「続・深夜食堂」は、さながら腹持ちの良い幕の内弁当のようだ。

続・深夜食堂 メイン

(C)2016安倍夜郎・小学館/「続・深夜食堂」製作委員会

80スクリーンで興収2.5億円をあげた、前作「深夜食堂」

先輩 昨年1月に公開された「深夜食堂」は、わずか80スクリーンでの上映にも関わらず、入場者数20万名、興行収入2.5億円を記録しました。これは大した成績です。公開時期が1月の正月明けということもあって、じっくりとロングラン興行が出来たのではないかと思います。

女の後輩 なんかねえ、この映画の内容と似てるのよ。全国300スクリーン以上で公開なんて大げさじゃなくて、80スクリーン程度で派手じゃないけれど、地道に上映していますという佇まいというか。

先輩 さすがに深夜興行だけで上映とは行かなかったようだけど(笑)。

爺 こういう作品が、昔はいっぱいあった。俗に言うプログラム・ピクチャーだな。そういう映画が毎週のように映画館にかかっていた。

先輩 確かに今、こういう人情の機微を描くような作品って少ないですよね。

後輩 少女漫画の映画化やイベント・ムービーもけっこうですが、確かにこういう小粒ながら、見ていて安心する映画は僕も見たいと思いましたもん。

女の後輩 そうは言うけど、「深夜食堂」だってコミックの映画化で、今度の「続・深夜食堂」に先駆けて、Netfrixで新シリーズが始まったんだけど、これが全世界190ヶ国で一斉配信だと言うから驚いちゃう。

爺 そういう、日本ならではのドラマに、海外でもニーズがあると考えているんだろうなあ。

先輩 確かに、「深夜食堂」はTVシリーズも映画も、日本ならではの世界観があり、それが海外でも注目されているのだと思います。松竹が、ずっと小津安二郎の映画を海外で公開しなかったでしょ。「ここまで日本的なものを、海外の人が分かるわけがない」という理由で。ところがそれは逆だった。日本的だからこそ、海外の観客を惹きつけた。それと同じような現象が起こっているんじゃないでしょうか?。

続・深夜食堂 サブ1

(C)2016安倍夜郎・小学館/「続・深夜食堂」製作委員会

3つのエピソードが醸し出す、ほっこり感。

先輩 で、そのヒットを引き継いだ「続・深夜食堂」なんだけど、主人公のマスターに小林

薫、警官にオダギリジョーら、レギュラーメンバーはそのまま。しかも前作と同様、今回も3つのエピソードで全体を構成するという、いわばオムニバスに近いスタイルだ。

女の後輩 TVシリーズを3本続けて見たような感じで、「焼肉定食」「焼うどん」「豚汁定食」と、それぞれ登場する料理がタイトルになっているあたりも、このシリーズらしいですよね。

爺 主役は小林薫のマスターなんじゃが、彼が何をするというわけではないんだよな。ただひたすら、注文に応じて料理を作っている。

女の後輩 その「色々分かっているけど、余計なことを言わないで自分の仕事に徹する」感じ。気の利いたバーみたいで好きです。「あえて放っておいてくれる」、あの感触に近いかな。

先輩 ひとつひとつのエピソードに触れると、「焼肉定食」編では、河井青葉の喪服姿がたっぷりと見られます。喪服女子フェチは眼福必須。

後輩 そ、それが見どころなんですか?

先輩 いや、似合うんだよ喪服が。河井青葉。しかも編集者という設定だし。別に身内に不幸があったわけではないのに、喪服を着たくなる女ごころ、若い君にはまだ分からないだろうがな。

後輩 分かりたくありませんよ。単なる喪服フェチじゃないですか。

続・深夜食堂 サブ2

(C)2016安倍夜郎・小学館/「続・深夜食堂」製作委員会

キムラ緑子、渡辺美佐子の圧巻な演技に舌を巻く。

先輩 「焼きうどん」編は、今回の3本の中で僕は一番好きだな。そば屋の息子である池松壮亮と、彼の母親であるキムラ緑子、年上の恋人・小島聖の3人のお話なんだけど、特筆すべきは銀幕のおねーさまキラー・池松君と女優のベッドシーンがない。これだけでも貴重かと(笑)。

爺 それってうらやましいのか?

先輩 はい(笑)。とか言ってますけど、このエピソードの見どころは、キムラ緑子の圧巻な演技。子離れできない母親の、複雑な心境を見事に見せきっています。

爺 ほお。それは楽しみだ。もう1本の「豚汁定食」は?

