。

本作は73歳のおばあちゃん・瀬山カツが突如20歳に若返ってしまい、嘘をつき通しながらもう一度青春を謳歌しようとするエイプリルフールの公開にはピッタリなハートフル・コメディ作品です。

2

20歳の瀬山カツを演じるのは多部未華子。試写で先に『あやしい彼女』を観た人の間では多部の表情がクルクル変化することに可愛いと注目が集まっているらしく、初回上映を観た観客からも「かわいい!」と拍手が起こっていました。表情の変化について聞かれた多部は特に意識していたわけじゃないそうで、「(表情を)変えようという意識をしないまま、クルクル変えているってことですね〜」と言い、自然発生的に表情を変えていることを明らかにしました(笑)

3

そんな表情を無意識的に操る多部のことを絶賛している水田監督は多部の起用理由について聞かれると「そりゃ、可愛いからですよ。」と単刀直入に返答。「ここにいる皆さん俳優としてそうなんですけど、芝居は呼吸。お芝居の“間”で成り立っている。その間をはずすと笑えるものも笑えなくなってしまうんですけど、みんながアジャスト(調整)して間が成立する。それができるのが皆さんだと思います」と、出演陣をベタ褒めする場面も。

4

倍賞美津子は73歳のカツを演じ、序盤からチャーミングなダンスでとてもパワフルな姿を披露するのですが、なんと、このダンスは台本には書かれていなかったことが明らかに!元気なカツを印象づけるために加えた倍賞のアドリブだったのです。水田監督は倍賞が踊ってくれたおかげで、若返ったカツも当然ながら音楽が得意だということをわざわざ作中で説明せずとも観客に知らせることができた、と喜んでいました。

5

倍賞と同じ撮影現場にいた多部は「スタッフさんから、倍賞さんがおかしな動きを始めたから近くで見たほうがいいと言われ、私も取り入れなきゃなと思い、若返ったカツに倍賞さんの動きを取り入れました」と言い、あのアドリブのダンスが多部に影響して若いカツの動きにもつながったというこのキレイな連携には驚きでした。サービス精神旺盛な倍賞は壇上でこのダンスを披露。作品を鑑賞した後ということもあって、倍賞のダンスに観客は大喜び!舞台挨拶に参加した人にとって、良い特典になったことでしょう。

6

また、イケメン音楽プロデューサーの小林拓人を演じた要潤はアスレチックでのシーンの撮影中にドキドキしたそうで、「怖かったんですよ〜。非常にきゃしゃな木があって、ずっと震度3か4くらいで揺れるんですよ。(その上に)多部ちゃんと北村君と3人でいたんですけど、揺れてるねって言いながら僕だけ足がガタガタ震えていました」と、まさかの高所恐怖症発言。これにMCの藤井アナ(日本テレビ)が「高いところ得意そうですけどね」と言うと、要は「まぁ、身長は高いですけどね。僕もこのくらいなら大丈夫」といったやり取りに会場は大爆笑でした!

7

公開初日(4月1日)はエイプリルフールということで、要、志賀、多部についてある噂が本当かウソかを検証するコーナーが用意されており、まずは要の検証から始まりました。

専門家がデータに基づいてコンピュータで作成した100年後の日本人の顔が要にそっくりであることから、要は未来から来た人間ではないのか?というのです。

8

藤井アナによるいたずらなまでの追及が続き、要は「嘘ですよ!さすがに」と冷や汗をかきながら全力で否定。このやり取りが面白くてやばかったです(笑)

次に公開されたのは志賀が20歳の頃の写真。本当はイケメンだったと紹介されると、会場からは笑い声が。藤井アナが「フサフサですね〜」と志賀をいじると、多部が「でも(髪型の)分け目が変わりませんね」とフォローを入れたのですが、志賀は「それ、救いになってない」とツッコミ。まるでコントのよう展開に筆者はゲラゲラ笑ってしまいましたよ!

9

最後に、現在27歳の多部が実は若返ったカツと同じ20歳なんじゃないか?という疑問を検証。顔相学の先生によるとエクボは歳を重ねるごとになくなるものなのに、多部は今もなおエクボが特徴な顔立ちをしているだけでなく、まるで10代のように若々しい肌をしていると指摘。このことから本当の年齢は20歳なんじゃないか?と。

10

成人式のときの写真を見てみても、今もこのころとそう変わらないのがわかりますね。

11

か、かわいい!やっぱり20歳じゃないですか?と皆から疑われ、思い切り照れながらも「27歳です!」きっぱり。

多部がかわいいのはわかったところで、ここで一般的な20歳と見比べてみましょう!と、出てきた写真がこちら↓

12

会場は笑いの頂点に達し、最初から最後まで常に笑いの絶えない楽しい初日舞台挨拶となりました。
出演者の皆さんと水田監督は観客席側に立ち、みんなで記念撮影。『あやしい彼女』は全国大ヒット上映中です!

13

公式サイト:http://ayakano.jp/

(c)2016「あやカノ」製作委員会 (c)2014 CJ E&M CORPORATION

(取材・文:アスカ)

    ライタープロフィール

    アスカ

    アスカ

    アクション映画をおかずにご飯が食べられるほど映画が好物で、過去の作品では『逃亡者』や『フェイス/オフ』が好き。念願だった映画館のある街に住み始めてからは、観たい作品は奥さんを放ってでも観に行っている。2011年には某配給会社のPR大使を務めたことも。ブログ「め〜んずスタジオ」で趣味の情報を発信しながらのんびり生活中。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    言語を選択

    私と映画Vol.7 メニコン 田中英成社長
    金曜映画ナビ
    八雲ふみねの What a Fantastics!~映画にまつわるアレコレ~
    能條愛未の「乃木坂週刊映画」
    スペシャル 写真家『早田雄二』が撮影した銀幕の女神たち
    antenna

    人気記事ランキング

    シネマズ公式ライター

    • つちや ゆみえ
    • 増當竜也
    • 川口裕樹
    • 柳下修平
    • 廣田喜昭

    シネマズ公式チャンネル

    教えて goo

    情報提供元:教えて goo