あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

2015-09-17

コラム

【ほぼ再現レポ】映画『合葬』大ヒット祈願&彰義隊ご供養イベントで、柳楽優弥さんのギャップに身悶える

編集部公式ライターの大場ミミコです。さて、皆さんは『彰義隊』をご存知でしょうか?

彰義隊は、最後の将軍・徳川慶喜の警護と、江戸の治安を目的に結成された武力隊です。幕末に名を馳せた『新撰組』や『白虎隊』と同様、激動の時代に翻弄され、新政府軍による銃弾の前に散る運命を辿ります。新政府軍と彰義隊の戦いは「上野戦争」と呼ばれ、上野の山一帯が戦場と化しました。特に激戦となったのは、上野寛永寺の旧本坊表門(通称;黒門)付近と言われています。

その彰義隊に参加し、波乱の運命を辿る3人の若者を描いた映画『合葬』が、2015年9月26日、いよいよ劇場公開となります。そして先日(9月15日)、彰義隊ゆかりの地・上野寛永寺で映画『合葬』の大ヒット祈願&彰義隊御供養イベントが行われました。

合葬 上野寛永寺


黒門の前で、撮影で使われた衣装を身に纏う岡山天音さん、瀬戸康史さん、柳楽優弥さん、門脇麦さん(右から)。そして袴姿も凛々しい小林達夫監督の5人が登壇されました。

しめやかに執り行われた御供養から、黒門前での会見まで、その一部始終をシネマズby松竹では“ほぼ再現”レポートさせていただきますので、ぜひ最後までお楽しみ下さい。

澄んだ秋空に響く読経に、思わず背筋が伸びる面々


朝の10時。まずは、動乱の時代を駆け抜けた彰義隊の英霊を供養する「彰義隊忌」の法要からスタートです。杉谷義純導師をはじめ、寛永寺の僧侶の方々のお導きにより、粛々と御供養の儀が執り行われます。キャストの方々&監督は、緊張の面持ちで1人ずつ抹香をあげられました。

合葬 上野寛永寺


ひととおり終えると、読経の調子が少し変わったのを合図に、映画『合葬』の大ヒット祈願の儀へと引き続きました。こちらはお経というより、意味がはっきりと解る言葉で、ヒットを願う文言を歌うように読み上げている感じでした。その旋律を神妙に聞き入るキャストの方々&監督。切なる願いが、少し離れたところに居た筆者にも伝わりました。

合葬 上野寛永寺

歴史の爪痕残る黒門で、平成の志士達が揃い踏み


御供養と祈願のあとは、小林監督とキャストたちの挨拶&記者会見ということで、取材陣一同、旧本坊表門(黒門)に場所を移しました。するとMCが「今、皆さんのちょうど正面にございます黒門に、大小さまざまな穴が空いているのが分かりますか?」と仰られました。ふと見ると、あらゆるところに穴が開いてます。

合葬 上野寛永寺


これ、当時の弾痕と言うのだから驚きです。青く囲った箇所が穴ですが、パッと見ただけでこれだけの穴があいているということは、相当激しい戦であったことは想像に難くありません。

そして、MCの挨拶を合図に黒門の扉が開き、4人の若きキャストと小林監督が現れ、ゆっくりと歩みを進めてきました。

合葬 上野寛永寺


NEXT|次ページ > 登壇者から一言ずつご挨拶