あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

『ビューティフルドリーマー』レビュー:オタク心満載の快作青春群像映画!

SHARE



 (C)2020「ビューティフルドリーマー」製作委員会



とりあえず最初に言っておきますと、この映画『ビューティフルドリーマー』は映画ファン及びアニメ・ファン、そして押井守監督作品のファンは必見の作品です。

でも、このタイトルで押井守って、それはもしかして……“あの作品”の実写リメイク?

いや、そういうわけではないのです。

というか、何と言って上手く説明すればよいのでしょう……。

ただ、ひとつだけはっきり言えるのは、この作品、TV&映画『踊る大捜査線』シリーズ(97~12)で名を馳せた本広克行監督による青春群像映画としての新たな傑作であるということです!

まあ、要するに、そう、この映画……

《キネマニア共和国~レインボー通りの映画街517》

大学映研の面々が、とある呪われた脚本を発見し、それで自主映画を作ってしまおうというお話なのですが、その脚本の中身というのが……!?

映研部室の片隅で発見された脚本
『夢みる人』を映画化しよう!




 (C)2020「ビューティフルドリーマー」製作委員会




映画『ビューティフルドリーマー』の舞台となるのは、文化祭の準備に追われる先勝美術大学の映画研究会。

例年通り、作品の発表も展示も何もしようとしないグータラ部員たちでしたが、そのひとりサラ(小川紗良)は昨日見た夢に応じて部室の倉庫を散策し、古い段ボール箱を発見しました。

箱の中に入っていたのは、古い脚本と演出ノート、そして16ミリ・フィルム。
(ちなみに、今の映研部員はフィルムを扱ったことがないという描写も出てきます。時代の流れを痛感させられますね……)

脚本のタイトルは『夢みる人』。

そこにふらっと現れたOBのタクミ先輩(斎藤工)曰く、「この脚本で映画を撮ろうとすると、必ず何か恐ろしいことが起きるのだ」……。

要するに、今までOBたちが幾度も制作に挑戦しては完成させられなかった呪われた脚本『夢みる人』を、サラは何とか完成させてみようと、部員たちに訴えかけます。

かくして監督はサラ、プロデューサーはリコ(藤谷理子)、撮影はカミオ(神尾楓珠)、録音はウチダ(内田倭史)、衣装&メイクはシエリ(ヒロシエリ)、助監督その他雑用はモリタ(森田甘路)といった面々が担当し、オーディションでキャスト(秋元才加、池田純矢、伊織もえ、飯島寛騎、升毅など)を集めて、いよいよクランク・イン! したのです……が!?

NEXT|次ページ > オタク心をくすぐりながら青春の鼓動を見事に活写!