あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

2020-07-25

ニュース

【特報】『生きちゃった』|2020年10月3日(土)公開

『生きちゃった』|2020年10月3日(土)公開


特報




石井裕也監督のオリジナル脚本による最新作『生きちゃった』の公開が2020年10月3日(土)に決定し、新たな出演者の情報と特報映像が解禁された。

主演を務めるのは仲野太賀。共演には、大島優子、若葉竜也が名を連ねている。新たに出演が発表されたのは、パク・ジョンボム、毎熊克哉、太田結乃、柳生みゆ、芹澤興人、北村有起哉、原日出子、鶴見辰吾、伊佐山ひろ子、嶋田久作。

パク・ジョンボムは、仲野演じる厚久の兄・山田透役。毎熊克哉は、大島演じる奈津美の不倫相手・洋介役を演じている。本作が映画初出演となる太田結乃は、厚久と奈津美の娘・山田鈴役を。柳生みゆは厚久の元恋人・飯村早智子役を務めている。

そして、芹澤興人と、北村有起哉は、本作で起こる“ある事件”に関わる“男”をそれぞれ演じている。その他にも、奈津美の母・杉田美幸役に原日出子、奈津美の運命を左右することになる男・田代役に鶴見辰吾、厚久と透の母・山田花子役を伊佐山ひろ子、父・山田十郎役を嶋田久作が演じ、実力と経験を兼ね備えたベテラン勢が作品に厚みを加えている。



ストーリー


「何が起こるか想像もできない」現代日本の恐ろしさ、滑稽さ、そして、愛。
二人の男と一人の女。寄る辺なきこの人生で本当に大切なものとは?
山田厚久(仲野太賀)と山田奈津美(大島優子)、武田(若葉竜也)は高校時代からの幼馴染でとても仲が良かった。厚久と武田は昔も今も二人で夢を追いかけている。微妙な三角関係にもつれた時期もあったが、今では厚久は奈津美と結婚し、5歳の娘がいる。ささやかな暮らし、それなりの生活。だがある日、厚久が会社を早退して家に帰ると、奈津美が見知らぬ男と肌を重ねていた。あまりにも突然のことで、厚久は怒ることもできなければ悲しむこともできない。感情に蓋をすることしかできなかった。その日を境に厚久と奈津美、武田の関係は歪んでいき、物語は衝撃的な展開へと向かっていく…。

作品情報


『生きちゃった』
脚本・監督・プロデューサー:石井裕也
Presented by Heaven Pictures Hong Kong
Co-produced by The Hong Kong International Film Festival Society
Presented by LUO FANG Producer YANG JIN Project Director JACOB WONG Executive Producer JING LEE
共同プロデューサー:永井拓郎 北島直明(日本テレビ)
ラインプロデューサー:榊田茂樹 撮影:加藤哲宏 照明:上嶋ゆきお 録音:小松将人 美術:高橋 努 装飾:池田亮平
音楽:河野丈洋 助監督:石井純 ヘアメイク:須賀元子 衣裳:立花文乃 編集:普嶋信一 効果:柴崎憲治キャスティング:おおずさわこ
出演:仲野太賀 大島優子
パク・ジョンボム 毎熊克哉 太田結乃 柳生みゆ レ・ロマネスク 芹澤興人
北村有起哉 原日出子 鶴見辰吾 伊佐山ひろ子 嶋田久作
若葉竜也
制作:RIKIプロジェクト ビッグアーチ
配給:フィルムランド 公式HP:http://ikichatta.com/ R-15
(c)B2B, A LOVE SUPREME & COPYRIGHT @HEAVEN PICTURES All

⇒他の記事も読む