あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

大泉洋の座長感に包まれて『探偵はBARにいる3』志尊淳インタビュー

SHARE

2017年12月1日(金)【映画の日】、アジア最北の歓楽街である札幌・ススキノを舞台に駆け回る探偵の活躍をハードボイルドに描く「探偵はBARにいる」シリーズ最新作『探偵はBARにいる3』が公開となります。



画像はクリックで拡大・高画質表示できます。


シネマズby松竹では本作で、裏社会で暗躍する北城の手下として探偵(大泉洋)や高田(松田龍平)の前に立ちはだかる、華奢ながら武闘派の冷酷な男・波留を演じた志尊淳さんに単独インタビューを実施。撮影裏話や大泉洋さん、松田龍平さんとの関係などを中心にお聞きしてきました。

『探偵はBARにいる3』あらすじ




(C)2017「探偵はBARにいる3」製作委員会


「恋人の麗子が失踪した」。高田の後輩からのありふれた依頼を安易に引き受けた探偵。早速調査に乗り出すと、探偵は麗子がアルバイトをしていたモデル事務所のオーナー・マリと出会い、かすかな既視感を覚える。

しかし周囲を嗅ぎまわる探偵はマリの手下に襲われ、これまで無敗を誇った高田も倒されてしまう。次第に麗子の失踪の陰に、裏社会で暗躍する札幌経済界のホープ・北城グループの殺人事件が見え隠れする。

マリはグループの代表・北城の愛人だった。そんな中、何かを思い出す探偵。なじみの元娼婦・モンローがかわいがっていた、今にも死にそうに震えていた女――「あれか…?あれがマリか…?」
緊張が走る裏社会、巨額の薬物取引、2つの殺人事件――。

すべてはマリによる、北城をも欺く作戦であった。そしてマリは、探偵に最後の依頼を託す。その時、探偵と高田の別れへのカウントダウンが始まっていた。



──出演が決まったときはどんなお気持ちでしたか?

これまでのシリーズはもちろん見ていましたが、自分には程遠い作品だと思っていました。いちファンとして楽しんでいましたので、お話をいただいたときはまずビックリで。そしてどのような形で作品と出演者の方に絡んでいくのだろうという気持ちでワクワクして、とにかくうれしかったです。

──役柄もお聞きになっていたのですか?

はい。自分としては初めて演じるタイプの役で、でもずっとやりたかった役柄だったのでうれしかったですね。僕は格闘技経験があるので、ずっとアクションがやりたくて。

『疾風ロンド』に出させていただいたときに栗生プロデューサーにそれを伝えていたのですが、覚えてくださってて、それで今回のお話がいただけたと思っています。



画像はクリックで拡大・高画質表示できます。


──主演の大泉洋さんとの共演はいかがでしたか? アドバイスなどありましたか?

アドバイスはなかったんですけど、もう本当にとにかく良い人で。今回初めて北海道で撮影したのですが、初日に大泉さんが食事会を開いてくださったんです。その時はまだ大泉さんにお会いしたこともない段階だったんですけど、「志尊君が来るならぜひ食事会をしたい」と言っていただいて。

それで空港からお店に直接向かったら、大泉さん、松田龍平さん、北川景子さんがいらっしゃって(笑)。お三方とも初めてお会いするので、みなさんにはじめましてと挨拶をするところからスタートだったのですが、撮影前にコミュニケーションをとる機会を作っていただいて本当にうれしかったですね。リラックスして撮影に臨めましたから。大泉さんの座長感に包まれた瞬間でした。

そして大泉さんから「淳、明日から俺のことは親父と呼んでいいから」と言われ、なんて気さくな方なんだと(笑)。

──志尊さん演じる波留は武闘派の役どころでしたが苦労された点などありますか?

「探偵はBARにいる3」

(C)2017「探偵はBARにいる3」製作委員会


今回、アクション指導していただいたのはスタントチームゴクウの辻井啓伺さんなのですが、僕はずっと辻井さんのファンだったので興奮したのを覚えています。「あの辻井さんだ!」って(笑)。

格闘技とはまた違う、喧嘩のアクションの魅せ方を教えていただき、クランクインまでに数え切れないほどアクション練習を繰り返して、東京に戻ってからも、龍平さんとアクションシーンをずっと練習していました。

──格闘技の動きとは全然違いましたか?

そうですね。フォームとかじゃなくて、力を抜くところは抜くみたいな。格闘技とは全然違う動きが新鮮でした。綺麗なパンチではなくて芝居として魅せるパンチと言いますか。格闘技経験がある僕のポテンシャルを見ていただいた上で殺陣をつけてくださって、すごく貴重な経験でした。



画像はクリックで拡大・高画質表示できます。


──セリフではなく動きで魅せる役でしたが、吉田照幸監督からはどんな指示がありましたか?