先輩 九州からやってきた老女が、息子の同僚だという男に大金を渡してしまう話です。

後輩 オレオレ詐欺ですか?

先輩 導入部としてはそうなんだけど、これがもうちょっとややこしい話になっていく。それでも「深夜食堂」らしいというか、ほっこりした幕切れになるんだけど。

女の後輩 ゲストに渡辺美佐子と井川比佐志。シブいところですね。

先輩 ところが渡辺美佐子の老女が、とても良いんだよ。それと、このエピソードは映画版の前作「深夜食堂」の後日談でもあり、余貴美子と多部未華子のふたりが登場する。これが顔見せ程度のゲストかと思いきや、多部未華子はけっこう重要な役割を果たすんだ。

爺 いずれにせよ、この映画は派手さこそないものの、じっくりと俳優たちの芝居を楽しむことが出来る。それってマスターが作ってくれた料理を味わうことと同じだな。

先輩 何の変哲もない家庭料理の数々なんですが、今、こういうせわしない世の中で、しかも新宿の路地裏の古びた店で食べると、何とも言えない味わいがあるわけですね。

爺 料理で言うとフルコース、いやアラカルトを楽しんだ感覚かな。日本料理に例えるならば、幕の内弁当だ。色々な食材を楽しめて、しかも腹持ちが良く、時々思い返してはまた楽しむことが出来る。

女の後輩 「深夜食堂」シリーズは原作もTVも映画も、「地道に」「じっくり」「コツコツと」作り続けて来て、それが今、改めて注目されています。これはどんな仕事にも言える、大切なことですよね。

先輩 そうだな。「地道に」「じっくり」「コツコツと」か・・・なんか、しんみりしちゃいましたね。

爺 いいんじゃないか、たまには。

(企画・文:斉藤守彦)

関連記事

深夜の”めしや”に集う豪華キャスト!映画『続・深夜食堂』一挙到着
映画『続・深夜食堂』予告映像&ポスタービジュアル解禁!

    ライタープロフィール

    斉藤守彦

    斉藤守彦

    斉藤守彦(さいとうもりひこ) Morihiko Saitoh 静岡県浜松市出身。映画館、ビデオ会社でのアルバイトを経て、映画業界紙「東京通信」記者 (後に編集長)に。1996年からフリーの映画ジャーナリスト/アナリストとなり、以後多数の劇場用パンフレット、「キネマ旬報」「HiVi」「ザテレビジョン」「日経エンタテインメント!」「宇宙船」「スターログ日本版」「INVITATION」「東京カレンダー」「アニメ!アニメ!」「フィナンシャル・ジャパン」「Pen」などの雑誌・ウェブメディアに寄稿。2007年秋に「日本映画、崩壊 -邦画バブルはこうして終わる-」を、08 年「宮崎アニメは、なぜ当たる -スピルバーグを超えた理由-」、09 年「映画館の入場料金は、なぜ1800円なのか?」、 10 年に「『踊る大捜査線』は日本映画の何を変えたのか」(共著) を上梓。 他の著書に「図解でわかるコンテンツ・ビジネス」1〜4(共著)、「ソノラマ MOOK/ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃」(構成・執筆) 、電子書籍「日本映画、飛躍と困惑の過去・現在・未来」等があり、ここ数年は「映画宣伝ミラクルワールド」「80年代映画館物語」と、独自の視点による書籍を執筆。2016年3月には新作「映画を知るための教科書 1912−1979」が世に出る。現在、水道橋博士編集長のメールマガジン「メルマ旬報」で「2016年映画館物語」を連載中。また「BOOKSTAND映画部!」で、「映画を待つ間に読んだ、映画の本」と「映画惹句は、言葉のサラダ」の2つの連載を行っている。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    言語を選択

    私と映画Vol.7 メニコン 田中英成社長
    金曜映画ナビ
    八雲ふみねの What a Fantastics!~映画にまつわるアレコレ~
    能條愛未の「乃木坂週刊映画」
    スペシャル 写真家『早田雄二』が撮影した銀幕の女神たち
    antenna

    人気記事ランキング

    シネマズ公式ライター

    • 大場ミミコ
    • 久保田和馬
    • 朝井麻由美
    • なぎさ
    • 滝口アキラ
    • 夏目幸明

    シネマズ公式チャンネル

    教えて goo

    情報提供元:教えて goo