『超高速!参勤交代 リターンズ』のキャスト紹介一覧!

超高速!参勤交代リターンズ メイン2

(C)2016「超高速!参勤交代 リターンズ」製作委員会

 2014年6月に公開した『超高速!参勤交代』は第38回日本アカデミー賞、第57回ブルーリボン賞作品賞を受賞するなど高い評価を得、、大ヒットを記録しました。

 『超高速!参勤交代』は現在の福島県いわき市に当たる湯長谷藩を舞台に、幕府から突如参勤交代を命じられた弱小貧乏藩が、〈金〉も〈人手〉も〈時間〉も無い中、知恵と工夫で無理難題に挑んでいく様を描いた作品。その斬新な設定と個性あふれるキャラクターたち、次々に飛び出す奇想天外な作戦、そして強敵相手に立ち向かっていく藩士たちの熱い姿など、時代劇の枠を超えた新しいエンターテインメントとして話題となった『超高速!参勤交代』がふたたび日本中に笑いと旋風を巻き起こす!

 また、本作では前作キャストが再集結するだけでなく、さらに個性的な実力派俳優も新たに参戦し、敵も味方もパワーアップしているとのこと。本記事ではそんな超豪華なキャストを紹介していきます。

あらすじ

参勤を終えたばかりの弱小貧乏藩がふたたび無理難題に挑む!

行きの参勤で有り金を使い果たし、持ち金はゼロ。帰りの道中でも大名行列は必須なのにたった7人でどう見せかけるのか。さらに行きの倍の速さで帰らなければ藩はお取り潰しに。なんとか故郷にたどり着くも、すでに城が乗っ取られている!?

つまり、超金なし!超人なし!超時間なし!帰る城もなし!?

湯長谷藩に打ち負かされた老中が恐ろしすぎる逆襲を開始し、行きより帰りはもっとピンチ!それに対して彼らが繰り出した “とんでもない” 作戦とは一体!?

キャスト

湯長谷藩

佐々木蔵之介(内藤政醇役)
超高速参勤交代 リターンズ 佐々木蔵之介
お人好しだが、民に愛される閉所恐怖症の殿様を演じたのは佐々木蔵之介さん。
1968年生まれ、京都府出身。大学在学中から劇団「惑星ピスタチオ」で看板俳優として活躍。00年、NHK連続テレビ小説「オードリー」で注目される。以降、ドラマ、映画、舞台と幅広く活動。05年には自らプロデュースを務める演劇ユニット「Team申」を立ち上げる。主な映画出演作に『間宮兄弟』(06)、『アフタースクール』(08)、『大奥〈男女逆転〉』(10)、『岳ーガクー』(11)、『ソロモンの偽証 前編・後編』(15)、『残穢【ざんえ】ー住んではいけない部屋ー』(16)など。15年、前作『超高速!参勤交代』にて第38回日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞。主演舞台「BENT」が今年7月より上演。公開待機作に『破門(仮題)』『花戦さ』(17)がある。

深田恭子(お咲役)
超高速参勤交代 リターンズ 深田恭子
飯盛女だったが政醇と恋に落ち側室となった勝気だが実は乙女なお咲を演じたのは深田恭子さん。
1982年生まれ、東京都出身。97年女優デビュー。00年『死者の学園祭』で映画初主演を務め、第13回日刊スポーツ映画大賞、第24回日本アカデミー賞で新人賞を受賞。04年に映画『下妻物語』に出演し、第59回毎日映画コンクール女優主演賞を最年少で受賞するほか、第28回日本アカデミー賞優秀主演女優賞を受賞。15年にはミュージカル「100万回生きたねこ」に出演し、活躍の幅を広げる。主な映画出演作に『ヤッターマン』(09)、『セカンドバージン』(11)、『夜明けの街で』(11)、『ルームメイト』(13)、『ジョーカー・ゲーム』(15)、TVドラマはNHK大河ドラマ「平清盛」(12)、「セカンド・ラブ」(15/EX)、「ダメな私に恋してください」(16/TBS)など。

