あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

2019-01-22

ニュース

『僕たちのラストステージ』邦題・公開日決定|伝説のお笑いコンビの実話を描く

【予告篇解禁&公開日決定】
『僕たちのラストステージ』』
size="5">
4月19日(金)より新宿ピカデリー他全国順次公開




映画「Stan&Ollie(原題)」(HIGH BROW CINEMA 配給)が、『僕たちのラストステージ』の邦題で、4月19日(金)より新宿ピカデリー他全国順次公開する事が決定した。

本作は、ハリウッドでサイレントからトーキー期に活躍した伝説のお笑いコンビ「ローレル&ハーディ(極楽コンビ)」の晩年の実話を描いた感動作。




細身で皮肉屋のスタン・ローレルを演じるのは、『あなたを抱きしめる日まで』(13)のイギリス出身のスティーヴ・クーガン。ふくよかで陽気なオリバー・ハーディを演じるのは、『シカゴ』(02)でアカデミー賞助演男優賞にもノミネートされたアメリカ出身のジョン・C・ライリー。英米を代表する名優2人の、本物と見紛うばかりの演技合戦は必見だ。




この度、解禁となった場面写真では、スタジオでポーズをとる全盛期の2人、再起をかけたイギリスツアーに、長年陰から夫たちを支える妻たちをロンドンに招待した微笑ましい2組の夫婦ショット、持ち前のテクニックでかつての人気を取り戻した2人が市民の歓迎を受ける様子、ステージ上で息の合ったダンスを披露する可愛らしい姿が映し出されている。




共に人生を歩んできた2人が、人生の晩年に差し掛かり、改めて友情、舞台の大切さに気付いていく。映画そのものが「ローレル&ハーディ」の作品かのように、人生の可笑しみと哀しさ、素晴らしさをユーモラスに描いた、愛おしいヒューマンコメディだ。



ストーリー


1953年、かつて一世を風靡した「ローレル&ハーディ」がイギリスにやってきた。全盛期が去って久しい二人のホールツアーはガラガラ。お互いを笑わせながら、やがてファンを取り戻していく中、ある日の口論をきっかけに、ハーディはコンビ解散を心に決めるーーー。


出演:スティーヴ・クーガン、ジョン・C・ライリー、ニナ・アリアンダ、シャーリー・ヘンダーソン 、ルーファス・ジョーンズ、ダニー・ヒューストン
製作:フェイ・ウォード
監督:ジョン・S・ベアード
脚本:ジェフ・ホープ
2018年/イギリス・カナダ・アメリカ/英語/カラー/スコープ/DCP5.1ch/98分
配給:HIGH BROW CINEMA
© eOne Features (S&O) Limited, British Broadcasting Corporation 2018
公式サイト http://laststage-movie.com


他の記事も読む

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録