佐々木蔵之介 深キョン以外の妻も「一遍は」『超高速!参勤交代リターンズ』舞台挨拶

超高速!参勤交代 リターンズreturns1

9月10日、映画『超高速!参勤交代 リターンズ』公開初日舞台挨拶が開催。佐々木蔵之介さん、深田恭子さん、伊原剛志さん、寺脇康文さん、知念侑李さん(Hey!Say!JUMP)、さん、陣内孝則さん、西村雅彦さん、本木克英監督、猿の菊千代さんが登壇しました。

西村雅彦、知念侑李を絶賛?「知念さんを利用して、映画を多くの人に」

超高速!参勤交代 リターンズreturns2

「初日に“超高速”で劇場に来ていただきまして、ありがとうございます」とタイトルにひっかけて、お客さんたちに感謝の言葉を述べた佐々木蔵之介さん。続いて、深田恭子さんが「6月のキックオフイベントから早や3か月。やっと公開ができるのがうれしくもあり、ちょっと寂しい気持ちもあるけれど、ぜひたくさんの方にご覧いただけたら」と挨拶しました。

超高速!参勤交代 リターンズreturns3

西村雅彦さんは、舞台登場時に最も女性ファンの歓声を受けたのが知念侑李さんだったことから、「知念さんに向けられた黄色い声援が、我々を勇気づけてくれている」と語り、「知念さんを利用して、この映画をより多くの人に見ていただく。君(知念さん)は本当に素晴らしい! 知念さんありがとう!万歳!」と、最終的に力強く知念さんに賞賛と感謝を伝えていました。

超高速!参勤交代 リターンズreturns4

次回作、どの役で“リターンズ”したい?

超高速!参勤交代 リターンズreturns5

この日、さらに続編があるとしたら、どの役でリターンズしたいか?と聞かれたキャスト陣。佐々木さんは「知念くんになりたいなというのはあり、これだけ無理難題をいわれたので、次は無理難題をいう方の信祝(陣内さん)がいいかなと思ってるんですが、深田さん演じるお咲との夫婦のポジションをはずすのは痛いので、やっぱり殿の役やります」と政醇役続投を選びました。

超高速!参勤交代 リターンズreturns6

ところが、伊原剛志さんが「深田さんになって、佐々木蔵之介に愛してもらって」とまさかの妻役への立候補。続いて西村さんもお咲の役を希望し、「佐々木さんと熱い抱擁をしてみたい。愛を語りあいたい。いつも見守っていてもらいたい」といくつもの願望を披露ふたりからの思わぬ求愛(?)に対し、佐々木さんは困惑、苦笑しつつも「一遍はやってみます」と受け入れていました。

また、寺脇康文さんは、「知念くんのふんどしになってみたい。人じゃないですけどね」とお客さんたちを笑わせ、知念侑李さんは「伊原さんの忍者。アクロバティックにやりたい」、柄本時生さんは「村人たちのAかB。セリフひとつくらいで終わるので、それがいいです」と、それぞれ思い思いに回答していました。

最後の無理難題“超高速シュート”に挑戦!

超高速!参勤交代 リターンズreturns7

劇中でさまざまな無理難題に立ち向かいながら参勤交代を終えようとする面々ですが、この日、本作品の「参勤交代」のいわば「ゴール」ともいうべき公開初日を華々しく迎えるべく、舞台上で佐々木さんが最後の難題「超高速シュート」に挑戦することに。

「参(3)勤交(5)代」にちなみ、35kmの速さでシュートを決めるようにいわれた佐々木さん。皆が見守る中、シュートを決めると、スピード測定器が出した数字は37km!

超高速!参勤交代 リターンズreturns8

見事難題を成功させた“殿”を称えて、深田さんがくす玉を引くと「祝 参勤交代達成」の垂れ幕が登場しました。

盛りだくさんの舞台挨拶。最後、佐々木さんが「まさかの続編。多くの方に応援していただいて、初日を迎えることができました。多くの友、多くの人に出会って、“リターンズ”できるなんて、本当に恵まれた作品だと思う。この映画がより多くの人に愛されることを心から願っています」としめくくり、終了しました。

映画『超高速!参勤交代リターンズ』は、2014年公開作『超高速!参勤交代」の続編。前作で江戸への「参勤」を達成した弱小貧乏藩の面々が、今度は江戸から国元への「交代」終える道中を描いたストーリー。現在絶賛公開中です。

(取材・文:田下愛)

関連記事

これだけ、読んどけ!『超高速!参勤交代』魅力と解説
タクシーで超高速!参勤交代すると、時間&運賃がどれだけかかるか試してみた広告です
『超高速!参勤交代 リターンズ』が、とてつもなく大ピンチな5つの理由
知念侑李が走りに負け「もう一度映像を!」『超高速!参勤交代 リターンズ』セレモニー
ふんどしの普及に感謝!日本ふんどし協会が『超高速!参勤交代 リターンズ』に感謝状!

    ライタープロフィール

    田下愛

    田下愛

    フリーランス・ライター。雑誌、書籍、Webメディアで、幅広いジャンルの仕事をこなして活動中。ファンタジー映画が大好物で、『オズの魔法使い』『ナルニア国物語』『アリス・イン・ワンダーランド』など、魔法やおとぎの国を扱った作品にはすぐ飛びついてしまいますが、一方、『レインマン』のような人間をきっちり描いたドラマも好き。石ノ森章太郎先生をリスペクトする昭和特撮フリークでもあります。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    言語を選択

    私と映画Vol.7 メニコン 田中英成社長
    金曜映画ナビ
    八雲ふみねの What a Fantastics!~映画にまつわるアレコレ~
    能條愛未の「乃木坂週刊映画」
    スペシャル 写真家『早田雄二』が撮影した銀幕の女神たち
    antenna

    人気記事ランキング

    シネマズ公式ライター

    • グアリーニ・ レティツィア
    • apopo
    • 増當竜也
    • 葦見川和哉
    • 廣田喜昭

    シネマズ公式チャンネル

    教えて goo

    情報提供元:教えて goo