伊原剛志(雲隠段蔵役)
超高速参勤交代 リターンズ 伊原剛志
凄腕の抜け忍で参勤時は湯長谷藩の旅先案内人である雲隠段蔵を演じたのは伊原剛志さん。
1963年生まれ、大阪府出身。83年舞台「真夜中のパーティー」で俳優デビュー。96年、NHK連続テレビ小説「ふたりっ子」で人気を集め、その後も「はつ恋」(12/NHK)など多数のドラマに出演、舞台でも活躍する。近年の映画作品に『硫黄島からの手紙』(06)、『なくもんか』(09)、『十三人の刺客』(10)、ブラジル映画『汚れた心』『BRAVE HEARTS 海猿』(12)、『相棒ー劇場版Ⅲー巨大密室! 特命係 絶海の孤島へ』(14)、『ラスト・ナイツ』(15)など。今年はTVドラマ「カッコウの卵は誰のもの」(WOWOW)、「犯罪科学分析室 電子の標的2」(TX)、「ヤッさん」(TX)などに出演。

西村雅彦(相馬兼嗣役)
超高速参勤交代 リターンズ 西村雅彦
知恵者だが口うるさい、カナヅチの家老・相馬兼嗣を演じたのは西村雅彦さん。
1960年生まれ、富山県出身。94年、三谷幸喜脚本の「古畑任三郎」シリーズ(CX)で強烈な個性を発揮。その後、「王様のレストラン」(95/CX)、「TEAM」(99/CX)などに出演。映画『マルタイの女』『ラヂオの時間』(97)では、第40回ブルーリボン賞助演男優賞、第21回日本アカデミー賞最優秀助演男優賞など数々の映画賞に輝く。近年の映画出演に『東京家族』『草原の椅子』(13)や、『風立ちぬ』(13/声の出演)などがある。今年は他にNHK大河ドラマ「真田丸」、「クロスロード」(NHK BSプレミアム)、映画『家族はつらいよ』『殿、利息でござる!』などに出演。

寺脇康文(荒木源八郎役)
超高速参勤交代 リターンズ 寺脇康文
リーダー格で刀剣の腕が立つ藩士・荒木源八郎を演じたのは寺脇康文さん。
1962年生まれ、大阪府出身。舞台をはじめ、多くの映画や「相棒」シリーズ(00~08/EX)、NHK連続テレビ小説「おひさま」(11)などの人気ドラマに出演し、『相棒ー劇場版ー』(08)にて第32回日本アカデミー賞優秀助演男優賞受賞。近年の主な出演作は映画『悲しいボーイフレンド』(09)、『きな子~見習い警察犬の物語~』(10)、『猫侍』(14)、『俺物語!!』(15)、など。今年は他に『殿、利息でござる!』、岸谷五朗との演劇ユニット地球ゴージャスプロデュース公演Vol.14「The Love Bugs」、「マイ・フェア・レディ」などに出演。

上地雄輔(秋山平吾役)
超高速参勤交代 リターンズ 上地雄輔
常に冷静沈着、理屈好きの藩士・秋山平吾を演じたのは上地雄輔さん。
1979年生まれ、神奈川県出身。99年ドラマ「L×I×V×E」(TBS)で俳優デビュー。以降、数多くのドラマ・映画に出演するほか、バラエティー番組にも出演。”遊助“のアーティスト名で歌手としても精力的に活動する。『漫才ギャング』(11)にて第35回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。近年の映画出演作に『クローズZERO Ⅱ』、『ドロップ』(09)、『のぼうの城』(12)、『くじけないで』(13)、『土竜の唄 潜入捜査官 REIJI』『バンクーバーの朝日』(14)、TVドラマ「マザーゲーム」(15/TBS)、「最上の命医2016」(16/TX)がなどある。

知念侑李(Hey! Say! JUMP) (鈴木吉之丞役)
弓の名手だが高いところが苦手な湯長谷一のモテ藩士・鈴木吉之丞を演じたのはアイドルグループHey! Say! JUMPの知念侑李さん。
1993年生まれ、静岡県出身。04年『NIN×NIN 忍者ハットリくん THE MOVIE』で映画初出演。同年出演したTVドラマ「七子と七生 〜姉と弟になれる日〜」は第59回文化庁芸術祭優秀賞を受賞した。07年”Hey!Say!JUMP“のメンバーとして活動をはじめる。08年「スクラップ・ティーチャー〜教師再生〜」(NTV)でメンバーとともにTVドラマ初主演。近年は、「よろず占い処 陰陽屋へようこそ」(13/CX)、「必殺仕事人」シリーズ(14、15/ABC)に出演。またアニメ映画『スマーフ』(11)では声の出演を務めた。今秋公開の『金メダル男』では映画初主演を務める。

