あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

『殺人鬼を飼う女』が挑む四重人格を4人の女優が演じ分けるユニークな試み

SHARE



(C)2019「殺人鬼を飼う女」製作委員会



多重人格をめぐるサスペンス映画は昔も今もあれこれ見受けられますが、今回『リング』の中田秀夫監督がこの題材に挑みます。

題して『殺人鬼を飼う女』。

ひとりの女の中に潜む4人の人格を、映画はいかにして処理しているか?

そしてエロス+サスペンス+ホラーの融合は、一体どのような結末をもたらすのか……

《キネマニア共和国~レインボー通りの映画街373》

それは見てのお楽しみ!

4つの人格を持つ女に
翻弄される小説家




(C)2019「殺人鬼を飼う女」製作委員会



映画『殺人鬼を飼う女』は、『甘い鞭』『呪怨』などの話題作を世に送り出してきた大石圭の人気小説を原作にしています。

主人公は、小説家の田島冬樹(水橋研二)。

最近スランプ気味の彼は、とあるきっかけでマンションの隣人キョウコ(飛鳥凛)と知り合います。

冬樹の小説のファンだというキョウコに、冬樹はレアな自著をあげようと彼女の部屋の呼び鈴を押しますが、そこに現れたキョウコはまったく別人のように彼をあしらい、おまけにその本を捨ててしまいます。

そして翌朝、彼の前に現れたキョウコは昨日のことなど何もなかったかのようにこやかに接しようとし、冬樹を戸惑わせていきます……。

実はキョウコには幼い頃に義父から性的虐待を受けた過去があり、そのトラウマにより、複数の人格が潜んでいたのです。

キョウコを愛するレズビアンの直美(大島正華)。冬樹に嫉妬して、小説を捨ててしまうのも彼女です。

ビッチで自由奔放なゆかり(松山愛里)。ちなみに顔所の名前はキョウコのビッチな母・友香里(根岸季衣)と同じです。

小学生のままの幼い人格を保つハル(中谷仁美)。

……と、ここまで書くとおわかりのように、多重人格を描いた映画は一人の俳優が何役ものキャラを演じ分けるのが常ではありますが、本作はそれぞれ別人格を別の俳優が演じることで、その個性を際立たせるとともに、映画ならではのマジックを画に具現化させることに成功しているのです。

NEXT|次ページ > 中田秀夫監督独自の 本来の資質と才覚