あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

2016-11-07

ニュース

山本舞香が女子力高めなJK役に!映画『ひるなかの流星』

やまもり三香の同名人気コミックを実写化する映画『ひるなかの流星』に、山本舞香が出演することが明らかとなった。

映画『ひるなかの流星』山本舞香が女子力ナンバーワンJK役に


田舎でのんびりと暮らす高校1年生の与謝野すずめ(永野芽郁)は、両親の海外転勤を機に、東京に住む叔父・諭吉のもとに預けられることになった。転校先の高校で出会ったのは担任教師のイケメン・獅子尾(三浦翔平)。“女子が大の苦手”で一見無愛想なクラスメイト・馬村(白濱亜嵐)。誰にでも愛想の良いクラス一の美女・ゆゆか(山本舞香)。困った時にいつも助けてくれるヒーローのような獅子尾に、すずめは生まれて初めて恋をする。獅子尾は、すずめの真っ直ぐで純真な様子に惹かれながらも「教師」という立場から自分に素直になることができないでいた。一方馬村も最初は鬱陶しく感じるが、いつも明るく分けへだてなく接してくれるすずめに、獅子尾のことが好きだと知りつつ惹かれていく。すずめは切ない初恋にもがきながらも徐々にクラスに馴染んでいくが、馬村を慕うゆゆかの想いに気づく――

ひるなかの流星 キャスト


映画『ひるなかの流星』は、累計発行部数は200万部を突破する、やまもり三香の同名人気コミックを実写映画化する作品。田舎育ちでまだ恋を知らない主人公の女子高生が、初恋を経験することで人間としても成長していく姿を、切なく、そして輝かしく描く。

田舎から上京したばかりでまだ恋を知らない高校生・与謝野すずめ役を、本作で映画初主演となる永野芽郁が演じるほか、すずめが初めて恋に落ちる、一見チャラそうな担任教師・獅子尾五月役を三浦翔平、獅子尾に対するすずめの想いを知りながらも、徐々に彼女に惹かれていく“女子が大の苦手”なクラスメイト・馬村大輝役をGENERATIONS from EXILE TRIBEの白濱亜嵐が演じる。メガホンをとるのは新城毅彦監督。

このたび本作に山本舞香が出演することが明らかとなった。

[gallery columns="2" size="medium" ids="54313,54314"]

山本舞香が演じるのは、原作ファンのあいだでも人気の高い、女子力ナンバーワンのすずめのクラスメイト・猫田ゆゆか役。今回の出演について山本舞香は「猫田ゆゆかは、友達思いで負けず嫌い、女子力の高い子なので、細かなところまで考えて演じたいと思います。新城監督とは今回初めてご一緒させて頂きますが、リハーサルの時から自分なりに考えた芝居を見てくださるので、撮影中も色々と相談しながら、キャストの皆さん、スタッフの方々と素敵な作品になるよう頑張ります。すずめとゆゆかの友情関係も楽しみにしていて下さい!」とコメントを寄せている。

映画『ひるなかの流星』は、2017年3月24日(金)より全国東宝系ロードショー。

(C)2017 映画「ひるなかの流星」製作委員会 (C)やまもり三香/集英社


無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録