あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

2020-10-30

邦画実写

『罪の声』5つの必見ポイント|逃げ恥、MIUの野木亜紀子が未解決事件に挑む



 (C)2020「罪の声」製作委員会


塩田武史が実際に起きた企業恐喝事件に独自の“真相”を提示した『罪の声』を『いま、会いにいきます』『麒麟の翼』の土井裕泰監督が映画化。

脚本を担当したのは『逃げるは恥だが役に立つ』で土井監督と組み、『アンナチュラル』『MIU404』と言った話題作を手掛け続ける野木亜紀子。

35年前の事件を追う新聞記者役に小栗旬、ひょんなことから、自分が事件の当事者であること知らされる男に星野源がW主演で物語を引っ張ります。

意外にも本作が初共演となる二人を軸に物語が進んでいきます。ほか、市川実日子、古館寛治、松重豊、宇崎竜童、梶芽衣子、宇野祥平など実力派キャストが揃いました。

そこで、今回は映画『罪の声』の見逃せないポイントをご紹介していきます。

ストーリー



35年前、日本中を巻き込み、社会を震撼させた企業恐喝事件“ギン萬事件”。

犯人グループは“くらま天狗”を名乗り、警察やマスコミに脅迫状・挑戦状を送りつけ、日本初の劇場型犯罪を展開させていきます。

舞台となった関西・大阪に本社がある大日新聞記者の阿久津は平成から令和に時代が変わる中で、昭和の未解決事件を洗いなおすという特集記事を担当することになります。

一方、京都で紳士服のテーラーを営む曽根俊也は家の押し入れの奥から、はるか昔のカセットテープを発見します。懐かしさから再生してみたところ、そこから聞こえてきたのは“ギン萬事件”の企業恐喝に使われた脅迫メッセージでした。音声を聞き終えた俊也は思わずつぶやきます「俺の声だ」と…。

35年も前の事件と言うこともあって、細い糸を辿るようにして時間を遡り真相を追っていく二人の男。

やがて、全く別の方向から事件を追い続けた阿久津と俊也は運命的な出逢いを果たし、事件の影に隠された真実を知ることになります。

必見1:挫折感を抱き続けるキャラクターを演じる小栗旬




 (C)2020「罪の声」製作委員会


事件を追う新聞記者の阿久津を演じるのは『ゴジラVSコング』でハリウッドデビューし、再来年の大河ドラマ『鎌倉殿の13人』に主演することも決まっている小栗旬。

これまでも様々な役どころを演じてきましたが、今回の阿久津は社会部の記者として事件を追う生活を送っていたものの、そのことに意味を見出せず、今は文化部に身を置いてペラペラな記事を書いていると言われているキャラクター阿久津を演じます。

これまでにない挫折感と、ある種のあきらめを抱えたキャラクターで、アラフォーに入った今だからこそ“スター俳優としてのギラギラさ”すてて、渋みを感じさせる演技を披露しています。

面倒なネタを“押し付けられた感”たっぷりで“ギン萬事件”について調べていく阿久津が、いつしか自分の中でくすぶっていた正義感を取り戻し、真相究明に全身全霊を注ぐようになっていく様は見どころです。

必見2:“罪の声の子供”を演じる星野源の表情




 (C)2020「罪の声」製作委員会


『逃げるは恥だが役に立つ』の最新続編スペシャルドラマの放映も決まった星野源。

自分の思いもよらないところで、日本中を震撼させた事件関わっていたことを突きつけられる男・俊也を演じるのが星野源。

思いもよらない事件の渦中に身を置くことになり戸惑いながらも、これからの人生をまっすぐ生きるために真実を追い続けることになります。

『逃げ恥』の時の“THE草食男子”の平匡さんから、一転してワイルドでドライな刑事を演じた『MIU404』の志摩まで幅広い演技を見せてくれる星野源。
本作でも“罪の声の子供”である俊也を受け身になる時と意外な積極性を見せる時のメリハリを効かせて、物語に厚みをもたらします。