吉田監督からは何も言われてないですね。『疾風ロンド』のときはアドバイスを頂く事もありましたが、今回はないです。あまり役についてのアプローチの仕方について指示される方ではないので。

もちろんここはテンポ良く進めたほうがいいとか、そういうのはありますけど、役についてはないですね。もし自分の作った役が違うと言われても対応できるようにはしていましたが、任せていただいて不安なく演じることができました。

──対決シーンが多い松田龍平さんとは撮影中どんな会話をされましたか?

アクションシーンでの会話は、お互い遠慮せずにいきましょうってお話をさせていただいてて、それでも最初はすごく遠慮してしまって…。ただ本番になるとお互いバチバチに当てあって。当たっちゃうと言いますか。なのでアクションシーンの撮影はすごい緊張感がありましたね。



画像はクリックで拡大・高画質表示できます。


──北海道ロケでのエピソードがあれば教えてください。

とにかく寒かったです(笑)。あと雪の上でのアクションは踏ん張りがきかなくて、よく滑ったり転んだりして…。ただ、お昼ごはんと夜ごはんがすごく楽しみでした。大泉さんからおいしいところを教えていただいて、みんなで行くのが恒例行事になっていましたね。

また、初日の食事会のときなんですけど、お店からホテルまで歩いて30分くらい距離を、大泉さんと龍平さんが散歩して帰ると言われて。「志尊君はどうする?」って聞かれて、それはもう「ご一緒させてください!」って(笑)。



画像はクリックで拡大・高画質表示できます。


そして3人で縦並び、「ドラゴンクエスト」みたいな感じで歩いて、大泉さんから「志尊君、こういうタイプの雪の場合は小刻みに歩く!」とか指導を受けながら帰ったのが最高の思い出です。

──大泉さんにメッセージをお願いします。

関係値が高いキャストの皆さんの中に、自分のような若手が入らせていただくことをすごく考慮していただいて、こんなに素敵な人がいるんだなってびっくりしました。誰に対してもフラットで、優しく、気を使う、座長感。大泉さんのような大人になりたいと思っています。本当にありがとうございました。

志尊淳さんの「喜」「怒」哀「楽」エピソード


番外編として、志尊淳さんに最近の喜怒哀楽エピソードをお聞きしました。

──まずは最近あった「喜」エピソードをお聞かせください。



画像はクリックで拡大・高画質表示できます。


Twitterのフォロワーさんが30万人を超えたことです。2年前ぐらいから始めて、くだらないことしかつぶやいていないのに、本当に感謝しています。

メッセージは全部目を通しています。返信に関しては事務所の方針などもあってできないのですが、全部見ています。ただ、30万人を超えたときは少しだけやりとりをさせていただきました。

──いつも優しい笑顔の志尊さんですが、「怒」なエピソードはありますか?



画像はクリックで拡大・高画質表示できます。


ん~、そんなに腹が立つ方ではないので悩みますね(笑)。僕は「これ!」と決めたら結構突き進むタイプなので、凄く真剣な時にちょっかいだされたりするとちょっと怒っちゃうかも(笑)? 基本的に僕は平和主義者です!!

──次に「哀」エピソードをお願いします。



画像はクリックで拡大・高画質表示できます。


昨日の夜、洗濯物を回してソファで横になっていたら寝落ちしてしまって。そして今日の朝、昨日の夜に回したことを忘れてまた回してしまったんです。ただ干すだけでよかったのに2回も洗濯してしまって。そのせいで干す時間がなくなってしまって…。朝、すぐに干すだけでよかったのに、今日帰ってから干すのかと考えると哀しいです。

──最後に「楽」エピソードをお願いします。



画像はクリックで拡大・高画質表示できます。


おかげさまで忙しくさせていただき、プライベートな時間があまりとれないのですが、昨日の収録終わりに買い物に行けたんです。それがすごく楽しかったですね。ありがたいことにファンの方から声をかけていただけることもあって。Twitterでの反応もうれしいですけど、ダイレクトの反応もすごく嬉しくて、励みになっています。

──志尊淳さん、ありがとうございました!



画像はクリックで拡大・高画質表示できます。


『探偵はBARにいる3』は2017年12月1日(金)【映画の日】より、全国ロードショー。

https://www.tantei-bar.com/

(撮影:結城さやか、取材・文:ゆうせい)

[gallery ids="82481,82482,82476,82477,82478,82480,82487,82488,82483,82484,82485,82486"]

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録