あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

エロ社長役に「ちょっとやりすぎたかも」!?『レオン』知英インタビュー

2月24日(土)公開の映画『レオン』で、長編映画初主演を務める知英さんにインタビュー。竹中直人さんが演じるワンマン社長・朝比奈玲男と心と身体が入れ替わる、地味なOLという役どころを演じた知英さんに、役作りや本作の見どころなどを伺いました。



画像はクリックで拡大・高画質表示できます。


──今作で演じた小鳥遊玲音は、中身が中年男性、しかもエロオヤジになってしまうという難しい設定だと思うのですが、役作りはどのようにされたのでしょう。

知英:竹中さんは独特のお芝居をされていて、以前から素敵な俳優さんだと思っていました。その竹中さんの色が濃い役と入れ替わって演じなくてならないということで、朝比奈玲男と入れ替わった玲音をどこまで竹中さんっぽく演じるのか、どこまで自分らしい朝比奈を作るのかというバランスを取るのが大変でした。

──竹中さんの演技を参考に、似せる努力もされたということですか?

竹中さんを真似するというよりは、朝比奈のクセなどの共通点を竹中さんや塚本連平監督と一緒に作って、(入れ替わる前と後で違和感のない)朝比奈に仕上げていった感じです。例えば、イライラしているときに頭に手をやる仕草などですね。



(C)清智英・大倉かおり/講談社・2018映画「レオン」製作委員会


──竹中さんから具体的なアドバイスなどはありましたか?

知英:具体的にこうした方がいいよ、といったやりとりはなかったんですが、一度自分のセリフを竹中さんに読んでもらって、私がそれを聞いて演じるというのがいちばんのアドバイスになりました。

──他の共演者の方たちとはどんな話をされましたか。

知英:(親友・サリナ役の)大政絢さんとは共演シーンが多かったので、芝居についてなど、楽しくおしゃべりしながら撮影していました。



画像はクリックで拡大・高画質表示できます。


──塚本監督と初めてご一緒された印象はいかがでしたか。

知英:やさしい方でした。でも、あまり喋らない方でしたね。静かにひとりで「くすくすくす」って笑ってて(笑)。演じたあとに「どうです?」って聞いたら、「いいよ」とか「いいんじゃない」とか返ってきて、そんな感じでした(笑)。

監督からは「自分らしい朝比奈を作ればいいよ」と言ってもらっていたので、結構自由にやらせていただきました。

──では、逆に知英さんが塚本監督に相談されたことなどはありましたか。

知英:ギャグっぽい動きや芝居をやり過ぎてないか心配だったので、「これでいいですか?」って確認することが多かったです。でも、いつも、「いいよ」と言ってくださいました。



(C)清智英・大倉かおり/講談社・2018映画「レオン」製作委員会


あとは、クライマックスのプールのシーンは、コメディではなくシリアスなシーンで、感情的になるところでもあったので「もうちょっとこうした方がいいんじゃない」とか、監督と相談しながら作っていきました。

──個性的なキャラクターがたくさん登場しますが、撮影中笑ってしまうことなんかは?

知英:いっぱいありますよ! コメディー作品らしく、みんな変な動きをしていて、笑うのを我慢しながら演じるのが大変でした。山崎育三郎さん演じる日下は常にバラを持っていて、動きのキレもすごかったですね(笑)。



(C)清智英・大倉かおり/講談社・2018映画「レオン」製作委員会


──できあがった映像は効果や編集などが加わったことで、現場で作り上げたものよりもさらに面白いものになっていると思いますが、完成したものを観ていかがでしたか。

知英:純粋にすごく面白くて、ひとりの観客として観ていました。特に有名な怪獣をオマージュしたシーンは現場ではグリーンバック(CG合成用の緑一色の背景)で撮っていたので、完成映像がまったく想像ができなかったんですよ。

監督からは「怪獣をイメージして暴れてください」って言われて演じたのですが、完成した映像では素敵な怪獣になっていてびっくりしましたね(笑)。

──特に「このシーンは思い通りにできた」というような、お気に入りのシーンがあれば教えてください。



(C)清智英・大倉かおり/講談社・2018映画「レオン」製作委員会


知英:入れ替わった姿で登場する、最初の病院のシーンですね。クランクインの前から声の出し方などにもこだわって作ったので、できあがったものを観て「こんな風にできあがったんだ。皆さんと時間をかけて作ってよかったな」と思いましたね。この映画のはじまりともいえるシーンなので、入れ替わったあとの第一声はとても大事にしました。

──中身が入れ替わっているとはいえ、あんなに大胆に演じていらっしゃることに驚きました(笑)。

知英:ちょっとやりすぎました(笑)?

──コメディアンヌとしても高評価を得ている作品ですが、女優人生の中でどういう位置付けの作品になりそうですか?



画像はクリックで拡大・高画質表示できます。


知英:コメディをずっとやりたかったのでうれしいです。今まで見せていない姿かもしれないですが、実は結構地に近いんですよね。世の中に出ている自分のイメージは、綺麗な姿やかわいい姿、シリアスな姿が多いと思いますが、いちばん自分に近いかもしれない役柄ですし、お茶目だったり、はしゃいだり、撮影もすごく楽しかったです。

NEXT|次ページ > 知英が目指す女優像を語る

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録