あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

『ズートピア』解説、あまりにも深すぎる「12」の盲点

SHARE


2.ジュディは“見た目”で判断して、“中身”を知ろうとしなかった




(C)2016 Disney. All Rights Reserved.



一見“正しい”性格をしているようなジュディでしたが……じつは、ほんのすこしの差別(偏見)意識が作中でみえています。というよりも、彼女は“自分は見た目で判断されるのを嫌う”くせに、“とても物事の見た目を気にしている”のです。

ジュディの“見た目を気にする”性格がもっとも表れていたのが、 レンジでチンした“おひとりさまにんじん”の中身を見たシーンでしょう。
彼女はそのにんじんの小ささにがっかりして、食べようとはせず、そのままゴミ箱に捨ててしまうのです。

この“おひとりさまにんじん”の対比になっているシーンがあります。
それは、後のMr.ビッグの娘の結婚パーティにて、ニックが“ネズミサイズのプリン”を食べたときのこと。彼はプリンが小さいからといってがっかりせずに、スプーンでていねいにすくって、味わいながら食べて笑顔になっていました。

このふたつのシーンで、ジュディはじつは物事の見た目を重視するあまり“中身を知ろうともしない”、ニックは物事の“中身をちゃんと知ろうとする”性格であることがわかるんです。

そのほかにも、ジュディは小さくてジメジメした住まい(うるさい隣人もいる)を「いいじゃない!」と肯定していたようでしたが、玄関前にはカラフルでかわいらしいマットを敷いていたりもしました(少しでも見栄えをよくしたかったのでしょうが、セメントまみれになった足で汚してしまうのが切ない……)。

さらに、ジュディはヌーディスト(はだかで暮らす人々)たちにも拒否反応を覚えていましたね。彼女はなんとか堂々とした態度でいようとするけど、やはりところどころで目を塞いでしまっていました。

さらにさらに、ギャングに捕らえられたとき、ジュディはつぎつぎに出てくるシロクマたちのことを「あれがMr.ビッグね!」などと、その名前から“決めつけ”をしていました(本当のMr.ビッグは、名前に反して小さなネズミだった)。

これはクスクス笑えるコメディーシーンというだけでなく、ジュディの性格をしっかり示していたんですね。

ジュディの“表面上だけをみている”ということは、中盤のあの悲劇にもつながってきます。
彼女は肉食動物だけが凶暴化するという事実を、“生物学的な共通性がある”という客観的な視点で答えていたようですが、それが“多くの肉食動物を傷つける”という重大なことに気づけなかったのです。

そして、一度は持って行こうとしなかったコンスプレー(キツネ撃退用のスプレー)を携帯していたこと、それをとっさに使おうとしていたことをニックに指摘され、ジュディの“(ニックの)表面上ばかりを捉えていたこと”は決定的となるのです。


NEXT|次ページ > ジュディは“職業差別”をしていた?

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録