「俳優・塚本晋也は、 監督から見て実に良い俳優!」、『野火』Blu-ray&DVD発売記念、塚本晋也監督インタビュー

昨年大いに話題を呼んだ塚本晋也監督の『野火』が5月12日にBlu-ray&DVD化されます。

大岡昇平の同名小説を原作に、戦場におけるさまざまな地獄絵図を描きながら戦争の恐ろしさを描き、今も全国各地で上映され続け、老若男女とわず支持され続けているこの作品について……

キネマニア共和国~レインボー通りの映画街~vol.132

塚本監督にお話をうかがってみました!

野火 塚本晋也

自主映画スタイルで臨んだ
宿願の映画化

塚本晋也監督は高校時代に大岡昇平の原作を読んで感銘を受け、やがてこれを自分の手で映画化したいと願うようになっていったと聞きます。

「若いときは、それこそ『地獄の黙示録』(79)日本版くらいのスケールのものを作ろうなんて、夢が無尽蔵に広がってましたね(笑)。それを目指して自分もキャリアを積んでいったところもあります」

本来は予算をかけた超大作として製作したかったものの、それが叶わず、今回は久しぶりに初期の自主映画スタイルで本作に取り組んでいます。

「今これを作らなければ、どんどん作りにくくなっていく時期に来てしまった。だから、たとえ小規模でもやらざるをえない。ただ、『だいぶ小さい規模の映画になっちゃったね』という印象には絶対ならないように気をつけましたし、最終的にはプラスマイナスでこれまで僕が手掛けてきたミドル・クラスの作品くらいの経費はかかりました。これでも普通にやれば5倍以上の予算がかかったことでしょう」

スタッフもSNSでボランティアを募集しました。

「これまで一度でも僕の映画にボランティアで参加してくれた人はもうプロとみなして、次からは些少ですがギャランティを払うようにしていますが、今回はまったく予算がないところから始まりましたので、すべてボランティアさんと始めようとSNSで募集をかけたのですが、ひとりだけ『野火』ならばどうしても参加したいという僕の映画でキャリアをスタートした人がいて、彼に助監督と共同撮影をお願いしました。

    ライタープロフィール

    増當竜也

    増當竜也

    増當竜也 Tatsuya Masutou 鹿児島県出身。映画文筆。 朝日ソノラマ『宇宙船』『獅子王』、キネマ旬報社『キネマ旬報』編集部を経て、フリーの映画文筆業に就く。 取材書に『十五人の黒澤明』(ぴあ刊)、『特撮映画美術監督・井上泰幸』(キネマ旬報社刊)など。 編集書に『40/300 その画、音、人』(佐藤勝・著)『神(ゴジラ)を放った男/映画製作者・田中友幸』(田中文雄・著)『日記』(中井貴一・著)『日記2』(中井貴一・著)『キネ旬ムック/竹中直人の小宇宙』『同/忠臣蔵映画の世界』『同/戦争映画大作戦』(以上、キネマ旬報社刊) その他、パンフレットやBD&DVDライナーノートへの寄稿、取材など多数。 ノヴェライズ執筆に『狐怪談』『君に捧げる初恋』『4400』サードシーズン(以上、竹書房刊) 現在『キネマ旬報』誌に国産アニメーション映画新作すべてのレビューをめざす『戯画日誌』、『衛星劇場プログラムガイド』誌に、毎月オンエアされる松竹映画名作群の見どころなどを紹介する『シネマde温故知新』を連載中。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    言語を選択

    私と映画Vol.7 メニコン 田中英成社長
    金曜映画ナビ
    八雲ふみねの What a Fantastics!~映画にまつわるアレコレ~
    能條愛未の「乃木坂週刊映画」
    スペシャル 写真家『早田雄二』が撮影した銀幕の女神たち
    antenna

    人気記事ランキング

    シネマズ公式ライター

    • 石原弘之
    • 染谷 昌利
    • apopo
    • 内田俊太郎
    • Yamazaki
    • 片平圭亮

    シネマズ公式チャンネル

    教えて goo

    情報提供元:教えて goo