あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

『ヒメアノ~ル』感想&「10」の魅力



ヒメアノ〜ル 濱田岳 佐津川愛美
(C)2016「ヒメアノ〜ル」製作委員会



10.“殺人のときの性的興奮”を疑似体験させる!


原作の森田は、殺人のときに性的興奮を覚えている、射精までしていると、淡々と語っていました。
映画の森田も、初めての殺人を犯したときにマスターベーションをするという、おぞましい行為に及んでいます。

そして映画では……“森田が犯した殺人”と、“岡田くんとユカちゃんのセックス”を、交互に映すのです!

これは言うまでもなく、森田が殺人のときに性的興奮を覚えていることを意味しています。
しかも、観客がもしもユカちゃん(佐津川愛美)の喘ぎ声や裸に興奮してしまうと……そのつぎには森田が殺人を犯す場面でも“興奮をし続けてしまう”というわけ。
ともすれば“殺人で性的興奮を覚えていること”を疑似体験して“しまう”のです!

もうこのシーンを観たとき、“勘弁してくれよ……殺人鬼が人を殺したときの性的興奮なんて知りたくなかったよ……”と、違った意味で泣きそうになってしまいました。

映画は、日常では知り得ない感情を体験させてくれる媒体。このような、いままでになかった気持ちにさせてくれる吉田恵輔監督は、このうえなく意地悪で……そして、大天才です。

■このライターの記事をもっと読みたい方は、こちら


(文:ヒナタカ
全ての画像を見る

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録