『ズートピア』解説、あまりにも深すぎる「12」の盲点

ズートピア (C)2016 Disney. All Rights Reserved.

大ヒットを記録し、絶賛も続出の『ズートピア』。本作のおもしろさ、奥深さには、並々ならぬものがあるのはもうご存知かと思います。

今回は、ウサギのジュディの性格の描写がどれだけ優れていたか、またキツネのニックがいかにイケメンであったか、そして作中で示されていた“秘密”を解説します。

なお、1ページ目には大きなネタバレはありませんが、2、3、4、5ページ目には重大なネタバレがあります! まだ映画を観ていない方はお控えください!

『ズートピア』関連の他の記事

『ズートピア』感想&全人類が観るべき「10」の理由!!

『ズートピア』じっくり観てほしい、あまりにも細かすぎる「5つ」の盲点

『ズートピア』、字幕版と吹替版の違い完全まとめ!

隠れネタに気づいた?!映画『ズートピア』イタチの露店に潜む秘密

『ズートピア』でニックとアイスを◯◯してたアイツと似てる動物が出てくる映画とは?

『ズートピア』監督が語った、この世界観を思いついた「きっかけ」とは?

編集長コラム『ズートピア』のトリビアと、ここはシンガポールだと思う理由

1.ジュディの“正しい”性格とは?

ウサギのジュディは“差別や偏見を許さない”性格であると描かれていました。例を挙げると以下のようなものです。

・ズートピアに旅立つ前
父親の「都会は怖いんだぞ!中でもキツネは最悪だ!」という忠告に対して、ジュディは「キツネ全部がイジワルじゃないわ。性格の悪いウサギだっているわよ」と返す。

・チーターのクロウハウザーと出会ったとき
ジュディは「あのね、ウサギは小さくてかわいいけど、だからって見た目で判断されるのは、あまり、その……」と言う(字幕版では「ウサギどうしでかわいいって呼ぶのはいいけど、ほかの動物に言われるのはちょっと……」になっている)。

・ゾウ用のアイスを買おうとしている詐欺師親子(ニックとその仲間のフィニック)に出会ったとき
アイス屋のゾウは「お前の街にはアイスはないってことか?字は読めないだろうがな!」と詐欺師親子に言っており、その言葉にジュディは耳をピクンとさせて反応。その後は親子を救うために行動する(これは識字率が低い地域への差別と偏見になっている)。

・スイギュウのボゴ署長に「カビの生えた玉ねぎを取り返したのは立派だが」と言われたとき
ジュディはその野菜が玉ねぎではないことを指摘し、正式な名前を言う。

どうでしょうか。ジュディは一見して、差別や偏見を許さない、“見た目や種族だけで判断するのを嫌う”という“正しい”性格をしているように思えるでしょう。しかし、そのほかのシーンでは……

次のページへ続きます!

□次ページでは大きなネタバレに触れています!

『ズートピア』関連の他の記事もチェック

『ズートピア』感想&全人類が観るべき「10」の理由!!

『ズートピア』じっくり観てほしい、あまりにも細かすぎる「5つ」の盲点

『ズートピア』、字幕版と吹替版の違い完全まとめ!

隠れネタに気づいた?!映画『ズートピア』イタチの露店に潜む秘密

『ズートピア』でニックとアイスを◯◯してたアイツと似てる動物が出てくる映画とは?

『ズートピア』監督が語った、この世界観を思いついた「きっかけ」とは?

編集長コラム『ズートピア』のトリビアと、ここはシンガポールだと思う理由


    ライタープロフィール

    ヒナタカ

    ヒナタカ

    ヒナタカ 「カゲヒナタの映画レビューブログ」運営中のフリーライター。All Aboutでも映画ガイドとして執筆中。なぜか中高生向けの恋愛映画もよく観ています。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com