あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

2016-05-09

ニュース

スピルバーグが、少女と“やさしい巨人”の物語を映画化!ビジュアルを公開

ロアルド・ダールの児童小説をスティーブン・スピルバーグ監督が実写映画化する『BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント』の日本公開が2016年9月に決定し、あわせてビジュアルが公開された。

スピルバーグ最新作『BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント』


舞台はロンドン、児童養護施設に暮らす好奇心旺盛な少女ソフィー(ルビー・バーンヒル)は、真夜中に窓から入ってきた“巨大な手”に持ち上げられ、突如「巨人の国」に連れて行かれてしまう。ソフィーを連れ去ったのは、夜ごと子どもたちに「夢」を届ける、やさしい巨人BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント(マーク・ライランス)。ひとりぼっちだったソフィーは、巨人だけど孤独なBFGと心を通わせ、奇妙な友情と信頼関係を育んでいく――

BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント

(C)2016 Storyteller Distribution Co., LLC. All Rights Reserved.

映画『BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント』は、『チャーリーとチョコレート工場』の原作者、ロアルド・ダールによる児童小説「The BFG」(邦題:オ・ヤサシ巨人BFG)をスティーブン・スピルバーグ監督が実写映画化する作品。奇しくも著書の生誕100周年にあたる年に、映画界の巨匠スピルバーグによって、少女と“やさしい巨人”の心温まる友情と奇想天外なアドベンチャーが映像化されることになった。

製作総指揮を「スター・ウォーズ」シリーズのキャスリーン・ケネディ、脚本を『E.T.』のメリッサ・マシスン、音楽を「インディー・ジョーンズ」シリーズのジョン・ウィリアムズと、これまでにもスピルバーグ作品を支えてきた制作陣が再結集する。

やさしい巨人BFGを演じるのは『ブリッジ・オブ・スパイ』でアカデミー助演男優賞に輝いたマーク・ライランス。ソフィーには、オーディションでこの役を射止めたというルビー・バーンヒルが抜擢され、豪華さとフレッシュさを兼ね備えたキャスト陣にも注目が集まっている。

今回解禁されたビジュアルには、BFGの足元とBFGを見上げるソフィーの姿が描かれており、このふたりがどんな冒険を繰り広げていくのかに期待が高まるものとなっている。

映画『BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント』は2016年9月、全国ロードショー。

関連リンク


『グランド・イリュージョン』続編、キャラV全9種解禁!
バットマンやスーパーマンに投獄された悪党が主役『スーサイド・スクワッド』
「覚醒」した者たちへー『スター・ウォーズ エピソード8』を待つ今年にしたい、7つの楽しみ方!
原作を忠実に再現!映画『四月は君の嘘』ポスタービジュアル

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録