あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

2015-12-02

その他

原節子の小津映画出演第1作 『晩春』がブルーレイ化

■「キネマニア共和国」

昭和を代表する映画スターの至宝とでもいうべき原節子が今年9月5日に95歳で亡くなりました。
奇しくも松竹では、彼女の主演映画をデジタル修復し、12月にブルーレイ&DVDでリリースしようとしていました……。

《キネマニア共和国~レインボー通りの映画街~vol.70》

小津安二郎監督の1949年度作品『晩春』です。

晩春

戦後小津映画の作風を決定づけた
記念すべき名作


『晩春』は原節子が初めて小津安二郎監督作品に出演した記念すべき作品ですが、小津監督にとっても戦後の彼の作風を決定づけた意味で画期的な作品でもあります。

妻を亡くして久しい大学教授・周吉は、27歳になっても嫁に行こうとしない娘・紀子のことが気がかりでならない。そんな折、周吉にお見合いの話が持ち上がり、父の再婚を嫌悪していた紀子の心が揺れるのを察知した彼は、紀子に再婚の意思を伝え……。

廣津和郎の短編小説『父と娘』を原作に、嫁いでいく娘と、それを見送る父の麗しき愛の絆を清廉なタッチで綴りつつ、その中から親の老いと孤独を露にしていく本作のモチーフは、戦後から晩年にかけての小津映画に精通するものともなっていきます。

また原節子はそういった戦後小津映画の象徴的存在となり、以後『麦秋』(51)『東京物語』(53)『東京暮色』(57)秋日和』(60)『小早川家の秋』(61)と、計6作品の小津映画に出演しました。

■「キネマニア共和国」の連載をもっと読みたい方は、こちら

全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 日本人離れした美貌、そして実力

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録