六角精児(今村清右衛門役)
超高速参勤交代 リターンズ 六角精児
槍に秀でるが腹もでている藩士・今村清右衛門を演じたのは六角精児さん。
1962年生まれ、兵庫県出身。劇団「善人会議」(現・扉座)の旗揚げメンバー。個性的なキャラクターで舞台、映像と幅広く活躍中。「電車男」(05/CX)で強烈なインパクトを残し、「相棒」(00~/EX)シリーズなど数々のTVドラマに出演。映画主演作に『相棒シリーズ 鑑識・米沢守の事件簿』(09)。近年の出演作に、『十三人の刺客』(10)、『謎解きはディナーのあとで』『謝罪の王様』(13)、『悪夢ちゃん The 夢ovie』(14)、『ヒロイン失格』(15)、TVドラマ「空腹アンソロジー」(16/TX)、「不機嫌な果実」(16/EX)などがある。また、週刊誌へのエッセイ連載、音楽活動など多才ぶりを発揮している。

柄本時生(増田弘忠役)
超高速参勤交代 リターンズ 柄本時生
千里眼を持つ二刀流の藩士・増田弘忠を演じたのは柄本時生さん。
1989年生まれ、東京都出身。03年オーディションを受けJam Films S『すべり台』で映画主演デビュー。以降『フレフレ少女』『俺たちに明日はないッス』(08)、『誰も守ってくれない』(09)、『アウトレイジ』(10)、『太平洋の奇跡 ーフォックスと呼ばれた男ー』(11)、『謝罪の王様』(13)、『ジャッジ!』(14)等、数々の映画やTVドラマ、舞台で活躍。今年、NHK BSプレミアム「初恋芸人」(3月)で売れない芸人役として主演を務め、話題を集めた。今年の映画公開作に『セーラー服と機関銃ー卒業ー』、『金メダル男』(秋)がある。

古田新太(大岡忠相役)
超高速参勤交代 リターンズ 古田新太
江戸南町奉行・大岡忠相を演じたのは古田新太さん。
1965年生まれ、兵庫県出身。劇団☆新感線の看板俳優として活躍する一方、映画、ドラマ、バラエティ、エッセイ本の出版など、幅広くエンターテイナーとして人気を博す。08年、『小森生活向上クラブ』で映画初主演。主な出演作に『木更津キャッツアイ』シリーズ(03、06)、『サイドカーに犬』(07)、『20世紀少年〈第2章〉最後の希望』『20世紀少年〈最終章〉ぼくらの旗』(09)、『十三人の刺客』(10)、『毎日かあさん』(11)、『パディントン』(16/声の出演)、『信長協奏曲』(16)など。今年は『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』、『ルドルフとイッパイアッテナ』(声の出演)が公開。

近藤公園(瀬川安右衛門役)
超高速参勤交代 リターンズ 近藤公園
1978年生まれ、愛知県出身。00年より大人計画に参加。01年、『ウォーターボーイズ』で映画デビュー。個性的な役柄をこなす。『母べえ』(08)、『おとうと』(10)、『家族はつらいよ』(16)などの山田洋次監督作に出演。その他の主な出演作に、『探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点』(13)、『ふしぎな岬の物語』(14)、『ジヌよさらば〜かむろば村へ〜』(15)、『嫌な女』(16)、TVドラマ「下町ロケット」(15/TBS)、「ナオミとカナコ」(16/CX)など。今秋には、初の二人芝居「あたま山心中〜散ル、散ル、満チル〜」に挑戦する。

橋本じゅん(福田弥之助役)
超高速参勤交代 リターンズ 橋本じゅん
1964年生まれ、兵庫県出身。85年の「銀河旋風児SUSANOH」より劇団☆新感線の舞台に参加。同劇団の人気シリーズ「直撃!ドラゴンロック」シリーズで主役を演じるなど、劇団の看板役者として活躍するほか、外部公演にも多数出演。舞台の他に、NHK連続テレビ小説「ひらり」(92)など映像作品にも多数出演。近年の主な映画出演作に『図書館戦争』シリーズ(13、15)、『駆込み女と駆出し男』(15)、『ピンクとグレー』(16)など。今年は他に舞台「乱鶯」「Vamp Bamboo Burn〜ヴァン!バン!バーン!〜」などに出演。

