あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

2020-03-30

コラム

ハッピーエンドな「爽快ラブコメ映画」オススメ7選!




新型コロナウイルスの影響で、ご自宅で過ごされている方が増えております。「シネマズPLUS」では、ご自宅での映画鑑賞体験の最大化のために動画配信サービスを中心にご覧頂ける作品の紹介を、編集長チョイスで今後毎日してまいります。

第1弾はハッピーエンドな「爽快ラブコメ映画」オススメ7選です。

・第2弾:思わず踊りたくなる!オススメ映画7選!

・第3弾:100分以下!コンパクトに楽しめるおもしろ映画7選!

※本記事は、気軽に読めて、気軽に選択肢が増えることを目的としているため、各映画の紹介は短文に凝縮してお届けしております。

編集長YouTubeでも発信中


今回の記事は、「シネマズPLUS」編集長の柳下修平の個人YouTubeでも展開しております。基本的に内容は同じですが、それぞれ雰囲気は異なるため合わせてお楽しみください。




その1:『ラブ・アゲイン』





ちょっと冴えない中年おじさんが、奥さんからいきなり離婚の話をされたことから始まるハチャメチャラブコメディです。

おじさん中心ではあるが、3つのカップルを描くアンサンブル形式の映画でもあります。

中年、若者、ティーン、それぞれの恋愛が描かれるので、どこかしらに感情移入できるのも良いバランスです。

そして、「え!そこそういう関係だったの!?」というどんでん返し的な事も起こり、大爆笑と共に映画全体の見方が変わるのも魅力的です。

その2:『ラブ・アクチュアリー』





こちらも『ラブ・アゲイン』同様に主役なしで、総勢19人の英国人気キャストが繰り広げるラブコメディです。

秘書への恋心に悩む英国首相。愛する妻子がいるのに部下に誘惑される会社社長。恋に臆病なOL。ただ"やりたい"だけのアホな男など、さまざまな恋模様が綴られます。

見た人同士で「私はこのシーンが一番好き!」と語るのも楽しい映画です。

ちなみに、私は「娼年のヒースロー空港ダッシュ!」が断トツで好きです。

その3:『アバウト・タイム』





『ラブ・アクチュアリー』と同じリチャード・カーティス監督の作品です。

タイムトラベルの能力を持つ家系に生まれた青年の物語ですが、凄く適当なタイムトラベル設定なのも面白い。時間を戻したくなったらクローゼットに隠れて念力を唱えるだけなのです。

このおまけでついてくるレベルのタイムトラベルだからこそ、普通のラブコメとして楽しめます。

恋愛の失敗を繰り返しながら、人生のかけがえのなさを知ることができる、感動泣けるラブコメ。最後の子供の笑顔に癒やされます。

その4:『世界にひとつのプレイブック』




それぞれ精神的な病気を患うほどのショックを受けた男女が出会い、心を再生していくラブコメディです。

変にシリアスに描かずに優しさと笑いに満ち溢れています。その理由は、監督自身のお子さんの経験ゆえ。

当事者だったからこそ、深刻に描き過ぎず、優しさと笑いに溢れているのです。

最後は社交ダンスで距離を縮めていくベタな感じも素敵で、何度でも見たくなる映画です。

その5:『ラブソングができるまで』





1980年代に人気絶頂の歌唱グループにいた元スターと、失恋で執筆をやめた作家志望の女性が織りなすラブコメディです。

タイトルの通り二人の「ラブソングができるまで」を描きます。

この映画は"出落ち映画"で、ヒュー・グラント演じる元スターの80年代絶頂期の楽曲を披露するMVで始まります。これがとにかくダサい!(褒めてます)

その面白さに引き込まれて、笑っていたら最後の曲は超ロマンチックで感動するサプライズまで付いていました。

その6:『ホリデイ』





こちらは大人気の作品でお好きな方も多いと思います。

失恋した2人の女性が、家や車を交換する“ホーム・エクスチェンジ”を実践して人生を再起していく映画です。

キャメロン・ディアス、ケイト・ウィンスレット、ジュード・ロウ、ジャック・ブラックといった人気俳優たちが織りなすのも楽しいです。

監督が女性なので、女性視点、女性ならではのかゆところに手が届く演出も見応えあり。「最悪」が起きないハッピーな感じは王道で何度でも楽しめます。

その7:『魔法にかけられて』





最後はディズニー映画。

アニメーションの世界に暮らすプリンセスが、魔法で現代のニューヨークに追放されてしまうファンタジー映画。つまり、アニメと実写と両方ある映画です。

ディズニーアニメを自虐ネタにしながら、「それでもやっぱ!ディズニーだ!」と感じることのできるワクワク感と素敵な音楽がたまりません。

音楽は『美女と野獣』のアランメンケン!どうりで美しくも耳に残る楽しさもあるわけです。

※こちらの記事は、冒頭で紹介したYouTubeの内容を文章化し編集したものです。