あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

2019-12-21

コラム

『ブレッドウィナー』は『この世界の片隅に』と並ぶアニメ映画の大傑作!

SHARE



(C)Cartoon Saloon 




2019年もいよいよあとわずか。映画界は既に2020年のお正月に向けて次々と新作を発表し始めていますが、その中にはアニメーション映画も含まれています。

日本映画では既に『ルパン三世THE FIRST』『ぼくらの7日間戦争』『妖怪学園Y 猫はHEROになれるか』が公開中で、20日からは『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ヒーローズ:ライジング』『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』が、27日からは『新幹線変形ロボ シンカリオン 未来からきた神速のALFA-X』が公開。

この中では『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』が熱烈プッシュではありますが、『妖怪学園Y』や『シンカリオン』などもTV人気におもねない攻めの姿勢が好もしい仕上がりになっています。

洋画ではご承知の通り『アナと雪の女王2』が現在メガ大ヒット中で、続いて『ひつじのショーン UFOフィーバー!』や20日公開『ヒックとドラゴン 聖地への冒険』も楽しい出来。

ちょっと背伸びしたい向きには台湾版『おもひでぽろぽろ』ともいえる秀作『幸福路のチニ』や、小規模公開ゆえに上映終了してしまったところも多いNetflix映画『失くした体』も、現在同サイトで配信鑑賞できますので、こちらも必見。

こうしたアニメ映画が目白押しの中、個人的に最もお勧めしたい作品『ブレッドウィナー』も20日からYEBISU GARDEN CINAMAを皮切りに全国順次公開されます。

『ソング・オブ・ザ・シー 海のうた』や『ブレンダンとケルズの秘密」など、今世界中から注目されているアイルランドのアニメスタジオ“カートゥーン・サルーン”がカナダ=アイルランド=ルクセンブルグ合作で2017年に製作。

そしてハリウッド・スターのアンジェリーナ・ジョリーがエグゼクティヴ・プロデューサーとして参画したこの作品……

《キネマニア共和国~レインボー通りの映画街424》

家族のために髪を切って“少年”になった少女の勇気と冒険をエモーショナルかつファンタジックに描いた感動作なのです!

タリバン政権下の
アフガンに生きる少女


映画『ブレッドウィナー』の主人公は戦争で荒廃し、タリバン政権に支配されていた頃のアフガニスタンの首都カブール(カーブル)に生きる少女パヴァーナ、11歳。

この地では過激思想による女性への差別と迫害が、日常的に横行しています。

男を伴わない女だけの外出は禁止……。
外出の際や男たちの前で顔を出してはいけない……。
大声を出してはいけない……。
お金を稼いではいけない……。

そして「女(パヴァーナ)に本を読ませた」といういわれなき罪で、教師だった父親がかつての生徒に逮捕され、投獄されてしまいます。

抗議しようとした母も虐待を受けて負傷。

一家に残された男はまだ幼い弟のみで、かくして生活を支えるためにパヴァーナは髪を切って、亡き兄の服を着て男になりすまし、外出して売買を行うようになります。

本作の原題“THE BREADWINNER”には「一家の稼ぎ手」といった意味がありますが、過酷な状況下でパヴァーナはまさに一家の稼ぎ手にならざるを得なくなったのです。

もっとも彼女はめげることはありません。

なぜなら、父から教えてもらった“物語”に夢を馳せては希望を見出し続けているからです。

やがて家族は親戚の住む町へ引っ越しせざるを得なくなってしまいますが、それまでにパヴァーナは父を救おうと動き出し……。

NEXT|次ページ > 見る者の意識を啓蒙する真のエンタテインメント