富田靖子(荒木富江役)
超高速参勤交代 リターンズ 富田靖子
1969年生まれ、福岡県出身。83年、『アイコ十六歳』で主演映画デビュー。95年『南京の基督』で大胆な演技を披露し、第8回東京国際映画祭最優秀女優賞を受賞。そのほか、映画『さびしんぼう』(85)、『BU・SU』(87)、『あ・うん』(89)、『kitchen~キッチン~』(97)、NHK大河ドラマ「毛利元就」(97)など数多くのTVドラマや映画に出演。近年の出演作に、『もらとりあむタマ子』(13)、『きみはいい子』『この国の空』(15)、NHK連続テレビ小説「あさが来た」(15)、『十字架』(16)など。

江戸幕府

市川猿之助(徳川吉宗役)
超高速参勤交代 リターンズ 市川猿之助
徳川八代将軍吉宗を演じたのは市川猿之助さん。
1975年生まれ、東京都出身。80年、歌舞伎座「義経千本桜」の安徳帝役で初お目見え。83年同「御目見得太閤記」で二代目市川亀治郎を名乗り初舞台。12年四代目市川猿之助を襲名。02年には自身の勉強会「亀治郎の会」を立ち上げ、07年にはNHK大河ドラマ「風林火山」で映像作品初出演、その他、舞台・映画など幅広く活躍。15年には人気漫画を原作にし話題を集めた「スーパー歌舞伎Ⅱ ワンピース」の公演を成功に収める。映画出演作としては『ザ・マジックアワー』『蛇にピアス』(08)、『花のあと』(10)、『天地明察』(12)など。公開待機作に『花戦さ』(17)。

石橋蓮司(松平輝貞役)
超高速参勤交代 リターンズ 石橋蓮司
江戸幕府の老中首座、信祝の叔父である松平輝貞を演じたのは石橋蓮司さん。
1941年生まれ、東京都出身。「劇団第七病棟」主宰。『網走番外地』シリーズ(65~67)で頭角を現し、90年『浪人街』『われに撃つ用意あり』で第14回日本アカデミー賞最優秀助演男優賞など数々の賞を受賞。主な映画出演作に『竜馬暗殺』(74)、『火宅の人』(86)、『オーディション』(00)、『日本の黒い夏―冤罪』(01)、『北の零年』(05)、『アウトレイジ』(10)、『大鹿村騒動記』(11)など。近年の出演作に『人類資金』『四十九日のレシピ』(13)、『天空の蜂』(15)、『団地』(16)など。

陣内孝則(松平信祝役)
超高速参勤交代 リターンズ 陣内孝則
強欲で冷酷な幕府の老中・松平信祝を演じたのは陣内孝則さん。
1958年生まれ、福岡県出身。80年「ザ・ロッカーズ」でバンドデビュー。82年に『爆裂都市 BURST CITY』で俳優デビュー。87年の映画『ちょうちん』で第30回ブルーリボン賞主演男優賞等数々の賞を受賞。TVドラマ「ライスカレー」(86/CX)、「愛しあってるかい!」(89/CX)などで注目される。『ROCKERS』(03)、『スマイル ~聖夜の奇跡~』(07)など自ら監督も務める。近年の出演作は『種まく旅人~みのりの茶~』(12)、NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」(14)、舞台「菊次郎とさき」(12、15)、「Honganji」(16)など。今秋『イタズラなKiss THE MOVIE Part1 ハイスクール編』が公開。

渡辺裕之(諸坂三太夫役)
超高速参勤交代 リターンズ 渡辺裕之
1955年生まれ、茨城県出身。映画『オン・ザ・ロード』(82)で主演デビュー。86年、TVドラマ「愛の嵐」シリーズ(FX)に主演し、大ヒットとなる。07年『劇場版 仮面ライダー電王 俺、誕生!』にて仮面ライダー役を務める。その他の主な出演作として、『桜田門外ノ変』(10)、『電人ザボーガー』(11)、『牙狼ーGAROー 〜蒼哭ノ魔竜〜 ーGARO SOUKOKU NO MARYUー』(13)などがある。14年にはハリウッド映画『エヴァリー』でサルマ・ハエックと共演。また、ジャズドラマーとして東京、横浜を中心にライブ活動中。