必見3:野木亜紀子一座の活躍




 (C)2020「罪の声」製作委員会


星野源と野木亜紀子と言えば『逃げるは恥だが役に立つ』『アンナチュラル』そして『MIU404』が大ヒットしました。そんな、星野源だけでなく過去の野木作品でお馴染みの俳優たちが『罪の声』にも顔を出しています。

記者として現役だったころに“ギン萬事件”を追っていて、現代では阿久津のアドバイザーとなる水島役の松重豊と、俊也の真実を巡る旅を支える妻役の市川実日子は『アンナチュラル』でUDIラボのメンバーを演じています。

阿久津を叱咤激励する社会部の鳥居を演じる古館寛治は『逃げ恥』のバーのマスターでしたね。過去の出来事を阿久津・俊也にそれぞれ教えることになる料亭の板前を演じるのは橋本じゅん。『MIU404』の陣馬さん役が記憶に新しいですね。

俊也の父を演じる尾上寛之は『アンナチュラル』とは全く違った顔を見せてくれます。俊也に過去の接点を知らせるベテランテーラーを演じる火野正平は『重版出来!』に出演していました。過去パートで重要な役どころで登場する原菜乃華は『MIU404』に出演していますし、ベテラン俳優木場勝己も『アンナチュラル』組ですね。

必見4:名バイプレイヤー宇野祥平の入魂の演技





野木亜紀子作品に初参加となる面々の豪華演技リレーも見どころの一つです。

宇崎竜童、梶芽衣子、阿部亮平、塩見三省、堀内正美、川口覚、阿部純子、篠原由紀子、山口祥行などなど幅広い世代から、実力派キャストが揃いました。
その中でももう一人の“罪の声の子”を演じた宇野祥平は、映画『罪の声』のもう一人の主人公と言える存在感を発揮しています。

これまでも多くの作品にバイプレイヤーとして参加し、毎年5本前後の映画に出演し、脇役俳優を描いた映画『俳優 亀岡拓次』のモデルの一人と言われています。

そんな彼が、運命に翻弄され、苛烈な人生を過ごした男を演じるにあたって、渾身の役釣りで現場に臨んだ宇野祥平の演技に主演の小栗旬と星野源も、圧倒されたと語っていてます。

必見5:『逃げ恥』『アンナチュラル』『MIU404』
今、いちばん注目を浴びる脚本家・野木亜紀子の手腕




 (C)2020「罪の声」製作委員会


『逃げ恥』『重版出来!』『空飛ぶ広報室』などベストセラーの脚色に定評のある野木亜紀子。

映画でも『図書館戦争』や『アイアムアヒーロー』などの脚本を手掛けてきました。

またオリジナル作品で『アンナチュラル』や『MIU404』のサスペンスドラマも手掛け、ジャンルや原作に囚われない実績を積んできました。
そして、今回『罪の声』の脚本を担当しています。

かなりのボリュームと情報量がある原作を映画に合わせて見事に再構築。映画は2時間20分と少し長めですが、全く飽きさせない作りになっています。

今回の映画化に関して、実はモデルになった事件については現在もなお進行形の部分があると言うこともあって、一から“未解決事件”=“ギン萬事件”を創り上げる必要がありました。

必然的に説明的なセリフも必要になってくるのですが、一つ一つのセリフやシーンに複数の意味を持たせる形で、重厚な物語を仕上げきりました。

映画『罪の声』は142分と言う、大作ミステリー映画であり、重厚なヒューマンドラマであります。

と書くと、少し腰が引けてしまうかもしれませんが、野木亜紀子のテンポの良い脚本と土井裕泰監督による緩急のついた演出によって見る者を最後まで飽きさせない生粋のエンターテイメントに仕上がっています。

先んじて作品を見るときに2時間20分と言う上映時間を聞いて身構えたのですが、気が付けばあっという間にエンドロールに入っていたという感じでした。
『スパイの妻』『望み』『朝が来る』『ドクターデスの遺産』などなどこの秋はミステリー映画が続きますが、『罪の声』はその大本命と言えるでしょう。
はっきり言って“必見”です。

(文:村松健太郎)