ワンダーウーマンこそ不動のセンターだ!AKB総選挙的に楽しむ「バットマンvsスーパーマン」

今年上半期の超話題作「バットマンvsスーパーマン」が公開されて、もう1ヶ月。

さまざまな評論やレビューも出尽くして、絶賛の人も残念ながら映画に乗りきれなかった人の意見も、両方出揃った感がある。マーベルと違って、映画版を観ていれば大体理解可能、とは行かないDCコミックの世界だけに、馴染みの無いキャラの登場や、突然の展開に着いていけない観客も多かったようだ。

ところが、絶賛派も否定派も、不思議と一致しているのが、「ワンダーウーマン最高!」あるいは、「ワンダーウーマン登場シーンが、カッコいい!」との意見。

バットマンVSスーパーマン
(C)2015 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC AND RATPAC ENTERTAINMENT, LLC

アメコミリテラシーの高いファンも、アメコミ知識に疎い一般観客も、同じくハマッたのが、意外にも本来認知度が低いはずの「ワンダーウーマン」その人だったとは!

でも、それはいったい何故なのだろうか?映画自体の出来には否定的な人でも、何故ワンダーウーマンの登場には、燃えることが出来たのだろうか?

大傑作「バットマンVSスーパーマン」を改めて振り返る

前作「マン・オブ・スティール」で、個人の自由な選択の大切さと、それに伴う責任と苦悩を見事に描いた、脚本のデビッド・S・ゴイヤーが、本作でも脚本に加えて製作総指揮を担当。そのため、前作以上に彼の考えが反映された作品となった大傑作、それがこの「バットマンvsスーパーマン」だ。

しかしその反面、ただでさえアメコミ知識格差の激しい日本の観客には、相当ハードルの高い映画になってしまったとも言える。思えば過去のスーパーマン映画は、原作の基本設定に忠実でありながら、かなり万人向けに作られていたため、日本の観客にも比較的受け入れられやすかった。

そのリチャード・ドナー監督版にもリスペクトを捧げていた、前作「マン・オブ・スティール」だったが、続編である本作では、バットマンもスーパーマンも過去の映画版のキャラとは別物の存在として新たに描かれている。実際、過去の映画で知っているから大丈夫、そう思って劇場に来てみたら、「え、何これ、いつものバットマンやスーパーマンと全然違うじゃない」、そう思った観客も多かったようだ。

アメリカでは、原作のコミックは当然子供の頃から読まれているため、ワンダーウーマンの様に近年映像化されていない作品でも、その基本設定の部分はすでに共有知識としてあるので、本作のように大幅な省略をしても観客には理解出来る。ところが日本の観客にとっては、昔リンダ・カーター主演のTV版を毎週観ていた世代は別にして、「え、この人誰?」感を抱くことになってしまう。

そんな点も、今回非常に賛否が分かれた原因となっているのではないだろうか。

本作での重要な点。それは、前作「マン・オブ・スティール」では説明されなかった、「スーパーマン」が地球の人々を守り戦うべき理由、それが明らかにされる点だ。劇中、狂気に走るバットマンが、あるきっかけで正気に戻り冷静さを取り戻すのだが、ここは名シーンであると共に、バットマンがスーパーマンを理解するという重要なシーンとなっている。

思えば前作で、亡き父の遺志で行動を開始したスーパーマンだったが、本作では本格的に現実との壁にぶつかり迷い悩み、その上で自身の意思により真の意味でスーパーマンとなる道を選ぶ。両親の死によって守るべき存在を失ったバットマンと、育ての母親というまだ守るべき存在があるスーパーマン。陰と陽、光と影の2大ヒーローの対立を救い、争いを止めたもの。それが愛する存在・守るべき存在である母親の名前だったというこの事実に、我々観客は心を動かされたのだった。

そして迎える最終決戦。実はレックス・ルーサーによって敵対させられていた二大ヒーローがここに協力、最後の強敵に立ち向かうのだが、実は意外とこの部分が燃えて来ないのだ。

なぜなら、何のために二人が闘うのか?その理由が観客に見えてこないからだ。すでにスーパーマンの母親の救出というミッションが達成されているので、ラスボスを倒すという本来一番盛り上がるシーンの前で既に話が終わった気になってしまうのは、確かに問題のような気がした。しかし、そこに登場するワンダーウーマン、彼女の登場で全てが再び輝きだすことに!

この様に、本作において確かにワンダーウーマンの果たす役割は大きいのだが、それでは、本来一番認知度が低いはずの彼女の姿に、なぜ日本の観客が燃えたのだろうか?

バットマンVSスーパーマン
(C)2015 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC AND RATPAC ENTERTAINMENT, LLC

    ライタープロフィール

    滝口アキラ

    滝口アキラ

    滝口アキラ 映画ライターにしてブルース・リー研究家。主な著書に、「ブルースリー超全集」「俺たちのジャッキーチェン」「俺たちの007」などがある。映画のコミカライズや、日本オリジナル映画主題歌などの、「失われた映画カルチャー」にも造詣が深く、TBSラジオ「ウイークエンドシャッフル」へのゲスト出演、今関あきよし監督作品への声優出演、更には「実際に映画に出演する映画ライター」として、現在「毎月1本必ず映画に出る」をノルマに活動中。その抜群の企画力と、交友関係の広さには定評がある。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    言語を選択

    私と映画Vol.7 メニコン 田中英成社長
    金曜映画ナビ
    八雲ふみねの What a Fantastics!~映画にまつわるアレコレ~
    能條愛未の「乃木坂週刊映画」
    スペシャル 写真家『早田雄二』が撮影した銀幕の女神たち
    antenna

    人気記事ランキング

    シネマズ公式ライター

    • 黒宮丈治
    • hosohana
    • よしかわあやの
    • 木村うい
    • 小峰克彦

    シネマズ公式チャンネル

    教えて goo

    情報提供元:教えて goo