中尾明慶(森極蔵役)
超高速参勤交代 リターンズ 中尾明慶
1988年生まれ、東京都出身。00年TVドラマ「ママまっしぐら!」(TBS)で子役デビュー。その他「3年B組金八先生」(01/TBS)、「WATER BOYS2」(04/CX)では爽やかな学生役を演じ注目を浴びる。その他の出演作に「ROOKIES」(08/TBS)、NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」(14)など。主な映画出演作として『キャプテントキオ』(07)、『ROOKIES ー卒業ー』(09)、『時をかける少女』(10)、『RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ』(11)、『のぼうの城』(12)、『振り子』『俺物語!!』(15)などがある。

スタッフ

監督
本木克英

1963年生まれ、富山県出身。早稲田大学政治経済学部卒業後、松竹に助監督入社。森﨑東、木下惠介、勅使河原宏などの監督に師事し、米国留学、プロデューサーを経て、98年『てなもんや商社』で監督デビュー。第18回藤本賞新人賞を受賞。主な作品は、『釣りバカ日誌』シリーズ11~13(00〜02)、『ゲゲゲの鬼太郎』(07)、『犬と私の10の約束』『ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌』(08)、『鴨川ホルモー』(09)、『おかえり、はやぶさ』(12)、『すべては君に逢えたから』(13)など。TVドラマも多数監督。前作『超高速!参勤交代』で第57回ブルーリボン賞作品賞、第38回日本アカデミー賞優秀監督賞など受賞。
(※一部記載ミスがございましたので修正させて頂きました。大変失礼いたしました)

脚本 
土橋章宏

1969年生まれ、大阪府出身。関西大学工学部卒業後、エンジニアとして日立製作所に勤務。00年退社後、Web制作会社を立ち上げる。その傍ら、TVドラマ、ラジオなどの脚本、小説を手掛ける。09年「スマイリング」で第13回函館港イルミナシオン映画祭シナリオ大賞グランプリ受賞。同年「海煙」で第13回伊豆文学賞優秀作品賞受賞。11年「緋色のアーティクル」で第3回TBS連ドラ・シナリオ大賞入選。同年「超高速!参勤交代」で第37回城戸賞を同賞初の審査委員オール満点で受賞のほか、第38回日本アカデミー賞最優秀脚本賞を受賞した。

主題歌 
斉藤和義

「行き先は未来」(スピードスターレコーズ)
1993年8月25日にシングル「僕の見たビートルズはTVの中」でデビュー。翌年にリリースされた「歩いて帰ろう」で一気に注目を集める。代表曲である「歌うたいのバラッド」、「ウエディング・ソング」、「ずっと好きだった」、「やさしくなりたい」は様々なアーティストやファンに愛される楽曲となっている。自他共に認めるライブアーティストであり、弾き語りからバンドスタイルまで表現の幅は広い。また、自らの音楽活動に加え、様々なアーティストへの楽曲提供、プロデュース等も積極的に行う。2011年には稀代のドラマー中村達也とのロックバンド、MANNISH BOYSをスタート。これまでに2枚のオリジナルアルバムリリースをはじめ、全国ツアーも行っている。

さらに超高速に!さらにピンチに!パワーアップして帰ってきた、豪華キャストでおくる痛快歴史エンターテインメント超大作『超高速!参勤交代 リターンズ』は9月1 0日(土)ロードショー。是非劇場でご覧ください。

(文:Kaiya)

関連記事

タクシーで超高速!参勤交代すると、時間&運賃がどれだけかかるか試してみた広告です
『超高速!参勤交代 リターンズ』が、とてつもなく大ピンチな5つの理由
ふんどしの普及に感謝!日本ふんどし協会が『超高速!参勤交代 リターンズ』に感謝状!

    ライタープロフィール

    kaiya

    kaiya

    kaiya 1994年生まれの現役大学生。趣味は洋画や海外ドラマ鑑賞。その中でも特にゾンビものを好んで観る傾向あり。 雑誌社でカメラマンや編集アシスタントを経験し、現在就職活動真っ最中。社会の厳しさが身に染みる今日この頃。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    言語を選択

    私と映画Vol.7 メニコン 田中英成社長
    金曜映画ナビ
    八雲ふみねの What a Fantastics!~映画にまつわるアレコレ~
    能條愛未の「乃木坂週刊映画」
    スペシャル 写真家『早田雄二』が撮影した銀幕の女神たち
    antenna

    人気記事ランキング

    シネマズ公式ライター

    • 葦見川和哉
    • ゆうせい
    • hosohana
    • はな
    • よしかわあやの

    シネマズ公式チャンネル

    教えて goo

    情報提供元:教えて goo